「中南米」カテゴリーアーカイブ

 キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!

こいつはビッグニュースです.

ついに来週The South Bankが立ち上がるそうです.

以下は世界の債務と貧困問題について政策提言を行っているジュビリーの公開書簡です.

友人、同士のみなさん、

私達は来週、The South Bank(南銀行)を立ち上げる準備をしている6カ国の南アメリカの大統領達(アルゼンチン、ボリビア、ブラジル、エクアドル、パラグアイ、ベネズエラ)に公開書簡を送ろうとしています。みなさんの団体賛同署名をお願いします。私達は、私達が闘い続けている債務やコンディショナリティ(融資や債務「救済」の際に、新自由主義政策的な経済改革を条件付けること)といった政策を新しい南銀行は踏襲すべきでない、という世界の運動やキャンペーンの主張に彼等が耳を傾けるべきだと思っています。

6月21日までに、

Jubilee South/Americas(ubileosur@wamani.apc.org)

または、

International Observatory on DebtのJorge Marchini

(jorgemarchini@fibertel.com.ar)宛

賛同、メッセージを送って下さい。

ご協力に感謝して、

ジュビリーサウス/アメリカを代表して、

ビバリー・キーン

+++++

オープン・レター

人々の権利、必要、可能性と民主主義を職務とする南銀行のために

アルゼンチン、ボリビア、ブラジル、エクアドル、パラグアイ、ベネズエラ各国の大統領各位

私達、末尾に名を連ねるネットワーク、団体、社会運動は、悲劇的な対外債務や現存の国際金融機関のいびつな政策ならびに業務遂行の実態に反対して活動しています。貴政府による南銀行の設立決定は、ラテンアメリカならびにカリブ海諸国のみならず、南の他の地域にとっても画期的な一歩であると私達は理解しています。

この何十年かにわたり、この地域は好景気と破滅的不況のサイクルを繰り返してきました。そしてそれは人々の生活水準、労働条件ならびに公的支出や社会予算に複雑で甚大な影響を与えてきました。

ここ近年の表面に現れている損失を取り返すだけでは十分ではありません。同時に代替的な地域金融システムの創設が不可欠です。そして、貧困、金融危機で公的支出や社会予算が大幅に犠牲にされることで引き起こされた人々の周辺化や,

構造的低開発、貸し手の機関により条件として押し付けられた規制緩和や民営化政策、膨大な不当債務の蓄積の克服を、その代替的システムの第一の使命とするべきです。

IMF、世界銀行、米州開発銀行などの現存の国際金融機関が、それらの政策の性質、非民主的性格、業務における透明性の欠如により、ますます信頼を失っていることは明らかです。その結果、現在の金融・通貨システムの構造そのものにまで、疑義が生じています。

私達は、南銀行設立の試みは、南の安定化基金や地域共通通貨の創設、現在取り組まれている国内・対外債務監査、我々の国に不当に請求されている債務への不払いなどいった一連の地域政策の一環として取り組まれるべきだと信じます。不確かで投機的な国際資本市場への依存を断ち切り、この地域における蓄えをこの地域自身のために振り向け、資本逃避を防ぎ、社会面や経済面でこの地域の人々の必要を満たすように地域の資金を投資する為にはこれらの措置が不可欠です。

代替的金融機関の必要性のみを考慮することは、それ自体非常に重要な事ではありますが、それだけでは十分ではありません。代替的な南ー南銀行の運用実態ついて議論することが、何よりも重要です。だからこそ私達は、南の銀行の創設で影響を受ける社会の様々なグループに必要な情報を提供し、それらのグループの参加や彼等との事前協議を保障するような各国内・地域での仕組み作りがすぐにも必要だ、という地域の多くの団体や社会運動の主張を支持します。

同時に、現段階において、私達は南銀行がその資金源、目的、組織体制、内部規制、意思決定、管理運営ならびに運用を以下のように明確に規定することが重要であると考えます。

a)主権尊重と連帯をもとにメンバー国とこの地域の発展を推進することを、その中心目標とする。この場合の「発展」とは、各個人、コミュニティ、各国民の特質、能力、可能性を開花させることであると定義する。これは当事者こそが主導者とならなければ不可能な過程である。

b)南銀行はメンバー国同士の対等な関係に基づき、資産形成し、運営体制を作る。

c)公的ならびに社会セクターの強化のために信用を供与するということを明確に定義する。富の再配分、環境保護を優先課題とし、現在の不均衡の修正に貢献する。そして人々の生活と福祉向上に貢献する。彼等の経済的、社会的、文化的、ならびに環境に対する権利を擁護する。彼等が自分自身で発展の道を探り、自立していく権利を認め、推進する。

