「政治」タグアーカイブ

自民党政権時の原発に対する問題ある対応

★小泉内閣、原発の炉心隔壁や配管などがヒビ割れた状態での運転許可を閣議決定
http://www.47news.jp/CN/200301/CN2003012801000340.html
★小泉内閣、老朽原発の安全運用に不可欠な耐震実証試験を廃止し実験施設を叩き売り
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/164/0037/16403010037002a.html
★自民党の電源立地調査会、「原子力政策と東京電力の原発トラブル隠しは違う問題だ」
※会長・顧問大島理森
http://www.47news.jp/CN/200209/CN2002090401000229.html
★小泉内閣、損傷隠し「安全」とIAEAで報告、福島第一原発1、2号機、福島第二原発1号機など十機の定期安全レビュー、安全確保技術基準を満たさず(2002/10/13)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-10-13/15_1501.html
★小泉内閣、福島第一第二原発の炉心隔壁のひび割れ損傷隠しについて、法的処罰なし(2002/10/2)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-10-02/17_1501.html
★小泉内閣、東電に課税する核燃料税引き上げを阻止するため、関連法改正検討へ
http://www.47news.jp/CN/200210/CN2002100201000472.html
★自民党の「核燃料税等検討チーム」、使用済み核燃料原発内で長期保管検討を
http://www.47news.jp/CN/200310/CN2003100601000384.html
★巨大地震発生時の非常電源・冷却機能の喪失についての質問主意書 安部内閣「安全確保は万全」と却下 http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a165256.htm
★麻生内閣、反対を無視し福島原発の定期検査の間隔を13ヶ月から24ヶ月に延長
http://www.47news.jp/localnews/hukushima/2008/12/post_2422.html
www.jcp-fukushima-pref.jp/seisaku/2008/20080718_01.html
★20年前から米原子力規制委員会(NRC)が福島第一原発の非常冷却機能に警鐘、無視される
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=a.lK3UI3LjpM

自民党政権時代、共産党議員が複数回国会で警告していた「外部電源喪失」そして「炉心溶融」 当時、政府は危険性を国会で認めながら放置
http://www.j-cast.com/2011/04/04092153.html?p=all
原子力安全委、自民政権下の1990年に「電源喪失は考慮不要」 原発対策遅れの原因か
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040601000162.html

自民公明政権小泉内閣時代の福島第一原発の不正・トラブル
http://bit.ly/fpR96h
原発と自民党議員
http://bit.ly/fiAol5
福島第一原発3号機でのプルサーマル実施を推進した福島県議会議員
http://bit.ly/fsn552
自民党と電力系献金
http://bit.ly/fHPGjm
原発を延長したのは自民党
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5021925.html

自民党と電力系献金

電力系16社、自民に献金 4年で1億円超
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1221876487/
公益企業役員 自民に1.2億円 電力9社・東京ガス 事実上の企業献金
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-08-27/2010082715_01_1.html
電力9社役員の87%が献金 自民に3390万円
http://www.47news.jp/CN/200209/CN2002091201000380.html
電力役員格付け 自民献金 会長社長30万 平取締役12万
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-04-24/2007042401_02_0.html
財界首脳陣の会社から自民党総研に出向
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-08-22/2005082202_03_1.html
自粛したはずの献金 北海道電力 役員個人がいっせいに 自民と道知事の団体へ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-11-13/2007111315_01_0.html
電力9社 自民献金 役員の7割・139人
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-09-29/2008092901_01_0.html
安倍氏推進の自民政策機関 セミナーに公益企業
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-09-03/2006090301_02_0.html
不正続出の東京電力 役員半数超、自民に献金 本紙調べ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-09-16/2007091615_01_0.html
電力9社役員の7割、自民献金 計2500万円 2008年9月14日
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1221352176/-100
関西電力役員、自民の政治資金団体に個人献金
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/422015/
電力9社役員が自民に献金 東京ガスも、額は横並び
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010072901000911.html
東電、非常装置の検査データ改ざん・不正報告など233件、自民に政治献金
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-09-16/2007091615_01_0.html

負の遺産。自民党の原発推進議員に渡った東電からの“隠れ献金” http://wjn.jp/article/detail/9247859/

自民公明政権小泉内閣時代の福島第一原発の不正・トラブル
http://bit.ly/fpR96h
原発と自民党議員
http://bit.ly/fiAol5
福島第一原発3号機でのプルサーマル実施を推進した福島県議会議員
http://bit.ly/fsn552
原発を延長したのは自民党
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5021925.html
自民党政権時の原発に対する問題ある対応
http://bit.ly/hgn8A1

