「パレスチナ」カテゴリーアーカイブ

パレスチナにおける アンナ・バルツァーが見た占領 〈特別講演会〉のお知らせ

Peace Not War Japanのサポーターのみなさまへ

段々と秋らしいお天気になってきていますが、いかがのお過ごしでしょうか?

さて、先月のピースカーニバルのイベントに来て頂いたみなさま、どうもありがとうございました!おかげさまで、沖縄市民の平和への願いを、東京からの暖かいサポートを伝えることができました。イベントのご報告、そして11月26日に行う第二弾イベントのお知らせ、こちらのサイトにてどうぞご覧ください。:http://d.hatena.ne.jp/peacecarnival/

奄美大島の資源災害のための支援イベントも予定をしておりますので、その詳細も間もなく送らせていただきます。

あと、その前のイベントなんですが、来週末にはPNWJがとても意義のあるイベントを協力することになっています。詳細は↓の通りですので、みなさま、ぜひお越しくださいませ!

希望と感謝を込めて、

PNWJの運営委員(キンバリー・ヒューズ、福井浩)

転送大歓迎**

パレスチナにおける

アンナ・バルツァーが見た占領

〈特別講演会〉

アメリカ人として、

ユダヤ人として、

そして、ひとりの人間として、

私はこの不正を

世界に向けて訴えつづける

【講演会】 パレスチナにおける平和と人権 ~アンナ・バルツァーの見た占領

※ パレスチナの人権運動を続けてきている、ジャーナリストの重信メイさんによる講演もございます。

【日時】 2010年11月13日(土) 13:30(13:00開場)

【会場】 大東文化大学会館

【入場料】無料

【アクセス】住所:東京都板橋区徳丸 2-4-21 東武東上線 東武練馬駅 北口徒歩 5 分。地図はこちら:http://www.daito.ac.jp/file/block_9593_01.pdf

【共催】JALT (Japan Association of Language Teachers) Gunma, GILE (Global Issues in Language Education)

【協力】ABAX ELT publishers, JALT SIGS: GALE (Gender Awareness for Language Education), CUE, Peace Not War Japan, SIETAR (Society for International Education, Training and Research )

プロフィール:アンナ・バルツァー さん

ユダヤ系アメリカ人の人権活動家。 2003 年、フルブライト奨学生としてトルコのアンカラで英語を教えていたとき、イスラエル占領下のパレスチナを訪れる。

以後占領の実態をつぶさに体験する。2007年刊行の写真入りルポルタージュ「パレスチナの目撃者」(Witness in Palestine)はノー ム・チョムスキーをはじめ絶賛される。イスラエルの政策とイスラエルを支援するアメリカの政策を批判し、全米各地ならびに海外で占領下の現実を訴える講演活動を精力的に続ける。

ホロコースト生還者を祖父母にもつ。

人間が自由を求めるのを、

誰も止めたりはできない。

― アンナ・バルツァー

「彼女の生き生きとした、何者も恐れることのない率直さと限りなく正確な描写によって、被占領地の残酷な現実についてよく知る者でさえ、これまでほとんど想像したことすらない世界に瞬時に引き込まれてしまうだろう。」

― ノーム・チョムスキー

2003年、一人のユダヤ系アメリカ人の女性が目にしたイスラエル占領下のパレスチナの現実は、彼女の人生を決定的に変えてしまいました。ユ ダヤ人として、アメリカ人として、そして一人の人間として、アンナ・バルツァーはそれ以後、パレスチナ占領の実態を世界に知らせるとともに、「ユダヤ国 家」の名のもとにパレスチナ人に 対するあらゆる暴力を正当化するイスラエルと、そのイスラエルを支援するアメリカ国家を痛烈に批判し続けています。「合衆国の人間に、西岸で活動している と言うと、みな同じ質問をします。「どっちの側で?イスラエル? それともパレスチナ?」でも、 これは、パレスチナ人とイスラエル人の闘いなどではありません。自由と基本的人権を求める人間の闘いなのです。」

アンナ の祖父母はホロコースト 体験者です。「占領と圧に反対することが反ユダヤ主義だなんてことはありません。批判的な思考、開かれた議論、社会的正義といったものはユダヤ今日の伝統に沿うものであり、歴史を通じてユダヤ人の誇りの源であったものです。」

バルツァーさんは日本全国ツアーを巡って、数ヶ所で講演をする予定です。詳しくは彼女のサイトにてご覧ください(英語のみ):http://www.annainthemiddleeast.com/presentations/

