「軍事」カテゴリーアーカイブ

核兵器禁止条約の全文

7日採択の核兵器禁止条約の全文は次の通り。

 【前文】

 本条約の締約国は、国連憲章の目的と原則の実現に貢献することを決意。

 核兵器の使用によって引き起こされる破局的な人道上の結末を深く懸念し、そのような兵器全廃の重大な必要性を認識、全廃こそがいかなる状況においても核兵器が二度と使われないことを保証する唯一の方法である。

 偶発や誤算あるいは意図に基づく核兵器の爆発を含め、核兵器が存在し続けることで生じる危険性に留意。これらの危険性は全人類の安全保障に関わり、全ての国が核兵器の使用防止に向けた責任を共有していることを強調。

 核兵器の破局的な結果には十分に対処できない上、国境を越え、人類の生存や環境、社会経済の開発、地球規模の経済、食料安全保障および現在と将来世代の健康に対する深刻な関連性を示し、ならびに電離放射能の結果を含めた母体や少女に対する不釣り合いな影響を認識。

 核軍縮ならびに核兵器なき世界の実現および維持の緊急性に対する倫理的責務を認識し、これは国家および集団的な安全保障の利益にかなう最高次元での地球規模の公共の利益である。

 核兵器の使用による被害者(ヒバクシャ)ならびに核兵器の実験によって影響を受けた人々に引き起こされる受け入れがたい苦痛と危害に留意。

 核兵器に関わる活動で先住民に対する不釣り合いに大きな影響を認識。

 全ての国は国際人道法や国際人権法を含め、適用される国際法を常に順守する必要性があることを再確認。

 国際人道法の原則や規則を基礎とし、とりわけ武装紛争の当事者が戦時において取り得る方法や手段の権利は無制限ではないという原則、区別の規則、無差別攻撃の禁止、均衡の規則、攻撃の予防措置、過度な負傷や不要な苦痛を引き起こす兵器使用の禁止、自然保護の規則。

 いかなる核兵器の使用も武力紛争に適用される国際法の規則、とりわけ人道法の原則と規則に反していることを考慮。

 いかなる核兵器の使用も人間性の原則や公共の良心の指図に反することを考慮。

 各国は国連憲章に基づき、国際関係においていかなる国の領土の一体性や政治的独立、あるいはその他の国連の目的にそぐわない形での武力による威嚇や使用を抑制すべき点を想起し、さらに国際平和と安全の確立と維持は世界の人的、経済的資源を極力軍備に回さないことで促進される点を想起。

 1946年1月24日に採択された国連総会の最初の決議ならびに核兵器の廃棄を求めるその後の決議を想起。

 核軍縮の遅い歩みに加え、軍事や安全保障上の概念や教義、政策における核兵器への継続的依存、ならびに核兵器の生産や維持、現代化の計画に対する経済的、人的資源の浪費を懸念。

 核兵器について後戻りせず、検証可能で透明性のある廃棄を含め、核兵器の法的拘束力を持った禁止は核兵器なき世界の実現と維持に向けて重要な貢献となる点を認識し、その実現に向けて行動することを決意。

 厳密かつ効果的な国際管理の下、総合的かつ完全な軍縮に向けた効果的な進展の実現を視野に行動することを決意。

 厳密かつ効果的な国際管理の下での核軍縮のための交渉を誠実に追求し、結論を出す義務があることを再確認。

 核軍縮と不拡散体制の礎石である核拡散防止条約の完全かつ効果的な履行は国際平和と安全を促進する上で極めて重要な役割を有する点を再確認。

 核軍縮と不拡散体制の核心的要素として、包括的核実験禁止条約とその検証体制の不可欠な重要性を再確認。

 国際的に認知されている非核地帯は関係する国々の間における自由な取り決めを基に創設され、地球規模および地域の平和と安全を強化している点、ならびに核不拡散体制を強化し、さらに核軍縮の目標実現に向け貢献している点を再確認。

 本条約は、締約諸国が一切の差別なく平和目的での核エネルギーの研究と生産、使用を進めるという譲れない権利に悪影響を及ぼすとは解釈されないことを強調。

 平等かつ完全で効果的な女性と男性双方の参加は持続性ある平和と安全の促進・達成の重要な要素であり、核軍縮における女性の効果的な参加の支持と強化に取り組むことを再確認。

