「プルサーマル」タグアーカイブ

何が最も安全で合理的で効率的なのか自分で考えてみよう。


D


D


D

プルサーマル – Wikipedia

地熱発電 – Wikipedia

地熱・地熱発電

●地熱発電の基礎知識(1)

●地熱発電の基礎知識(2)

●地熱発電の基礎知識(3)

●地熱発電の基礎知識(4)

核情報

MOX・プルサーマルの基礎知識

原子力資料情報室(CNIC) – Citizens’ Nuclear Information Center

プルサーマル計画の現状と問題点(PDF)

原子力施設情報公開ライブラリー

九州電力 原子力情報

原子力情報-四国電力-

原子力情報|東北電力

|原子力|東京電力

ほくでん:原子力情報

北陸電力 原子力発電情報(原子力)

中国電力原子力情報

●no title

原子力発電について [関西電力]

日本原子力発電株式会社

日本原燃(株)へようこそ

takapapaのツイッターでの核に関する最近のつぶやき。

  • 「非核三原則を立法化すると説得力あるのにな。行動と結果が伴わない口先ばかりだけど、口先だけでノーベル賞もらえるからなあ。なんて、皮相的で薄っぺらな世の中なんだ。 http://bit.ly/3kNxjP」
  • 「旧ソ連では道に転がってそうだな。http://bit.ly/45UUgS
  • 「泥棒が盗んで、廃品回収に売っちゃったって。これもすごいな。http://bit.ly/3Gqwff
  • 「米国の研究所でかつて300キロ相当のプルトニウムが紛失した事件があったけど、あれって解決したのかなぁ。」
  • 「東海村でもプルトニウム紛失騒動があったが、計算上の誤差だったって言ってたな。ふーむ。」

to be continued

佐賀県知事にMOX燃料装荷を認めるなの声を送ろう!

皆様へ 緊急です。

美浜の会メール・ニュース09-4です。

BCCで失礼します。

転送・転載歓迎です。重複して受け取られた場合は申し訳ありません。

●九州電力は10月2日(金)にも玄海原発3号機にMOX燃料を装荷しようとしています。

佐賀県知事にMOX燃料装荷を認めるなの声を送ろう!

佐賀県知事 古川 康様

TEL 0952-25-7007

FAX 0952-25-7288

メール http://www.pref.saga.jp/web/iken.html

九州電力にMOX燃料を装荷するなの声を送ろう!

九州電力 代表取締役社長 眞部利應様

TEL 092-761-3031

FAX 092-761-6944

メール https://www1.kyuden.co.jp/cgi-bin/inquire/inquire.cgi?op=0&categori=104

●佐賀県議会は10月2日の昼頃に終了します。それをまってましたとばかりに、九州電力はMOX燃料を装荷しようとしています。

しかし、佐賀県議会では、関西電力で発生したMOX不良品問題について議論がなされ、大きな問題となっています。その結果、佐賀県のくらし環境本部長は、「議会終了後、九州電力に説明を求めてまいりますが、その際、全項目について、これがどういう内容のものかということと、その結果について調べた上で、資料として提出させていただきたい」と答弁しました。2日に議会が終了して、どうやって上記のような調査をおこない資料を提出することができるのでしょぅか。少なくとも、調査を終え、それを県民の前で説明する必要があります。

佐賀の「プルサーマルと佐賀県の100年を考える会」は、今日(9月30日)県に対して要望書を提出しました。要望書では、以下のことを求めています。

・関西電力が不採用にしたメロックス社製造MOX燃料と同じような燃料が九州電力のMOX燃料に入っていないかどうか確認してください。

・九州電力の回答と資料を公開し、公の場で県民に説明してください。

・この問題は県民の安全・安心に関わる問題だということは議会答弁で認めています。少なくとも不明確な点が明確になるまで、玄海3号機へのMOX燃料装荷は認めないでください。

●10月2日 玄海プルサーマル問題での国との交渉等にご参加を

10月2日には、東京で経産省及び原子力委員会事務局との交渉を行います。MOX装荷を目前にして、使用済MOX燃料の処理方策が決まっていないこと等についてです。佐賀をはじめ全国から参加されます。MOX装荷をストップするために、ぜひご参加ください。また、この交渉に続いて、原水禁国民会議などが、上関原発建設中止を求める署名提出やもんじゅの運転再開中止の申し入れを行います。場所は、全て参議院議員会館第1会議室です。

10月2日(金) 場所 参議院議員会館第1会議室

◇13:00~14:00 玄海原発プルサーマルに関する経産省等との交渉

(集合 12:15 事前の打ち合わせ12:30)

◇14:00~15:30 「上関原発建設中止署名」、「原子力政策の転換を求める署名」の提出と交渉

◇15:30~16:30 「もんじゅ」運転再開中止の申し入れ

◇10月3日は東京の明治公園でNO NUKES FESTA 2009 が開催されます。

案内はこちらです。http://www.nonukesfesta2009.com/

★緊急!★佐賀県知事と九州電力にFAXおねがいします!