プロフィール:重信メイ さん

レバノン・ベイルート生まれ、1997 年、ベイルートのアメリカン大学を卒業後、同大学政治学科大学院に在籍。レバノン大学では、ジャーナリズムを学び、28年間国籍を持たなかったが、 2001年3月5日に日本国籍を取得し、同年4月より日本在住。 現在、塾講師のかたわらパレスチナ問題を中心に、中東問題、アラブ世界、イスラム文化、イラクやクルド問題などを、講演活動で伝えている。 2004年から同志社大学の博士課程で中東衛星放送を研究。2005年に「APF NEWS」(www.apfnews.com)内のWEB 番組「オリーブ・ジャーナル」でのキャスターを経て、2010年までニュース専門CSャンネル、朝日ニュースターの番組「ニュースの深層」のサブキャスターとして活躍。著書に『秘密

パレスチナから桜の国へ 母と私の28年』(講談社)、『中東のゲットーから』(ウェイツ)

International reaction to flotilla intervention

http://alertnet.org/thenews/newsdesk/LDE64U15L.htm

Here is some international reaction to the incident:

PALESTINIAN PRESIDENT MAHMOUD ABBAS:

— “What Israel has committed on board the Freedom Flotilla was a massacre.”

He declared three days of official mourning for the dead.

TURKISH PRESIDENT ABDULLAH GUL:

— Gul said in a statement that Ankara is demanding an inquiry into the violent interdiction of the Turkey-backed convoy and the punishment of the culprits.

— Turkey said on Monday it had called for an emergency meeting of the U.N. Security Council.

ARAB LEAGUE CHIEF AMR MOUSSA:

— Amr Moussa called on Monday for an emergency meeting to discuss what the body that groups 22 Arab states described as Israel’s “terrorist act”.

“The Arab League strongly condemns this terrorist act.”

IRANIAN PRESIDENT MAHMOUD AHMADINEJAD:

— “The inhuman acts of the Zionist regime against Palestinians and preventing humanitarian aid to the Gaza people does not show the strength of the Zionist regime but shows its weakness,” Ahmadinejad told state broadcaster IRIB. “All these acts indicate the end of the heinous and fake regime and will bring it closer to the end of its existence.”

FRENCH PRESIDENT NICOLAS SARKOZY:

— “The President of the Republic expresses his profound emotion in the face of the tragic consequences of the Israeli military operation,” Sarkozy’s office said. “He condemns the disproportionate use of force and addresses his condolences to the families of the victims,” it said.

ITALIAN FOREIGN MINISTER FRANCO FRATTINI:

— “I deplore in the strongest terms the killing of civilians. This is certainly a grave act”.

BRITISH FOREIGN SECRETARY WILLIAM HAGUE:

“I deplore the loss of life during the interception of the Gaza Flotilla…We have consistently advised against attempting to access Gaza in this way, because of the risks involved. But at the same time, there is a clear need for Israel to act with restraint and in line with international obligations…”

GERMAN GOVERNMENT SPOKESMAN ULRICH WILHELM:

— “The German government is shocked by events in the international waters by Gaza…”

— “Every German government supports unconditionally Israel’s right to self defence,” said Wilhelm, but added that Israeli actions should to correspond to what he described as the “basic principle” of proportionality.

EUROPEAN UNION:

— “High Representative Catherine Ashton expresses her deep regret at the news of loss of life and violence and extends her sympathies to families of the dead and wounded,” said a spokesperson for Ashton, the EU’s foreign policy chief.

— “On behalf of the European Union she demands a full enquiry about the circumstances in which this happened… The continued policy of closure is unacceptable and politically counter-productive. She calls for an immediate, sustained and unconditional opening of the crossing for the flow of humanitarian aid, commercial goods and persons to and from Gaza,” the spokesperson said.

NORWEGIAN PRIME MINISTER JENS STOLTENBERG:

— “This underlines that the blockade of Gaza should be ended as soon as possible,” Stoltenberg told reporters. “This type of military action is unacceptable. The shootings must be investigated and documented. It is clear that this is a use of force against civilians.”

SPANISH SECRETARY OF STATE [for the European Union] DIEGO LOPEZ GARRIDO:

— Spain unequivocally condemns the Israeli attack on the humanitarian flotilla and it does so as a country and as the acting president of the EU Council. Spain has summoned the Israeli ambassador to ask him for explanations of the attack.

DUTCH FOREIGN MINISTER MAXIME VERHAGEN:

— “I want the Israeli ambassador in The Hague to provide clarification today on this,” Verhagen said in a statement. “The Netherlands wants an investigation specifically into how this could have happened.”