その故に私達は、地域の人々の従属と死を継続させる南米インフラ計画(South American Regional Infrastructure Initiative (IIRSA))のようなメガプロジェクトや、他の搾取的で環境破壊を引き起こす産業、社会的排除を引き起こすような投資に資金提供するために南銀行が使われることに強く反対する。

南銀行は情報、管理の面で、公に開かれたメカニズムを作り上げる。銀行職員や補助的従業員は個人的免責特権や税金面での特権を持たない。決算報告が義務づけられ、議会と市民社会のチェックを受ける。全ての情報は公的なものと見なされる。

私達は上記の内容全てが2007年5月3日のキトでの閣僚決議の内容と一致するものと信じています。閣僚決議では「人々は各国政府に、この地域の発展の為にあらたな統合の仕組みを設立することを委任した。これは各国の法規制に則り、民主的で、透明性があり、人々の参加が保証される仕組みでなくてはならない」とされています。

現在の当地域、ならびに世界の経済、金融状況は、このような方向性に向けて歩み出すのに有利な状況ですが、それがいつまでも続くわけではありません。私達はこの歴史的な機会が、真に人々のための南銀行を作りあげるために使われることを望んでいます。

敬具

署名者

Jubilee South

Comittee for the Elimination of Third World Debt

International Debt Observatory

Policy Alternatives for the Southern Cone (PACS)-Brazil

PAPDA – Haiti

American Association of Jurists, UN-Geneva Representation

(以下、原文)

++++++++++++++

Dear Friends and comrades –

We invite you to join your organization endorsement to this Open

Letter to the six presidents of South America (Venezuela, Bolivia,

Ecuador, Brasil, Argentina and Paraguay), who are preparing to launch

next week, the SOUTH BANK. We think it is important for them to hear

from movements and campaigns around the world, who are hopeful that

the new South Bank will not repeat the same policies of debt and

conditionality that we continue to struggle against.

Please let us hear from you NO LATER THAN JUNE 21.

Thanks

For Jubilee South/Americas,

Beverly Keene

+++++

Open letter

To the Presidents of Argentina, Bolivia, Brazil, Ecuador, Paraguay,

and Venezuela

FOR A SOUTH BANK IN ACCORDANCE WITH PEOPLES’ RIGHTS, NEEDS,

POTENTIALITIES AND DEMOCRATIC VOCATION

Dear Sirs,

The undersigned networks, organizations, and social movements,

actively engaged in the struggle against the tragedy of the external

debt and the perverse policies and practices of he existing

international financial institutions, are writing to you in the

understanding that the decision of your governments to create the

South Bank can mean an enormous step and opportunity for Latin America

and the Caribbean as well as for other regions of the South.

Over recent decades the region has experienced repeated cycles of

financial peaks followed by disasters that have deeply marked the

involution of living and working conditions and of public and social

expenditures.

It is not enough to redress the negative consequences of our recent

history which are well known; it is necessary as well to generate an

alternative regional financial system that is consistent with the need

to give absolute priority to the overcoming of the poverty,

marginality and structural underdevelopment caused by the huge public

and social costs of the financial disasters, the policies of

deregulation and privatization promoted and conditioned by the lending

institutions, and the growth of a gigantic illegitimate debt.

It is evident that the existing international financial bodies – IMF,

WB, IDB – have become more and more discredited for the nature of

their policies, their anti-democratic character, and the lack of

transparency of their actions, to the point that not only are their

results questioned, but also the very architecture of the current

financial and monetary system.

We believe that the South Bank must be part of a unitary regional

response, together with the founding of a South stabilization fund, a

common regional currency, the undertaking of audits of internal and

external debt claims, and the non-payment of those debts

illegitimately demanded of our countries. A response that contributes

to the cutting the ties of dependency with uncertain and highly

speculative global capital markets, enabling the region to channel its

own savings power, stop capital flight, and invest its resources in

accordance with the social and economic needs of the people.

