パパと私の見る

ぴかちゅ~

怪しい作者(takapapa)の紹介

生没年不詳,いや,まだ死んでない.

学生時代にインドの怪しい魅力にとりつかれ,

就職活動時には大阪府池田市の隔離病棟に寝泊まりする.

卒業式に出ることなく韓国辺りをふらつきながら,

それでもうまい具合にサラリーマンする.

週末バックパックを担いで出社し,

会社から帰宅せずそのまま夜行列車に飛び乗る怪しいサラリーマンになる.

5年後にぶち切れてタイやインドやバングラやあの辺をうろつく.

帰国後ももはや真っ当な職に就く気はさらさらなく,

中国や香港ややっぱりインド方面へ怪しい旅に赴く.

流れ流れて東アフリカ辺りで一時消息を絶つも,

現地の友人に発見され九死に一生を得る.

強制送還される途中エジプト辺りで逃げ出すが,

お金が全く無いことに気付きタイでクレジットを使いリゾートする.

日本に戻ったときは10ドルしか所持しておらず,

官憲の目をかいくぐって,放浪中インドで知り合った連れ合いの家に潜伏する.

その時長女がお腹にいたので(女房の!)そのままなし崩し的に結婚.

以後まともな職につき,兵庫の丹波篠山に居住.

現在妻一人,娘二人,犬(♀)一匹,ウサギ(♀)一羽(死去).ゲッコー三匹,

趣味は読書映画と幼児をお腹に乗せて弾き飛ばすこと.

旅? 旅は私の人生よ,な~んちゃって.

ネパール移住を画策中だが,本人はタイかインドがいいらしい.

(おまけ:インド放浪中の作者の図


[back]