GREEK DEPUTY FOREIGN MINISTER DIMITRIS DROUTSAS:

— “There is no excuse. The level of violence cannot be excused … we condemn it and this is exactly the message I conveyed this morning to the Israeli ambassador.

–“Israel must provide us with all the information demanded and (guarantee) the safety of the Greek citizens.

THE VATICAN:

— “This is a very painful fact, in particularly because of the loss of human lives,” said chief Vatican spokesman Father Federico Lombardi. He said the Vatican was against violence “from whatever side it comes”.

Life

The Earth is Closing on Us

The Earth is closing on us
pushing us through the last passage
and we tear off our limbs to pass through.
The Earth is squeezing us.
I wish we were its wheat
so we could die and live again.
I wish the Earth was our mother
so she’d be kind to us.

I wish we were pictures on the rocks
for our dreams to carry as mirrors.
We saw the faces of those who will throw
our children out of the window of this last space.
Our star will hang up mirrors.
Where should we go after the last frontiers?
Where should the birds fly after the last sky?
Where should the plants sleep after the last breath of air?
We will write our names with scarlet steam.
We will cut off the hand of the song to be finished by our flesh.
We will die here, here in the last passage.
Here and here our blood will plant its olive tree.

– Mahmoud Darwish


今日のつぶやき。

  • はい、とんでもない話が簡単にスルーされるのが日本の現状です。政治もメディアも行政も何もかもが歪んでいます。しかし、この歪みは急激な変化ではなく緩やかに私たちの社会を蝕んできたため、却って軌道修正が難しいんだと私は思っています。RT @preabsanol:@takapapacom posted at 02:06:36
  • 型破りで気ままなイージー・ライダー、デニス・ホッパー死去http://bit.ly/bn8d4V ああ。そうなのか。。。合掌。(-∧-)  posted at 02:17:42

  • イスラエル核搭載潜水艦がイランに向けて出航 http://bit.ly/dhIwHz posted at 03:07:43
  • Israeli nuclear subs ‘to set sail for Iran’ http://bit.ly/d0LiDm posted at 03:08:50
  • (ハイテク機器等の)使いやすさとファシズム http://bit.ly/an6pGW posted at 03:10:01
  • User-friendliness and fascism http://bit.ly/8NTal2 posted at 03:11:10
  • プロペラは語る http://bit.ly/b35Wu3 posted at 03:13:23
  • RT @uruknet: Targeting Civilians: Israel’s Specialtyhttp://u.nu/2uqza
    #palestine #flotilla posted at 03:13:53
  • 沖縄基地存続派の「助け舟」? 韓国哨戒艇撃沈事件 http://bit.ly/b9ScXh posted at 03:15:47
  • RT @preabsanol: メキシコ湾原油、栓をして流出を止めるBPの作業が失敗。relief well(横に流し込む穴)が完成する8月まで流出が続くだろうと。ホワイトハウス高官は「米史上最大の環境破壊」と。http://bit.ly/9czvEZ posted at 09:10:56
  • RT @preabsanol: オバマ大統領「私の娘までいつまで油流れるの?」と。 http://bit.ly/atJPTM posted at 09:11:04
  • 毎日世論調査:辺野古移設に反対84% 沖縄県民対象 http://bit.ly/9DFyqG posted at 09:12:45
  • 取り調べ全面可視化求める 布川事件関係者らが集会 http://bit.ly/bxNa1b posted at 09:13:42
  • 安保条約改定50年でシンポ http://bit.ly/b26kqd posted at 09:15:07
  • タイムズ紙に反論投稿 下地琉大名誉教授 http://bit.ly/9rdhVy posted at 09:19:24
  • 矢臼別:海兵隊実弾射撃演習阻止!http://bit.ly/b0HYVg posted at 09:19:57
  • 岩国基地 4000人怒る / 新滑走路を公開 http://bit.ly/bmbHoZ posted at 09:20:19
  • イスラエル核搭載潜水艦がイランに向けて出航 http://bit.ly/dhIwHz posted at 09:21:47
  • プロペラは語る http://bit.ly/b35Wu3 posted at 09:22:12
  • 島根原発差し止め訴訟で判決へ 稼働後に活断層を確認 http://bit.ly/aXDfXu posted at 09:23:18
  • 耐震安全性どう判断?…島根原発運転差し止め訴訟、31日判決 http://bit.ly/9Q8W3C http://twitpic.com/1smk0c posted at 10:19:55
  • d(゚ー゚*)ネッ! RT @chan_dora: 実際、海外に滞在する日本人を守っているのは、憲法9条であって、自衛隊でもアメリカでもない。世界一の武力を誇るアメリカ人は有事になるとカナダやオージーの国旗を縫いつけなければ安全に歩けなかった。 posted at 10:21:44