 あらゆる側面における平和と軍縮教育、ならびに現代および将来世代における核兵器の危険性と結果を認知する重要性を認識し、さらに本条約の原則と規範の普及に向けて取り組む。

 核兵器廃絶への呼び掛けでも明らかなように人間性の原則の推進における公共の良心の役割を強調し、国連や赤十字国際委員会、その他の国際・地域の機構、非政府組織、宗教指導者、国会議員、学界ならびにヒバクシャによる目標達成への努力を認識。

 以下のように合意。

 【本文】

 第1条(禁止)

 一、締約国はいかなる状況においても以下を実施しない。

 (a)核兵器あるいはその他の核爆発装置の開発、実験、製造、生産、あるいは獲得、保有、貯蔵。

 (b)直接、間接を問わず核兵器およびその他の核爆発装置の移譲、あるいはそうした兵器の管理の移譲。

 (c)直接、間接を問わず、核兵器あるいはその他の核爆発装置、もしくはそれらの管理の移譲受け入れ。

 (d)核兵器もしくはその他の核爆発装置の使用、あるいは使用するとの威嚇。

 (e)本条約で締約国に禁じている活動に関与するため、誰かを支援、奨励、勧誘すること。

 (f)本条約で締約国に禁じている活動に関与するため、誰かに支援を要請し、受け入れること。

 (g)領内あるいは管轄・支配が及ぶ場所において、核兵器やその他の核爆発装置の配備、導入、展開の容認。

 ▽第2条(申告)

 一、締約各国は本条約が発効してから30日以内に国連事務総長に対し以下の申告を提出。

 (a)本条約の発効前に核兵器あるいは核爆発装置を所有、保有、管理していたかどうかや、核兵器計画については核兵器関連の全ての施設を廃棄もしくは後戻りしない形で転換したかどうかを含めた廃棄の申告。

 (b)第1条(a)にもかかわらず、核兵器もしくは核爆発装置を所有、保有、管理していたかどうかの申告。

 (c)第1条(g)にもかかわらず、領内やその他の管轄・支配している場所において、他国が所有、保有、管理する核兵器やその他の核爆発装置があるかどうかの申告。

 二、国連事務総長は受領した全ての申告を締約諸国に送付。

 ▽第3条(保障措置)

 一、第4条の一項、二項に当てはまらない各締約国は最低限でも、将来採択される可能性がある追加の関連文書にかかわらず、本条約が発効した段階で国際原子力機関の保障措置上の義務を守る。

 二、第4条の一項、二項に当てはまらず、国際原子力機関と包括的保障措置協定を締結していない締約国は、包括的保障措置協定について合意し、発効させる。協定の交渉はその締約国について本条約が発効してから180日以内に開始。協定はその締約国の本条約発効から18カ月以内に発効。それゆえ各締約国は将来において採択される可能性がある追加の関連文書にかかわらず、義務を守る。

 ▽第4条(核兵器の全廃に向けて)

 一、2017年7月7日以降に核兵器もしくは核爆発装置を所有、保有、管理し、また本条約の発効前に全ての核兵器関連施設の廃棄もしくは後戻りしない形での転換を含め核兵器計画を廃棄した締約国は、核兵器計画が後戻りしない形で廃棄されたことを検証する目的のため、第4条の六項で指定する法的権限のある国際機関と協力。その機関は締約諸国に報告。そうした締約国は申告済みの核物質が平和的な核活動から転用されていないことやその国全体で未申告の核物質・核活動がないことについて信頼に足る確証を与えるため、国際原子力機関と保障措置協定を締結。協定の交渉はその締約国について本条約が発効してから180日以内に開始。協定はその締約国の本条約発効から18カ月以内に発効。それゆえ各締約国は将来において採択される可能性がある追加の関連文書にかかわらず、これら保障措置の義務を守る。