福島第一原発3号機でのプルサーマル実施を推進した福島県議会議員

福島第一原発3号機でのプルサーマル実施を推進した
福島県議会議員(2007年~2011年)の一覧

青木稔   (あおき みのる、   自民、  いわき市)
阿部廣   (あべ ひろし、    自民、  いわき市)
安瀬全孝  (あんぜ まさたか、 県民連合、田村郡)
石原信市郎 (いしはら しんいちろう、県民連合、福島市)
今井久敏  (いまい ひさとし、  公明、  郡山市)
瓜生信一郎 (うりう しんいちろう、 県民連合、耶麻郡)
遠藤忠一  (えんどう ちゅういち、自民、  喜多方市)
遠藤保二  (えんどう やすじ、  自民、  伊達郡)
太田光秋  (おおた みつあき、  自民、  原町市)
大和田光流 (おおわだ みつる、 自民、  郡山市)
小澤隆   (おざわ たかし、    改進の会、河沼郡)
加藤貞夫  (かとう さだお、    自民、  相馬郡)
亀岡義尚  (かめおか よしひさ、 県民連合、伊達郡)
小桧山善継 (こびやま よしつぐ、 自民、  耶麻郡)
斎藤勝利  (さいとう かつとし、  自民、  相馬市)
齊藤健吉  (さいとう けんきち、  自民、  いわき市)
斎藤健治  (さいとう けんじ、   自民、  岩瀬郡)
坂本栄司  (さかもと えいじ、   県民連合、双葉郡)
桜田葉子  (さくらだ ようこ、   自民、  福島市)
佐藤金正  (さとう かねまさ、   自民、  伊達郡)
佐藤健一  (さとう けんいち、  県民連合、いわき市)
佐藤憲保  (さとう のりやす、   自民、  郡山市)

自民公明政権小泉内閣時代の福島第一原発の不正・トラブル
http://bit.ly/fpR96h
原発と自民党議員
http://bit.ly/fiAol5
自民党と電力系献金
http://bit.ly/fHPGjm
原発を延長したのは自民党
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5021925.html
自民党政権時の原発に対する問題ある対応
http://bit.ly/hgn8A1

原発と自民党議員

大島理森
核融合エネルギー推進議員連盟 副会長
電源立地及び原子力等調査会 会長・顧問
2000/7/4~2000/12/5原子力委員会委員長

石破茂
夫人が昭和電工取締役の娘(東京電力・昭和電工とも森コンツェルン)
東電の大株主金融が出身支持母体
ブログにて「東電は不眠不休で対処にあたって頑張っているのだから東電役員会見は休止させて良い」と主張
東電とズブズブの自民党原発行政を隠すため東電の説明・報告責任忌避をはかる

谷垣禎一
97/9~98/7/30 原子力委員会委員長
2000 原子燃料サイクル特別委員会委員長

中曽根弘文
1999/10/5~2000/7/4  原子力委員会委員長

町村信孝
2000/12/5~2001/1/5 原子力委員会委員長

石原伸晃
原子燃料サイクル特別委員会副委員長
原子力研究所を核燃料サイクル機構に吸収させる

石原慎太郎
「高速増殖炉は人類の夢。実現すれば世界的に大きなパテントになる。国民は支持・応援を」
2002年2/9(土) 資源エネルギー省主催『エネルギー・にっぽん国民会議 in 東京』にて発言

逢沢一郎
原子燃料サイクル特別委員長

梶山弘志
核燃料サイクル開発機構

自民公明政権小泉内閣時代の福島第一原発の不正・トラブル
http://bit.ly/fpR96h
福島第一原発3号機でのプルサーマル実施を推進した福島県議会議員
http://bit.ly/fsn552
自民党と電力系献金
http://bit.ly/fHPGjm
原発を延長したのは自民党
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5021925.html
自民党政権時の原発に対する問題ある対応
http://bit.ly/hgn8A1

自公政権小泉内閣時代の福島第一原発の不正・トラブル

 