The sole formulation of the need for an alternative financial

institution is not enough even if it is very important. The debate on

the implementation of an alternative South-South bank is of utmost

importance, and for that reason we support the demand of many

organizations and movements in the region, that national and regional

instances be created immediately in order to insure the necessary

information, participation, and consultation with the organizations in

societies which will be affected by the creation of the South Bank.

At the same time, and at the current instance of definitions, we think

that it is essential that the South Bank start out with clear

definitions regarding its resources, objectives, organization,

regulations, decision-making, management, and operations, in such a

way that:

a) It defines as its central goal the promotion of the member

countries’ and the region’s own development with sovereignty and in

solidarity. Development defined as the unfolding of the attributes,

resources, and potential of persons, communities and peoples; a

process that cannot take place without their being the principal

protagonists.

b) It constitutes its capital and management structure in an

egalitarian way among the member countries.

c) It clearly defines that credit allocations will be for the

strengthening of the public and social sector; giving priority to the

redistribution of wealth and to environmental protection; contributing

to the overcoming of existing asymmetries; and responsive to peoples’

lives and welfare, for their economic, social, cultural, and

environmental rights and for their right to their own development and

self-determination. For this reason we explicitly reject the use of

the South Bank for the financing of megaprojects like the South

American Regional Infrastructure Initiative (IIRSA), or other

extractive, contaminating, or socially-exclusive investments that

serve to continue the plunder and death of the region’s peoples.

It explicitly establishes open mechanisms for public information and

control, establishing that the banks officials and employees will have

no personal immunity or fiscal privileges, that the rendering of

accounts will be made known and put to the consideration of

Parliaments and of civil society, and that all information shall be

considered public.

We believe that all of the above is in keeping with the Ministers’

Statement of Quito, May 3rd, 2007, where it points out: “The people

have given their governments a mandate to provide the region with new

instruments of integration for development that must be based on

democratic, transparent, and participatory schemes that are

responsible to their constituencies.”

The current regional and international economic and financial

situation is favourable to take concrete steps in this direction, but

it may not last. We hope that this historic possibility is put to use

in order to create a truly Peoples’ South Bank.

Sincerely,

SIGNATURES

Jubilee South

Comittee for the Elimination of Third World Debt

International Debt Observatory

Policy Alternatives for the Southern Cone (PACS)-Brazil

PAPDA – Haiti

American Association of Jurists, UN-Geneva Representation

To add your organization’s endorsement, please send a message to

Jubilee South/Americas at jubileosur@wamani.apc.org, and/or

International Observatory on Debt/Jorge Marchini,

jorgemarchini@fibertel.com.ar

参照

404 Not Found

●ブログエントリ:イザ!

 やったねチャベス – 【ねこまたぎ通信】

南米は相次いで左派政権が立ち上がり,どうやらその動きはいろんな場所で活発化していきそうな気配です.反米・反新自由主義経済を目指して大きく揺れ動きそうです.

ドイツでも.

日刊ベリタ : 記事 :

日刊ベリタ : 記事 :

実はインドでも左派の人気は根強いです.

 ケララと西ベンガルで左翼政権 – 【ねこまたぎ通信】

ウエストベンガルは昔から共産党が強いですね.イスラム教徒の多いベンガルは中央政府から冷遇されていますからね.

でも,まだじっくり調べていないのでこれが世界的な潮流の一つになるのか,あるいは叩き潰されるのかよく判りません.各国の動きはそれぞれ事情が違いますしね.

上海協力機構や南アジア自由貿易圏(SAFTA)の設立をはじめ,BRICS諸国の活動も活発で,反米でないにしても米国主導のグローバリズムに対抗する手段を各国が模索しています.日本は米国べったりでホントに良いのでしょうか?

 本当に真剣に考えないと貧困は拡大するばかり – 【ねこまたぎ通信】

  世界経済大逆転!? 驚異のBRICs – 【ねこまたぎ通信】

●門倉貴史のBRICs経済研究所

よろ↓

 あっぱれモラレス

ボリビア大統領、体張ってFIFAに抗議=標高5300Mでプレー-サッカー

6月2日11時31分配信 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070602-00000051-jij-spo

【サンパウロ1日時事】国際サッカー連盟(FIFA)理事会が医学上の理由から、標高2500メートルを超える高地での国際試合禁止を決めたことを「差別」と猛反発している南米ボリビアのモラレス大統領は1日、空気中の酸素濃度が平地の半分しかないアンデス山中の標高5300メートル地点で大学生相手にサッカーの試合を行い、撤回を訴えた。

地元紙などによると、政府関係者や元プロ選手から成る同大統領のチームと大学生チームの試合は、5421 メートルのチャカルタヤ山の谷間で40分にわたって行われ、大統領チームが圧勝。同大統領自身も1点を挙げた。試合後、同大統領は息を切らせながら「われわれは高地でもサッカーができることを立証した」と語った。

ボリビア代表は、富士山頂に匹敵するラパスでの対外試合を得意としており、過去にブラジルなどに何度も勝っている。 

いやー゚。(*^▽^*)ゞ大したもんだ.