 二、第1条(a)にもかかわらず、核兵器やその他の核爆発装置を所有、保有、管理する締約国は、それらを直ちに核兵器システムの稼働状態から取り外し、破壊する。これは、全ての核兵器関連施設の廃棄もしくは後戻りしない形での転換を含め、検証可能かつ後戻りしない形での核兵器計画廃棄のため、法的拘束力があり時間を区切った計画に沿ってできるだけ速やかに、ただ締約諸国の最初の会議で決めた締め切りより遅れてはいけない。その締約国は本条約がその国で発効してから60日以内に、本計画を締約諸国や締約諸国が指定した法的権限のある国際機関に提出。本計画は法的権限のある国際機関と協議される。国際機関は手続き規則に従って承認を得るため、その後の締約国会議か再検討会議かいずれか早い方に本計画を提出。

 三、上記二項に当てはまる締約国は、申告済みの核物質が平和的な核活動から転用されていないことやその国全体で未申告の核物質・核活動がないことについて信頼に足る確証を与えるため、国際原子力機関と保障措置協定を締結。協定の交渉は二項で言及した本計画の履行が完了する日までに開始。協定は交渉開始から18カ月以内に発効。それゆえ締約国は最低限、将来において採択される可能性がある追加の関連文書にかかわらず、これら保障措置の義務を守る。三項で言及された協定の発効後、その締約国は国連事務総長に第4条での義務を遂行したとの申告を提出。

 四、第1条(b)(g)にもかかわらず、領内やその他の管轄・支配している場所において、他国が所有、保有、管理する核兵器やその他の核爆発装置がある締約国は、それら兵器についてできるだけ速やかに、ただ締約国の最初の会議で決めた締め切りより遅れることなく、迅速な撤去を確実にする。そうした兵器と爆発装置の撤去に関し、締約国は国連事務総長に第4条の義務を遂行したとの申告を提出。

 五、第4条が当てはまる締約国は、第4条での義務履行を遂行するまで、締約国会議と再検討会議に進展状況の報告書を提出。

 六、締約諸国は核兵器計画の後戻りしない形での廃棄のための交渉と検証のため、法的権限のある国際機関を指定。検証には第4条の一項、二項、三項に従って、全ての核兵器関連施設の廃棄や後戻りしない形での転換を含む。第4条の一項、二項が当てはまる締約国に対する本条約の発効前に上記の指定が済んでいない場合、国連事務総長は必要な決定のため締約国の特別な会議を開催。

 ▽第5条(国家の履行)

 一、締約国は本条約の義務履行のために必要な措置を導入する。

 二、締約各国は、個人またはその管轄・支配にある区域で行われる本条約の禁止行為を防止し抑制するため、刑事罰の強制を含め、全ての適切な法律上、行政上あるいはそれ以外の措置を導入。

 ▽第6条(被害者支援と環境改善)

 一、締約各国は、核兵器の使用や実験に伴って悪影響を受けた管轄下の個人に関し、国際人道・人権法に従って、医療ケアやリハビリ、心理的な支援を含め、年齢や性別に適した支援を十分に提供。社会的、経済的な面についても同様。

 二、締約国は管轄・支配下の地域が核兵器の実験や使用に関連する活動の結果、汚染された場合、汚染地域の環境改善に向け必要かつ適当な措置を受け取る。

 三、上記一項、二項の義務は国際法や2国間の取り決めの下で負う他の国の責務や義務には関係しない。

 ▽第7条(国際協力と支援)

 一、締約各国は本条約の履行を促進するため、他の締約国と協力。

 二、本条約の義務を履行するに当たり、締約各国は他の締約国から、それが実行可能なら支援を求め、受け取る権利がある。

 三、それが可能な締約国は、本条約の履行促進のため、核兵器の使用や実験で悪影響を受けた締約国に技術的、物質的、財政的な支援を与える。

 四、それが可能な締約国は核兵器その他の爆発装置の使用と実験に伴う被害者に対する支援を与える。

 五、第7条の下での支援は、とりわけ国連機構、国際あるいは地域、各国の機構や機関、非政府の機構や機関、赤十字国際委員会、国際赤十字・赤新月社連盟、各国の赤十字・赤新月社、または2国間の枠組みで提供される。

 六、国際法でのその他の責務や義務にかかわりなく、核兵器やその他の核爆発装置を使用、実験した締約国は、被害者の支援と環境改善の目的のため、被害に遭った締約国に十分な支援を提供する責任を有する。

 ▽第8条(締約国会議)