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-09-19/20_1501.html
日立、福島第一4号機の1992年定期検査で圧力容器貫通するICMハウジングにひび発見、「安全性問題なし」と評価しさらに「異常なし」に改ざん(2002/9/19)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-09-21/01_0102.html
福島第一原発1―5号機、同第二原発3号機、再循環系配管の溶接部にひび割れ、隠蔽(2002/9/21)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-09-25/05_0201.html
平沼赳夫経産相へ「原発損傷隠蔽事件をふまえての五つの緊急提言」緊急措置申し入れる、その後も不正相次ぐ(2002/9/25)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-09-25/13_1501.html
柏崎刈羽、福島第一、福島第二の三原発で新たな損傷隠し(2002/9/25)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-09-25/09_0401.html
福島第一、2・3・5・6号機の制御棒駆動水圧系配管裂傷について「点検項目ではない」「技術基準を満たしていないだけでは罰則がない」国の回答(2002/9/25)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-09-26/03_0102.html
福島第一3号機制御棒駆動配管282本中242本にひび、3本は貫通(2002/9/26)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-10-02/17_1501.html
福島第一原発1、2、3、5号機と第二原発3号機の炉心隔壁のひび割れ損傷隠しについて、法的処罰なし(2002/10/2)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-10-04/17_1503.html
福島第一原発4号機で原子炉再循環系配管のひび割れ、技術基準オーバー(2002/10/4)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-10-12/18_1501.html
福島第一原発1号機、緊急炉心冷却装置炉心スプレイスパージャのクランプを取り外し、定期検査を偽装・隠ぺい行為(2002/10/12)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-10-13/15_1501.html
IAEA国際会議、小泉内閣、損傷隠し「安全」報告、福島第一原発1、2号機、福島第二原発1号機など十機の定期安全レビュー、安全確保技術基準オーバー(2002/10/13)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-10-20/10_0501.html
日立、福島第一原発4号機の中性子計測ハウジングの点検捏造、天下り5年で45人(2002/10/20)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-12-08/14_1502.html
東電から原発検査短縮に協力の業者(日立など)に報酬、460日分37億円、福島第一原発は9億円支払い(2002/12/8)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-01-17/15_03.html
福島第二原発3号機の残留熱除去機器冷却系配管ポンプ故障判明、翌日に国が安全性認可・再稼動許可(2004年1月17日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-12-12/04_01.html
福島第一原発のコンクリート「アルカリ骨材反応」試験データのねつ造発覚(2004年12月12日)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-02-01/2006020115_01_0.html
東芝、福島第一原発の原子炉注水流量計の試験データ改ざん(2006年2月1日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-03-05/2006030501_02_0.html
福島第一原発6号機など複数原発の制御棒にひび多発、制御棒脱落や駆動できなくなる可能性(2006年3月5日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-04-18/2006041804_03_0.html
福島第一原発1―6号機、津波の引き波で取水不能の恐れ(2006年4月18日)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-03-23/2007032315_02_0.html
福島第一原発の臨界事故(78年)把握せず、問われる国のずさんな監督責任(2007年3月23日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-03-31/2007033115_03_0.html
福島第一原発3号機、制御棒が脱落・7時間半臨界事故(1978/11/2)に関する記録改ざん、東京電力が2007/3/30に発表した報告書で明らかに(2007年3月31日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-10-27/2007102703_01_0.html
福島第一原発6号機、茨城県沖地震(2000年7月・震度4)で配管破断事故(2007年10月27日)

原発と自民党議員
http://bit.ly/fiAol5
福島第一原発3号機でのプルサーマル実施を推進した福島県議会議員
http://bit.ly/fsn552
自民党と電力系献金
http://bit.ly/fHPGjm
原発を延長したのは自民党
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5021925.html
自民党政権時の原発に対する問題ある対応
http://bit.ly/hgn8A1

検察の在り方検討会議 第7回会議 議事録

検察の在り方検討会議

検察の在り方検討会議
第7回会議 議事録

第1 日時  平成23年2月3日(木)  自 午後1時32分
至 午後5時 7分

第2 場所  法務省第1会議室

第3 議題
1 研修制度等についての説明
2 「検察の使命・役割(総論)」についての議論
3 「検察官の倫理」についての議論
4 今後の議論の進め方について
5 その他

第4 出席者 千葉座長,石田委員,井上委員,江川委員,郷原委員,後藤委員,佐藤委員,嶌委員,高橋委員,但木委員,龍岡委員,原田委員,宮崎委員,諸石委員,吉永委員

第5 その他の出席者 黒岩法務大臣政務官,事務局(神,土井,黒川)