★緊急!★佐賀県知事と九州電力にFAXおねがいします!

テーマ:STOP! プルサーマル!

玄海原発でプルサーマルがいよいよ10月初旬にも装荷されようとしています。

古川佐賀県知事は県民の命と安心安全を守る立場にいながら、県民の不安な気持ちを議会答弁で

「県民の不安は、漠然とした不安です。」

と言いました。

次の日、宮崎議員が前日のこの答弁に謝罪するように求めましたが、謝罪するどころか

「確かに不安でいる県民がいることは知っている。しかし、『プルサーマルはよく解らないけど不安だ』

という県民もたくさんいる。そう意味で漠然とした不安と申し上げた。」

と全く呆れた答弁をしました。

そしてプルサーマルの安全性については、国が安全という事を鵜呑みにしているだけの答弁を繰り返すだけ。

また、先日衆議院選挙で当選直後のNHKのインタビューでの唐津市自民党の保利耕輔代議士は、

「玄海原発プルサーマルは、核燃サイクルの実験である。非常に意義あるものである」

と言ったのです。なんと酷い話です。県民や国民の命と安心安全を守るはずの県知事や国会議員の言葉でしょうか。

実験台にはなりたくないと言って来ましたが、

実験ですよ と言われてしまいました。

佐賀玄海プルサーマル計画とは…誰のためのプルサーマルなのか?

国策の影で誰かの私利私欲の為にモルモットにされるなんて余りにも愚かで酷すぎます。

モルモットにされるのは佐賀県の人だけではありません。近隣県の人にも日本全体にも及ぶ問題です。

そこで、全国の皆さんに、佐賀県知事古川康様宛と、九州電力代表取締役会長 松尾新吾様と代表取締役社長眞部利應様宛て(連名)に、皆さんの想いをファックスしていただきたくお願い致します。

周りの方々にも是非広めてください。どうぞ全国の皆さん、よろしくお願いいたします!

皆さんの玄海原発プルサーマルについての生の声(思い)が、止める力になります!

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

送り先

★(古川康 佐賀県知事)

TEL 0952-25-7007

FAX 0952-25-7288

メール 佐賀県庁HP>意見投稿のご案内>

★(九州電力 代表取締役会長 松尾新吾様、代表取締役社長 眞部利應様宛て)

TEL 092-761-3031

FAX 092-761-6944

メール 九電HP>お問合せ>お問合せフォーム>原子力発電>記入してOK

(注)必ずあなたの名前と住所をはっきり明記して送ってください。

☆゚*:..玄海原発プルサーマル、MOX装荷反対の理由☆゚・:,。*

※日本初、世界初、実験なしのプルサーマル。佐賀県民をモルモットにしないで。実験台は佐賀県民だけに止まりません

※プルサーマル実施後の核のゴミ処理は何も決まっていない。国も県も九電も実施後の2010年から考えると言っている。 計画を立ててから実施するのが物事一般の常識だ。見切り発車で何が安全と言えるか。トイレのないマンション。

※日本は、地震大国だから、どこで起きてもおかしくありません。想定外は当たり前。

被害は、プルサーマルの事故は今の原発の比ではありません。北部九州は、人が住めなくなるとも言われています。ふるさと佐賀が福岡が長崎が・・・なくなってしまうかも知れない不安でいっぱい。

※原発は、放射能問題。子々孫々までも続く放射能の被害。事故が起きる事を誰も望んでいる訳ではありません。人間のやる事にミスはつきもの。絶対安全とは言い切れない。起きてからでは遅い。事故が起きてから、「想定外でした」と頭を下げられても、誰が命の責任を取れるのか。古川知事はその事をどう説明できるのか。

※プルサーマルの燃料(MOX)は今、玄海原発のプールに冷やしながら浸けてあります。原子炉に入れて(装荷)初めて点火(核分裂)されます。時期は、定期検査後の今年9月末か10月初旬と言われています。時間がないけど今ならまだ間に合います。しかし今、なにもしなければ止められる事でも止まりません。MOX装荷すれば、強い放射能に汚染された核のゴミ(使用済MOX)が出来てしまいます。

プルサーマルの危険性をたくさんの科学者が唱え続けているのに、古川佐賀県知事はその人達の話をなぜ聞こうとしないのか。

そこまでして、どうして、国、県、九電は、プルサーマルを推し進めるのか!

国策は、国民のための国策ではないのか!

安心してふるさとで暮らしたいだけ。

安心してお魚や野菜を食べたい。