 一、締約国は、関連の規定に従い本条約の適用や履行、核軍縮のさらなる措置において、検討や必要であれば決定のため、定期的に会合する。これには以下を含む。

 (a)本条約の履行と締約の状況。

 (b)本条約の追加議定書を含め、核兵器計画の検証可能で時間を区切った後戻りしない廃棄のための措置。

 (c)本条約に準拠し、一致したその他の事項。

 二、最初の締約国会議は本条約が発効してから1年以内に国連事務総長によって開かれる。その後の締約国会議は、締約諸国による別の合意がない限り、国連事務総長によって2年ごとに開かれる。締約国会議は最初の会議で手続き規則を採択。採択までの間は、核兵器を禁止するため法的拘束力のある文書を交渉する国連会議における手続き規則を適用。

 三、特別な締約国会議は必要と見なされる場合、締約国全体の少なくとも3分の1の支持がある締約国の書面要請に基づき、国連事務総長が開催する。

 四、本条約が発効して5年の時点で、締約国会議は本条約の運用および本条約の目的達成の進展状況を再検討するため会議を開く。国連事務総長は、締約諸国による別の同意がない限り、その後の同じ目的のための再検討会議を6年ごと開催。

 五、本条約の非締約国ならびに国連システムの関連機関、その他の関連国際機構と機関、地域機構、赤十字国際委員会、国際赤十字・赤新月社連盟、関連の非政府組織は締約国会議や再検討会議にオブザーバーとして招待される。

 ▽第9条(費用)

 一、締約国会議と再検討会議、特別会議の費用は、適宜調整した国連の分担率に従い、締約国および会議にオブザーバーとして参加する非締約国によって負担する。

 二、本条約の第2条の下での申告、第4条の下での報告、第10条の下での改正の通知のために国連事務総長が負う費用は適宜調整した国連分担率に応じて締約国が負う。

 三、第4条の下で求められる検証措置の履行や、核兵器その他の核爆発装置の廃棄、さらに全ての核兵器関連施設の廃棄と転換を含めた核兵器計画の廃棄にかかる費用は、当該の締約国が負う。

 ▽第10条(改正)

 一、締約国は本条約の発効後いつでも改正を提案できる。国連事務総長は提案文書の通知を受け、全締約国に配布し、提案を検討するかどうかの見解を求める。仮に締約国の多数が、提案の配布から90日以内に国連事務総長に対し、提案のさらなる検討を支持する旨を示せば、提案は次に開かれる締約国会議か再検討会議のいずれか早い方で検討される。

 二、締約国会議と再検討会議は締約国の3分の2の多数が賛成票を投じることで採択される改正に合意する。寄託者は採択された改正を全ての締約国に通知する。

 三、改正は、改正事項の批准文書を寄託したそれぞれの締約国に対し、採択時点での締約国の過半数が批准文書を寄託してから90日後に発効する。その他の締約国は改正の批准文書の寄託から90日後の段階で発効する。

 ▽第11条(紛争解決)

 一、本条約の解釈や適用に関し締約国の2カ国間以上で紛争が生じた場合、関係国は交渉や、国連憲章33条に従って締約国の選択によるその他の平和的な手段を通じ、紛争を解決するために協議。

 二、締約国会議は紛争の解決に向け貢献できる。本条約や国連憲章の関連規定に従い、あっせんの提示、関係国が選択する解決に向けた手続きの開始要請や、合意手続きの期限設定の勧告を含む。

 ▽第12条(普遍性)

 締約国は本条約の非締約国に対し、全ての国の普遍的な支持という目標に向け条約の批准、受諾、承認、加盟を促す。

 ▽第13条(署名)

 本条約はニューヨークの国連本部で2017年9月20日、全ての国の署名を受け付ける。

 ▽第14条(批准、受諾、承認、加盟)

 本条約は署名国による批准、受諾、承認を必要とする。本条約は加盟を受け付ける。

 ▽第15条(発効)

 一、本条約は50カ国が批准、受諾、承認、加盟の文書を寄託してから90日後に発効する。

 二、50カ国の寄託が終わった後に批准、受諾、承認、加盟の文書を寄託した国については、その国の寄託から90日後に本条約が発効する。

 ▽第16条(留保)

 本条約の条文は留保を受け付けない。

 ▽第17条(期間と脱退)