ネパールで4000メートルを超える地点まで行ったが,あんなところを走り回ってサッカーをするなんて命がけだね.

いっそ,もっともっと高いところで,宇宙空間にドームを建設してその中で縦横無尽に飛び回って競技する「無重力三次元サッカー」というのはどうだろう?

 ベネズエラ 米石油大手コノコフィリップスに5億4500万ドル課税

(= ̄▽ ̄=)V やったね,チャベス

ベネズエラ、米コノコに5億4500万ドル課税

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070513AT2M1200H12052007.html

【サンパウロ=岩城聡】ベネズエラ政府は11日、米石油大手コノコフィリップス(株価ConocoPhillips (COP)http://finance.yahoo.com/q?s=COP)の現地企業2社に対し、過去の所得税が未払いだとして計5億4500万ドルを課税すると発表した。同国政府は1日、オリノコ川流域の重質油地帯で操業する欧米石油大手が参画する四つの操業プロジェクトの国有化を宣言したが、コノコは暫定合意を拒絶していた。

国有化に伴うコノコの権益について、ベネズエラ政府は6月26日までに補償問題を解決するとしていた。今回の課税要求により、これがこじれる可能性が高まっている。(07:00)

 やったねチャベス – 【ねこまたぎ通信】

 ブラジルもやったねd(^0^)b

良い流れです.

製薬業界に衝撃、ブラジル政府が「強制特許実施権」を発動

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200705081929&page=2

【Technobahn 2007/5/8 19:29】ブラジルのルラ大統領は4日、米製薬大手メルク社のエイズ治療薬ストク(一般名:エファビレンツ)に係わる特許を無視する「強制特許実施権」を発動することを決定した。

「強制特許実施権」とは世界貿易機関(WTO)が開発途上国向けにエイズ撲滅のために特許権者の許可なくエイズ治療薬の製造・販売を認めた特例となる。開発途上国がこの「強制特許実施権」を発動するとエイズ治療薬に関して特許使用料の支払いが一切、免除されることとなる。しかし、この「強制特許実施権」はこれまでは、医薬品メーカーに対して交渉を有利に進められるために使われるのが普通で、実際に開発途上国が「強制特許実施権」を発動するのは異例中の異例の出来事なる。

これによりブラジル国内では特許権者となるメルク社の許可なく、メルク社のエイズ治療薬ストクのコピー薬の製造・販売を行うことが可能となり、いわゆるジェネリック医薬品並みの価格で薬剤の提供を行うことが可能となる見通しだ。

ブラジル政府は1997年から国内のエイズ患者向けに無償でエイズ治療薬の提供を行ってきた。しかし、このために高額なエイズ治療薬がブラジル政府の財政負担となり問題化していた。

メルク社はブラジル政府との交渉の上で、ブラジル国内向けにエイズ治療薬ストクを1 錠あたり1.59ドル(約190円)の定価の30%引きとなる1.10ドル(約132円)の割引価格で提供してきた。しかし、1錠あたり0.65ドル(約78円)での提供を求めるブラジル政府とこれ以上の値引きには応じられないとするメルク社との間の価格交渉が難航。その結果が、今回のメルク社の特許を無視するブラジル政府の決定につながった。

この決定に関して、メルク社ではこのようなことが続けば医薬品の開発のために研究開発費を調達することが困難になるとした上で、自社の権利が侵害されたことを抗議する声明を発表している。

「強制特許実施権」の発動は先月のタイに続いて2ヵ国目となる。

 特許強制使用許諾問題 – 【ねこまたぎ通信】

 キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!! – 【ねこまたぎ通信】

 国境なき医師団「特許より患者優先を」 – 【ねこまたぎ通信】

 国境なき医師団より緊急アピール – 【ねこまたぎ通信】

 ライブ映像のご紹介

まずは,お友達のお気楽窯からジンバブエの最新映像です.