第6 説明者 法務総合研究所 堀研修第一部長,刑事局 田野尻参事官

第7 議事
○千葉座長 予定の時刻となりましたので,検察の在り方検討会議の第7回会合を開会させていただきます。
本日も御多用の中,御出席をいただきましてありがとうございます。まず,事務局から配布資料の説明をお願いいたします。
○事務局(黒川) 皆様のお手元にお配りしております資料のうち事務局で用意させていただいた資料は4点でございます。資料1は本日の議事次第,資料2及び3は研修制度等の御説明の際の資料,そして,資料4は今後の議事進行の案でございます。
また,皆様のお手元には本日の議事などに関連して委員の皆様から御提出いただいた書面をお配りしております。
次に,委員から御要望いただいていたものとして,「省庁改革関係の資料」と題する資料をお配りしております。この資料には6省庁において過去に公にされた改革策等に対する提言などがつづられております。なお,前回の会合でお配りいたしました検察官に適用される倫理に関する法令等の資料につきましては,本日,委員の皆様に御持参をお願いしたところですが,お手元にございませんようでしたら,余部がございますのでお申し出ください。
(堀部長,田野尻参事官入室)

続きを読む 検察の在り方検討会議 第7回会議 議事録

検察の在り方検討会議 第6回会議 議事録

検察の在り方検討会議

検察の在り方検討会議
第6回会議 議事録

第1 日時  平成23年1月27日(木) 自 午後1時33分
至 午後5時52分

第2 場所  法務省20階 大会議室

第3 議題
1 ヒアリング
2 意識調査(サーベイ)について
3 今後の検討事項等について
4 その他

第4 出席委員等 千葉座長,石田委員,井上委員,江川委員,郷原委員,後藤委員,佐藤委員,嶌委員,高橋委員,但木委員,龍岡委員,原田委員,宮崎委員,諸石委員,吉永委員

第5 その他の出席者 黒岩法務大臣政務官,事務局(神,土井,黒川)

第6 意見陳述者 若狭勝氏,小堀恒隆氏(浦田功弁護士同席),村木厚子氏(弘中惇一郎弁護士同席)

第7 議事

○千葉座長 それでは,予定の時刻を若干回っておりますけれども,ただ今から,検察の在り方検討会議の第6回会合を開会させていただきます。
本日も御多用の中,御出席をいただきまして誠にありがとうございます。
なお,吉永委員におかれましては,少し遅れて御参加いただけるとのことでございますので,御承知おきいただければと思います。
それでは,議事に移らせていただきます前に,まず,事務局から配布資料の説明をお願いいたします。
○事務局(黒川) 本日,皆様のお手元にお配りしております資料は6点ございます。
資料1は本日の議事次第,資料2は本検討会議の検討事項の柱立てに関する座長御作成の案,資料3は今後の議事進行に関する座長御作成の案,資料4は検察官に適用される倫理等に関する法令等の資料でございまして,今後予想される倫理に関する御議論の基礎資料としてお配りするものであります。
なお,資料4は本日の会議には使用いたしませんので,お持ち帰りの上,お目通しいただければと思います。
その他に皆様のお手元には,高橋委員御作成の「検察庁組織調査質問票設計案」と題する資料,宮崎委員御提出の大阪・札幌における弁護士会主催のヒアリングに関する資料をお配りしております。本日の配布資料は以上でございます。

続きを読む 検察の在り方検討会議 第6回会議 議事録

検察の在り方検討会議 第5回会議 議事録

検察の在り方検討会議

検察の在り方検討会議
第5回会議 議事録

第1 日 時  平成23年1月20日(木) 自 午後1時28分
至 午後4時13分

第2 場 所  法務省20階 第1会議室

第3 議 題
1 法務大臣挨拶
2 今後の検討事項等についての意見交換
3 ヒアリング・意識調査(サーベイ)について
4 その他

第4 出席委員等 千葉座長,石田委員,井上委員,江川委員,郷原委員,後藤委員,佐藤委員,高橋委員,但木委員,龍岡委員,原田委員,宮崎委員,諸石委員

第5 その他の出席者 江田法務大臣,小川法務副大臣,黒岩法務大臣政務官,事務局(神,土井,黒川)

第6 議事

○千葉座長 それでは,ほぼ定刻の時刻となりましたので,検察の在り方検討会議の第5回会合を開会させていただきます。
本日も御多用の中,御出席をいただきまして,委員の皆様にはありがとうございます。
なお,本日は嶌委員と吉永委員におかれましては,所用により御欠席ということでございます