 一、本条約は無期限。

 二、締約各国は本条約に関連した事項が最高度の国益を損なうような特別の事態が発生したと判断した場合、国家主権を行使しながら、本条約脱退の権利を有する。寄託者に対し脱退を通告する。上記の通告には最高度の国益が脅かされると見なす特別な事態に関する声明を含める。

 三、上記の脱退は寄託者が通告を受け取ってから12カ月後にのみ効力を発する。しかしながら仮に12カ月の満了時点で、脱退しようとしている国が武力紛争に関わっている場合、その締約国は武力紛争が終結するまで、本条約および付属議定書の義務を負う。

 ▽第18条(別の合意との関係)

 本条約の履行は本条約と一致した義務であれば、締約国が加わる既存の国際合意に関して取る義務に影響を与えない。

 ▽第19条(寄託者)

 国連事務総長は本条約の寄託者である。

 ▽第20条(真正の文面)

 本条約はアラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語の文面が等しく真正である。

 (共同)

ウクライナという国は、

ウクライナという国は、世界でも指折りの武器輸出国であると同時に、エネルギーの約半分を原子力に依存しており、このあたりも不安定化が懸念されるところなんだろう。火力が残りの半分で、再生可能エネルギーは0.2パーセント程度というから、無いに等しい。

石炭と鉄鉱石など鉱物資源の埋蔵量が世界でも十指に入るというから、みんな手放したくないわけだ。

それから、ロシアからの天然ガスのパイプラインがウクライナを経由して欧州に送られている。欧州の需要の1/4くらい。

ちなみに

ちなみに軍事費のGDP費Top tenは、

1 南スーダン 9.43
2 オマーン 8.61
3 サウジアラビア 7.98
4 イスラエル 5.69
5 ヨルダン 4.68
6 アゼルバイジャン 4.64
7 アルジェリア 4.56
8 ロシア 4.47
9 アメリカ 4.20
10 レバノン 4.04

っつーことで、火種のくすぶる国と火を熾す国で占められています。

日本の備え

こうやって見てると、日本は武器輸出はゼロ、輸入は31位に止まっていますが、研究開発はダントツの米国を除いてそこそこお金を使ってるんですな。
中国やロシアの予算が不明なので何とも言えませんが、まあ、研究・開発だけは今後のためにしっかりやっておこうと。三原則にも触れないし。

軍事・国防分野 研究開発予算ランキング

【単位:mil.US$】

順位 国名 2011年
1 アメリカ 82,021
2 韓国 2,589
3 イギリス 1,942
4 フランス 1,320
5 ドイツ 1,167
6 日本 907
7 台湾 411
8 オーストラリア 317
9 カナダ 274 1
10 スウェーデン 253
11 スペイン 169
12 ノルウェー 107
13 オランダ 87
14 イタリア 83
15 ポーランド 66 3
16 フィンランド 56
17 チェコ 32
18 アルゼンチン 31 1
19 ルーマニア 18
20 スイス 17 1
21 スロバキア 12
22 ギリシャ 8
23 デンマーク 7
24 ポルトガル 6
25 スロベニア 5
26 ベルギー 5
27 エストニア 1
28 ハンガリー 0
29 オーストリア 0
注)
1 前年のデータ
3 3年前のデータ

 

 