大変お手柄です.^^

Bongo Love from Zimbabwe1


D

Bongo Love from Zimbabwe2


D

Mawungira Enharira


D

Mawungira Enharira Live1


D

Mawungira Enharira Live2


D

Mawungira Enharira Live3


D

で,最近はまっているのがこれ,ハミロ・ムソットRAMIRO MUSOTTO.

http://www.youtube.com/results?search_query=Ramiro+Musotto&search=Search

http://www.youtube.com/results?search_query=berimbao&search=Search

http://www.youtube.com/results?search_query=Orquestra+de+Berimbau&search=Search

civilizacao&barbarye

RAIO “FERNANDO ALOISIO” “RAMIRO MUSOTTO”


D

az0ia no show de Ramiro Musotto


D

Botellero – Ramiro Musotto


D

ramiro musotto berimbao orchestra setup


D

Orquestra de Berimbau – Ramiro Musotto


D

ramiro musotto TV


D

Trio Eletrônico Daniela Mercury


D

Capoeira Sul da Bahia


D

個人的には日本の映画も音楽もジリ貧なんでね.

文明と野蛮

文明と野蛮

Sudaka

Sudaka

 やったねチャベス

世銀とIMFからベネズエラ脱退へ…チャベス大統領表明

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070501ib03.htm

【ハバナ=中島慎一郎】反米外交を展開しているベネズエラのチャベス大統領は30日、世界銀行と国際通貨基金(IMF)から脱退すると表明した。

AP通信によると大統領は、両機関に対する債務は返済済みだとして、「もはやワシントンにも世界銀行にもIMFにも足を運ぶ必要はない」と述べた。

チャベス大統領はこれまで、米国主導の新自由主義経済(ネオリベラリズム)が中南米諸国の貧富の格差を招いたとして批判。途上国を対象に融資を行う独自の「南の銀行」を創設する構想などを打ち出している。

(2007年5月1日14時3分 読売新聞)

チャベス大統領、世銀とIMF脱退を宣言 – ベネズエラ

http://www.afpbb.com/article/1557794

【カラカス/ベネズエラ 1日 AFP】ウゴ・チャベス(Hugo Chavez)大統領は30日、世界銀行(World Bank)および国際通貨基金(International Monetary Fund、IMF)は「小国を搾取している」として、両機関からの脱退を表明した。

国営放送が伝えたところによると、チャベス大統領は、世銀およびIMFを「米国帝国主義を支援する機構」と糾弾し、両機関から「正式に脱退したい」と語り、脱退手続きを進めるよう、ロドリゴ・カベサス(Rodrigo Cabezas)財務相に指示したことを明らかにした。

また、世銀およびIMFが「危機的状態にある」とするチャベス大統領は、脱退は、「ベネズエラから両機関が搾取したものを取り戻すため」とし、「両機関が行き詰まり、我々から強奪を始める前に脱退するのだ」と語った。 

米国は、このようなチャベス大統領の強硬姿勢は「南米の不安定化をもたらすものだ」として、一貫して批判を続けてきた。25日には、コンドリーザ・ライス(Condoleezza Rice)米国務長官が、同大統領が「経済的にも政治的にもベネズエラを破滅に追い込んでいる」と批判した。

一方、IMFは前年9月、新興市場国や発展途上国などの出資比率を経済規模に見合った水準に見直し、応分の権限を付与する改革に着手している。

石油輸出機構(OPEC)創設メンバーで豊富な原油埋蔵量を誇るベネズエラを率いるチャベス大統領は、米国のブッシュ政権を「悪魔」呼ばわりする強硬左派として知られる。また、2月には1年半にわたって国会の承認なしに大統領の法律制定を可能とする授権法を成立させた。