1 法務大臣挨拶

○千葉座長 まず,新しく着任をされました江田五月法務大臣から御挨拶をいただきたいと思います。どうぞ,よろしくお願いいたします。
○法務大臣 どうも,皆さん,こんにちは。
今年に入ってもう2度目であるということで,本当に精力的にこの会合を積み重ねてきていただいて,大変ありがとうございます。1月14日に法務大臣に就任いたしました江田五月でございます。この度,法務大臣としてこの検討会議に関わるということになりましたので,是非,よろしくお願いいたします。
関わると申しましたが,基本的には,千葉座長を中心に,皆さん方に自由活達に御議論いただくということです。政務官はずっと陪席をさせていただいて,私は政務官から報告を受けます。皆さんの精力的な御審議に全幅の信頼を置いてまいりたいと思っています。
11月10日の第1回会議以降,大阪地検,札幌地検の現地視察など,精力的,活発な議論を進めていただき,これだけ集中的に議論していただくと,皆さん御自身のお仕事に支障が出るのではないかと思うくらいで,心配をしております。まずもって,感謝を申し上げます。
改めて申し上げるまでもないことですが,今般の大阪地検特捜部の一連の事態で,今や検察に対する国民の信頼は大きく失われていると言わざるを得ないと思います。このような深刻な状況を踏まえると,やはり検察がとにかく正義の味方だと,正義を追求するのは検察だという国民の信頼の回復を図る必要があると思っております。これは国民生活の一番基本的な信頼ですので,早急に検察の再生と国民の信頼回復を図る必要があると思っておりますので,昨年12月24日に公表されました最高検の検証結果,これも踏まえつつ,幅広い観点から抜本的な検討を加えていただきたいと思います。ただ,早期に検察の信頼回復を図る必要がございますので,これは前からそういう予定だったと聞いておりますが,3月末までに,有効な改革策を御提言いただければ有り難いと考えているところでございます。
週1回開催ということで御苦労をおかけしますが,国民の皆さんの期待は非常に大きなものがあるので,是非とも皆さんのお力をお貸しください。どうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む 検察の在り方検討会議 第5回会議 議事録

検察の在り方検討会議 第4回会議 議事録

検察の在り方検討会議

検察の在り方検討会議
第4回会議 議事録

第1 日 時  平成23年1月13日(木) 自 午後1時33分
至 午後5時56分

第2 場 所  法務省20階 第1会議室

第3 議 題
1 最高検察庁による検証結果についての質疑応答
2 ヒアリング・意識調査(サーベイ)の実施等について
3 その他

第4 出席委員等 千葉座長,石田委員,井上委員,江川委員,郷原委員,後藤委員,佐藤委員,高橋委員,但木委員,龍岡委員,原田委員,宮崎委員,諸石委員,吉永委員

第5 その他の出席者 黒岩法務大臣政務官,事務局(神,土井,黒川)

第6 説明者 最高検察庁 小津次長検事,池上刑事部長,上冨検事

第7 議事

○千葉座長 それでは,予定の時刻となりましたので,検察の在り方検討会議の第4回目の会合を開会させていただきます。
本日も御多用の中,御出席をいただきまして誠にありがとうございます。
なお,本日は嶌委員におかれまして,所用により御欠席と伺っております。
議事に移らせていただきます前に,まず事務局から配布資料の確認をお願いいたします。

続きを読む 検察の在り方検討会議 第4回会議 議事録

検察の在り方検討会議 第3回会議 議事録

検察の在り方検討会議

検察の在り方検討会議
第3回会議 議事録

第1 日 時  平成22年12月24日(金) 自 午後1時35分
至 午後4時52分

第2 場 所  法務省20階 第1会議室

第3 議 題
1 議事の公開について
2 最高検察庁による検証結果についての概要説明等
3 視察等の結果報告
4 その他

第4 出席委員等 千葉座長,石田委員,井上委員,江川委員,郷原委員,後藤委員,佐藤委員,嶌委員,高橋委員,但木委員,龍岡委員,原田委員,宮崎委員,吉永委員

第5 その他の出席者 黒岩法務大臣政務官,事務局(神,土井,黒川)

第6 説明者 最高検察庁 伊藤次長検事,池上刑事部長,三浦検事

第7 議 事

○千葉座長 検察の在り方検討会議の第3回会合を開会させていただきます。
本日も御多用の中,御出席をいただきましてありがとうございます。
なお,本日,諸石委員におかれましては,所用により欠席されています。また,吉永委員におかれましては,所用により少々遅れて御出席の御予定と伺っております。
まず,配布資料の確認をさせていただきます。事務局から確認をお願いいたします。

続きを読む 検察の在り方検討会議 第3回会議 議事録