世界の武器輸入ランキング2012

武器輸入額

【単位:mil.US$】

順位 国名 2012年
1 インド 4,764
2 中国 1,689
3 アメリカ 1,297
4 トルコ 1,269
5 パキスタン 1,244
6 アラブ首長国連邦 1,094
7 韓国 1,078
8 サウジアラビア 923
9 オーストラリア 889
10 モロッコ 790
11 アルジェリア 650
12 ベネズエラ 643
13 シンガポール 627
14 ミャンマー 619
15 イギリス 598
16 アフガニスタン 576
17 イラク 455
18 台湾 412
19 ブラジル 410
20 イスラエル 387
21 シリア 376
22 ベトナム 364
23 ウガンダ 342
24 バングラディッシュ 325
25 カタール 316
26 タイ 297
27 コロンビア 279
28 メキシコ 267
29 オランダ 260
30 スペイン 256
31 日本 239
32 スウェーデン 228
33 エジプト 226
34 イタリア 215
35 カナダ 188
36 インドネシア 188
37 ドイツ 183
38 ポーランド 182
39 ノルウェー 163
40 アゼルバイジャン 158
41 ヨルダン 158
42 フランス 149
43 南アフリカ 148
44 オマーン 127
45 パナマ 110
46 エクアドル 108
47 ガーナ 108
48 カザフスタン 98
49 フィンランド 92
50 ベラルーシ 85
51 トルクメニスタン 77
52 フィリピン 75
53 カンボジア 72
54 デンマーク 69
55 赤道ギニア 65
56 スーダン 64
57 モンゴル 60
58 イラン 59
59 ナミビア 58
60 ザンビア 58
61 チリ 56
62 タンザニア 53
63 マレーシア 53
64 ケニア 52
65 エチオピア 48
66 クウェート 44
67 ニュージーランド 39
68 ルーマニア 36
69 ポルトガル 35
70 ギリシャ 35
71 アルゼンチン 34
72 ロシア 31
73 レバノン 31
74 ベルギー 30
75 アルバニア 22
76 ブルネイ 20
77 ベニン 20
78 ラオス 19
79 コンゴ共和国 18
80 イエメン 17
81 クロアチア 17
82 チェコ 16
83 モーリタニア 12
84 トリニダード・トバゴ 10
85 カーボベルデ 10
86 ペルー 9
87 ラトビア 9
88 オーストリア 9
89 スイス 8
90 マルタ 8
91 パラグアイ 7
92 ジブチ 6
93 ボリビア 5
94 チャド 4
95 トーゴ 4
96 ブルガリア 3
97 マリ 3
98 エストニア 2
99 エルサルバドル 2
100 グアテマラ 2
101 アイルランド 1
102 ルクセンブルグ 1
103 コモロ 1
104 コスタリカ 1
105 リトアニア 1
106 ブルキナファソ 1
107 モザンビーク 1
108 ホンデュラス 1
109 セルビア 1
999 世界計 28,152

ファルージャの子供達が被る「遺伝子損傷」:Fallujah children’s ‘genetic damage’

今日のつぶやき。

  • よかった!! RT @ketsutyan: @takapapacomうわ、なんだか面白い、いいものを教えてもらいました、ちゃらら〜らん(水戸黄門式)。 posted at 00:22:14
  • お疲れ様です。体調が優れないのに内容の分析まで。書き足しはまた気の向いた時でも<(_ _)> RT @nofrills: @takapapacom 書きかけですが… http://bit.ly/c8H5yl 「7月20日のチルコット・インクワイアリでのMI5元長官の証言について」 posted at 00:34:23

  • ソースをしっかり自分で検証される姿勢に敬意を。日本のメディアにも見習ってもらいたいものです RT @nofrills : @takapapacom 書きかけですが… http://bit.ly/c8H5yl 「7月20日のチルコット・インクワイアリでのMI5元長官の証言について」 posted at 00:37:58
  • 裏庭で一服していたら、バンビちゃんがガサゴソやって来ました。私を見るなりあわてて森の奥へ。 posted at 00:43:35

  • ちなみにMI5はこんなとこ http://bit.ly/cVtDxY wiki posted at 00:48:13
  • ええ、うちのそばではあまり見かけませんが、近くの神社にはよく出没します。 RT @MadamLeonidas: すごい!イノシシも出没しますか? RT @takapapacom 裏庭で一服していたら、バンビちゃんがガサゴソやって来ました。私を見るなりあわてて森の奥へ。 posted at 00:50:22
  • いいでしょ。今日は目が合った。w RT @blackFCR: @takapapacom いいねぇ!バンビと遭遇するなんて。 posted at 00:51:14