チャベス大統領、IMF・世界銀行から脱退へ – 報道写真家から

チャベス、モラレス、そしてコレア

強気の産油国、守勢の石油メジャー

ラテンアメリカ「2つの左派」の対立はない

融合する民間人と軍人

しいたげられた人々の怒り

 本当に真剣に考えないと貧困は拡大するばかり – 【ねこまたぎ通信】

 チャベス国連で吼える – 【ねこまたぎ通信】

 南米に広がる反米の波 – 【ねこまたぎ通信】

 今日もチャベスは絶好調(笑) – 【ねこまたぎ通信】

 いいぞチャベス – 【ねこまたぎ通信】

 2人のウゴ・チャベス – 【ねこまたぎ通信】

 ラテンアメリカは燃えているか – 【ねこまたぎ通信】

 自由貿易主義への逆風 – 【ねこまたぎ通信】

よろ↓

 本当に真剣に考えないと貧困は拡大するばかり

「トルティージャ食わせろ」 高騰にメキシコで抗議デモ

2007年02月05日10時11分

http://www.asahi.com/international/update/0205/003.html

メキシコ市からの報道によると、メキシコ人の主食トルティージャの値段が急騰していることに怒った数万人の市民らが先月31日、市の中心部でデモ行進した。値上がり幅はこの3カ月で40%以上。材料のトウモロコシが米国でバイオ燃料の原料として需要が高まり、値上がりしたのが一因とみられている。台所を直撃された庶民の間で、カルデロン新政権に対する反発が強まっている。

トルティージャはトウモロコシの生地を焼いた薄いパンのようなもので、貧しい庶民にとっては大事な主食だ。その値段が1キロあたり6ペソ(約70円)から場所によっては30ペソ(約330円)前後と急騰。中央銀行もインフレの引き金になりかねないと警戒している。

抗議デモは労働組合や農業者団体が組織。代表者が「ほかの国が新自由主義経済に替わる政策を模索しているのに、メキシコはこの不平等なモデルに固執している」と抗議声明を読み上げた。

ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)によると、カルデロン大統領は1月半ばに業界と価格凍結協定を結ぶ方針を発表したが、製造業者の1割程度しか応じていないため、政府の影響力は限られている。カルデロン政権は「市場経済重視」を掲げて昨年12月に発足したばかりで、左派政党は「トウモロコシ大手と結託している」などと批判している。

トウモロコシは地球温暖化対策の代替燃料エタノールの原料となることから注目され、収穫減もあって米国などで価格が上昇。メキシコは北米の貿易自由化の流れで、米国から安価なトウモロコシを輸入している。

生き馬の目を抜く新自由主義経済.機会均等は無く,強いものだけが得をする.

世界のあちこちで同じようなことが起こっていますが,生活と文化の基本である主食まで脅かされるのでは,国民もたまったものではありません.目先の収支勘定だけしていては,自然も人間も疲弊し,いつか国も滅んでしまいます.

日本の場合は事情が異なるが,同じグローバリズムの渦中にあって,改めて日本のお米を守り抜かねばならぬと思うのである.

不要なものは買わなければいいのだが,薬まみれの米や野菜を食え,とか,パンをもっと食え,とか,基地外牛肉を食え,とか,押しつけられるのはごめん被りたい.

参考

ベネズエラ・チャベス大統領 人気の真相 圧倒的貧困層トコトン支援

http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20061210/mng_____tokuho__000.shtml

南米ベネズエラのウゴ・チャベス大統領(52)が三日、60%を超える高得票率で三選を果たした。「反米のカリスマ」「ポピュリスト(大衆迎合主義者)」-。チャベス評価は分かれ、日本には人気の実像が伝わりにくい。チャベス人気の原因、さらにそれは中南米で相次いでいる左翼、中道左派政権の誕生とどう絡んでいるのか。中南米ウオッチャーたちに聞いた。 (中里宏)

ことし九月二十日、国連演説でチャベス大統領が米国のブッシュ大統領を「悪魔」と呼んだ様子は、日本でも新聞・テレビで報じられた。国連はチャベス氏の格好のパフォーマンス会場となったが、中南米に関する著書も多い「現代企画室」編集長の太田昌国氏は「日本のベネズエラ報道はチャベスの派手なパフォーマンスのつまみ食いばかり。彼が国内でどんなことをやってきたのかが伝わっていない」と苦言を呈する。

では、チャベス氏はどういう経緯で大統領になり、何をしてきたのか。

アルゼンチン出身の革命家、故チェ・ゲバラの娘アレイダ・ゲバラ氏がまとめた「チャベス」(邦訳・作品社)などによると、チャベス氏は貧しい教師の家庭に生まれた。祖母のつくるお菓子を学校で裕福な同級生に売り、果物を行商して家計の足しにしていた。

高校卒業後、陸軍士官学校へ。その後、配置された国境地帯で、ゲリラ掃討の名目で農民を裁判なしで処刑する軍隊に疑問を持ち、社会矛盾に目覚める。

やがてチャベス氏は、ベネズエラ出身で十九世紀に南米北部をスペインからの独立に導いた革命家シモン・ボリバルに心酔。「人民に銃を向けないボリバル主義の軍隊をつくろう」と秘密裏に同志を増やした。

一九八九年、公共料金や石油の大幅値上げが原因で首都カラカスで大暴動が発生。市民数千人が軍や治安部隊に殺害される惨事となり、蜂起の準備は加速。

三年後の九二年、降下部隊司令官になったチャベス氏は当時のペレス政権に対するクーデターを起こすが失敗し、投獄。九四年にカルデラ政権の恩赦で釈放されると、本格的な政治活動を開始し、九八年、「貧者救済」を掲げて初出馬した大統領選で、貧困層の支持を受けて圧勝した。

当時の状況について、今夏「革命のベネズエラ紀行」(新日本出版社)を出版した明治大非常勤講師の新藤通弘氏(ラテンアメリカ現代史)は「国民の大多数が経済と社会政策から排除されていた」と話す。

新藤氏の調査によると、当時ベネズエラでは国民の七-八割が貧困層で、このうち半数は一日一ドル以下の生活。非就学率は30%に達し、六割の国民が医療の恩恵を受けていなかった。

その後、反チャベス派によるクーデターなどを乗り切ったチャベス政権は、輸出量世界五位を誇る石油の収益をつぎ込み、貧困対策を次々に打ち出した。

■無料医療・給食 生活品は半額

それは、キューバ人医師約二万五千人を受け入れ、全国の貧民地区で無料医療活動▽百五十万人の非識字者を対象にした識字教育▽大学教育希望者や中学課程未就学者への支援(夜間学校など)▽小学校の無料給食▽全国二千カ所に市価の約半額で生活必需品を売る「メルカル」開設▽女性グループに起業資金を低利で融資する「女性銀行」制度の新設-などだ。

■新自由主義に国民ウンザリ

チャベス政権のこうした貧困対策が、折からの原油価格高騰に支えられているのも事実。同氏が欧州連合(EU)のような南米統合を目指していることもあり、“裏庭”での同氏の言動に神経をとがらせている米国は「オイルマネーを使ったポピュリズム」「南米の不安定要因」といった批判を繰り返している。

これに対し、中南米情勢に詳しいジャーナリストの伊高浩昭氏は「ベネズエラで石油が発見されたのは八十年以上前。チャベス以前は富裕層が利権を握り、貧困対策に使われたことはなかった。そこを忘れてはいけない」と指摘する。

前出の太田氏も「石油輸出の代わりにキューバから医療・識字教育の支援を受けるなど、相互扶助、相互補完に貫かれた国家戦略は世界経済に弱肉強食ではない、もう一つの道があることを示している」とみる。

ことし三月にベネズエラを訪問した龍谷大講師の広瀬純氏(哲学)は「単なる富の再分配ではなく、共同体づくりなど貧困地区の住民にやる気を起こさせる狙いで、分配しようとしている」と注目する。

ただ、「チャベスの母体の『第五共和国運動』は左派から中道までの寄り合い所帯で考え方もバラバラ。政権基盤が強いとは言えない」(伊高氏)という見方は多く、反チャベス勢力も依然、力を維持する。

二〇〇二年には同政権に反対する経済界主導のゼネストと軍の反チャベス派によるクーデターが相次いで発生。チャベス氏は拘束され、当時の経済団体会長が大統領就任を宣言したが、チャベス派の巻き返しでクーデターは数日で失敗。

同十二月には石油公社のストで国家財政が危機的状況に陥り、〇三年一月、政府が自主運営に踏み切った。石油を手にしたチャベス政権の貧困対策が本格的に始まったのは、その二カ月後の同三月からだ。

今回の選挙でチャベス氏は任期中の二〇一〇年に国民投票を行い、大統領の連続再選を二回までとする憲法の改正を公約。「独裁傾向の現れ」との批判も受けたが、貧困層の支持で圧勝し、当選後は「二十一世紀の社会主義」を訴えた。

中身はまだ不透明だが、伊高氏は「ひとつだけ分かっているのは、それを自由選挙でつくろうとしていることだ」という。

中南米で相次ぐ中道左派政権の誕生とチャベス人気の原因は何か。多くの中南米ウオッチャーは一九八〇年代からの新自由主義(ネオリベラリズム、市場原理主義)の失敗を挙げる。