  • 「2ちゃんねる」で落選候補中傷の北大生逮捕 http://bit.ly/9kVKhm posted at 00:54:43
  • 思いやり予算の減額再考を 同盟への「投資」と米高官 http://bit.ly/9QlhAK 攻めてくるぞ攻めてくるぞ。攻めさせるぞ攻めさせるぞ。 posted at 00:56:26
  • 米軍基地がなかったら、米国って結構遠い国なんだよな。 posted at 00:59:40
  • いないです。^^;でも去年は出没の噂がありましたね。私自身は確認してません RT @afpresent: ヒグマは?RT @MadamLeonidas: すごい!イノシシも出没しますか? RT @takapapacom 裏庭で一服していたら、バンビちゃんがガサゴソやって来ました。 posted at 01:02:23
  • そうですね。日本が中心に位置する世界地図のマジック? RT @911nuke: 故にFarEast。遠い東の辺地で相手にされなかった時代も。 RT @takapapacom 米軍基地がなかったら、米国って結構遠い国なんだよな。 posted at 01:09:42
  • まれですが鹿やイノシシが道路ではねられて死んでいるのを目撃したこともあります。 RT @MadamLeonidas: 恐るべし、丹波篠山 QT @takapapacom いないです。^^;でも去年は出没の噂がありましたね。私自身は確認してません RT @afpresent: posted at 01:16:25
  • 逮捕されるレベルの誹謗中傷って実際どんなのだ?ガイドライン欲しいな。 posted at 01:19:15

    安全保障にはあまり触れたくないというアレルギーのような雰囲気が国民の側にもあると思います。ややこしくするよりいいんじゃね、みたいな。 RT @mi_taka: こういった脅しが入ると腰が引けるんだよね。記念撮影が何より大事な?ミーハーの首相をいただくこの国の政府は。 posted at 01:32:33

    仕事のメールが、、こんな週末の深夜に、、、 posted at 01:48:43

  • ei: Challenging the Jewish National Fund http://shar.es/mPTjP posted at 02:01:51
  • Haneen Zoabi: “The largest threat to democracy is Zionism” http://bit.ly/dhGbg via @AddToAny Zoabiさん大丈夫かなあ。。 posted at 02:05:33
  • ei: Women prepared to break the siege of Gaza http://shar.es/mPTBO posted at 02:11:59
  • ありがとう。よい夢を。 RT @kapreen: @takapapacom good night!! バンビのパパ。明日も良い日で posted at 02:18:01
  • あぢー posted at 14:01:50
  • I have to do something….but, it’s so hot ! posted at 14:04:30
  • 米韓合同演習 北との緊張を高めずに(7月24日) http://bit.ly/beOjaS 高めるためにやってるんですけど。 posted at 14:10:16
  • 東海の原子力機構施設ぼや MOX燃料から出火 http://bit.ly/9Othvy posted at 14:12:52
  • 相模補給廠 土壌環境の調査実施を http://bit.ly/bCEh2O 調査は第三者機関に posted at 14:14:48
  • 関電がMOX装荷へ認可申請 26日から燃料外観検査 http://bit.ly/aNEF7o posted at 14:16:33
  • 広島・沖縄の生徒が反核署名 http://bit.ly/bOpc5L 暑いけど頑張って posted at 14:17:39
  • MOX使用差し止め 求め8月9日に提訴 市民団体 http://bit.ly/dfyYJj posted at 14:18:20
  • 県内断念は基本姿勢 知事候補 野党3党、26日合意見通し http://bit.ly/ap6VbY posted at 14:19:16
  • 名護ひき逃げ 地位協定、米都合で解釈 長期化で被害者救済遅れ http://bit.ly/d8bGBa 地位協定の見直しを急げ。 posted at 14:20:49
  • 沖縄の問題は何よりも人権の問題だと思います。米軍犯罪だけでなく環境問題も含めて。金や地域振興に代替できない、人間が生きる上で最低限守られなければならないものがあると思います。 RT @sumikimura: いつになったら対等な条約が結べるのでしょう? posted at 14:32:20

  • 沖縄海兵隊グアム移転「17年以降」 米下院委遅れ指摘 http://bit.ly/bkOUpM posted at 19:19:13
  • ドイツ:ポツダムの「ヒロシマ広場」に被爆者追悼碑 http://bit.ly/bIDIQJ posted at 19:20:18
  • 防衛省の無人機がまた落下 エンジン停止で2度目 http://bit.ly/anoCrF posted at 19:21:47
  • ファルージャの子供達が被る「遺伝子損傷」 : Fallujah children’s ‘genetic damage’ http://bit.ly/9v5pLd posted at 19:24:47
  • 官房機密費問題追及に、既存メディア側からも心ある「援軍」が続出!上杉隆 http://bit.ly/cIXTYH posted at 19:28:29

  • ジュゴンの主食、辺野古海域で緊急調査 普天間移設巡り http://bit.ly/aghUtG posted at 21:05:21