膨大な対外債務を抱えた南米諸国は、米国が主導する新自由主義政策の導入を国際通貨基金(IMF)などから求められた。民営化や市場原理の追求、規制緩和、労働条件の柔軟化などがそれで、これらの動きは九〇年代に加速した。

その結果、公共料金は大幅に上がり、アジア・アフリカより悪かった南米の貧富の格差はさらに拡大。新藤氏は「中道や中道左派政権が誕生した選挙では、すべて新自由主義が争点となった。小泉改革で格差が広がる日本も決して無縁の話ではない」と語る。

こうした背景で政権を手にしたチャベス大統領。太田氏はこう分析する。

「評価は二つに分かれる。独裁傾向を危ぶむ意見はあるだろう。しかし、それ以上に中南米には圧倒的な貧困層と少数の富裕層という現実がある。社会的公正の観点は不可欠だ」

<メモ>ベネズエラ・ボリバル共和国 南米大陸の北端に位置し、国土は日本の約2・4倍、人口約2600万人。人種は混血(メスティソ)66%、白人22%、黒人10%、先住民2%。輸出量世界5位の石油のほか、天然ガス、鉄鉱石、ボーキサイトなど豊富な資源を持つ。貿易相手国は輸出入とも米国がトップ。

<デスクメモ> 世界の潮目は明らかに変わりつつある。中南米で米国がこけた背景には中東での泥沼がある。潮目が読めないわが国の官僚たちは、イランでの自主開発油田も事実上中国に売り渡した。激動が読めないと、為政者たちは稚拙なナショナリズムに走りたがる。その無残な結末は六十余年前に体験したはずなのだが。(牧)

●チャベス・ウォッチ

 とってもいいことだー

ホントに大切なことなんだぞ.

安保理協議より大切だぞ.

南米12カ国の相互観光、パスポート不要に

2006年11月28日23時40分

http://www.asahi.com/international/update/1128/024.html

 仏領ギニアを除く南米12カ国の外相は27日までに、観光目的であればパスポートがなくても互いの国を行き来できるようにすることで一致した。ブラジルやベネズエラが先導役となって進む、南米統合の動きの一つといえそうだ。

 ロイター通信などによると、南米の各国民は、それぞれの国で有効な身分証明書を持っていれば、観光目的の90日間の滞在が認められるようになる。パスポートは必要なく、ビザをとる必要もなくなるという。行き来をより活発にし、観光などの産業を盛んにするのが目的だ。

 チリのフォックスレイ外相は「他国の現実の姿を知りあうことの手助けになる。互いを理解することは、協力を深める何よりの手立てだろう」と述べた。

 コカッと爽やか(笑)

コカ・コーラに“対抗”し新ソーダを発売 コロンビアの先住民が 

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1569042/detail

「コカ・セック」は黄金色の炭酸ソーダで、味はレモネードとジンジャーエールを合せたようなものという。「エネルギー・ドリンク」としての効果があるという。1本の値段は、日本円に換算すると、50円程度。当面は先住民が住む周辺の街のスーパーなどで販売するが、将来的には大都市でも販売を目指す。

しかし、麻薬の原料となるコカの葉を使用しているため、各国で輸入規制の対象となるため、「コカ・セック」が、世界市場を制圧するということはなさそうだ。

麻薬大国コロンビアでコカの葉を使って炭酸ソーダが製造・販売されるとのニュースは、メディアを通じて世界的に打電された。しかし、コロンビア国内では、麻薬というよりも、昔からコカの葉は、お茶に使われたり、子どもの下痢止めに使われるなど、一種の健康薬の役目も果たしてきている。

一方、「コカ・セック」の製造・販売について、パエセス先住民のリーダー、デイビッド・クリドール氏は、西側メディアに対しコカ・コーラ社の「帝国主義的支配」に対する挑戦だと述べ、かなり政治的な発言をしている。

コロンビア・ジャーナル(電子版)によると、コカ・コーラ社が、コーラの作り方を秘密にしているのは有名な話だが、クリドール氏は、コカ・コーラ社が、米政府の特別許可を得て、ペルーからコカの葉を合法的に一部輸入し、使用していると主張している。

道理でコーラ好きは馬鹿ばっかりだと思った.レ( ̄ー ̄)ナットク!!( ̄^ ̄/)

 南米に広がる反米の波 – 【ねこまたぎ通信】

でも,ええ感じです.

よろ↓