  • 徹底追求すべし。RT @chan_dora: 今考えても、イラクへの自衛隊派遣や給油活動は、完全なる「戦争参加」だったよね。 憲法違反ばかりか自衛隊員の死亡も確認されているのに報道されていないし、小泉元首相の説明責任も果たされていない。 posted at 10:22:34
  • 国益国益というが、理を蔑ろにして利で動くのは、長い目でみれば国益を損なう。 posted at 10:24:41

  • ゼイリブ http://twitpic.com/1smmgs RT @chan_dora: 最近、戦争大好きな人達こそ、すでに地球を侵略しにきた宇宙人なのかもな~って思って見てます(・_・)….? RT @drfrogger: 宇宙人の侵略から地球を守る、でしたっけ? posted at 10:29:37
  • Flotilla: Israel warships surround cargo boat http://bit.ly/beTR4c posted at 10:34:54
  • 美浜原発をIAEA調査 改善点確認、6月3日まで http://bit.ly/b28z70 posted at 10:45:40
  • 支援船団、まもなくガザ接岸か イスラエルは阻止の構え http://bit.ly/9QWOWt posted at 11:35:58
  • 「裏切り」に怒り 新宿怒(ど)真ん中デモ http://bit.ly/dbD447 posted at 11:36:57
  • 「県内反対」が圧倒 県民世論調査 http://bit.ly/9fP38r posted at 11:37:30
  • 政権に離縁状 市民ら歓迎と無念と 「旗幟鮮明」「踏ん張ってほしかった」 http://bit.ly/cZq26q posted at 11:38:25
  • 首相「日本を攻撃なら冷静な態度難しい」 哨戒艦沈没 http://bit.ly/dCp3nA (゚Д゚) ハア?? 私はきちんと対処できません、ってか? posted at 11:42:01
  • 「全面可視化しかない」冤罪事件の被害者ら集まり証言 http://bit.ly/bNwu7q posted at 11:42:57
  • RT @avinunu: Aljazeera reporter on ship: Israel attacked all the ships at once very violently #flotilla posted at 12:08:17
  • RT @SPFTIO: Israeli soldiers shooting at people, all over the Turkish boat. http://bit.ly/do7EU7 posted at 12:08:32
  • RT @uruknet: RT @iRevolt
    Israeli’s firing on civilians on #Flotilla http://twitpic.com/1sndgg posted at 12:10:07
  • RT @SPFTIO: Israel attacks humanitarian aid #flotilla, 2 Dead, About 30 injured. People are shouting “we need help” http://bit.ly/bBgqHD posted at 12:11:11
  • RT @WorldPeace2Day: Witness Gaza #flotilla…Live feed from the boats: http://ow.ly/1RtXI posted at 12:11:37
  • Flotilla Update: Israel Attacks Convoy, Deaths Reported http://bit.ly/9Pzbdk posted at 15:34:58

  • Israeli military boards ship in Gaza flotilla http://bit.ly/a3IUla posted at 15:40:30
  • 15 Peace Activists Maybe Killed, Scores Injured by Israeli Naval Forces During their Attack on the Freedom Flotilla… http://bit.ly/cmWl4H posted at 15:49:04
  • ∑(゚◇゚;) ゲッ RT @chan_dora: え!(@0@;) RT @hanayuu: 原発と軍事基地を「環境アセスメント法」の対象外とする策動 | http://bit.ly/aab72N posted at 16:05:25

  • 相当に。RT @chan_dora: これヤバイよねぇ RT @takapapacom: ∑(゚◇゚;) ゲッ RT @chan_dora: え!(@0@;) RT @hanayuu: 原発と軍事基地を「環境アセスメント法」の対象外 http://bit.ly/aab72N posted at 16:12:47
  • アセス 基地の除外要望 防衛省、普天間念頭に改正法案 環境省、一部緩和 http://bit.ly/cJbJPv 相当にヤバイ。 posted at 16:14:06
  • 【Webウォッチ】発電所を除外:新・環境アセスメントは何を目指す? http://bit.ly/ac8yHJ posted at 16:15:16
  • 島根原発の運転差し止め認めず 松江地裁が訴え棄却 http://bit.ly/dBzo9u posted at 16:18:24
  • 嘉手納騒音軽減に期待せず 地元町長、日米声明を批判 http://bit.ly/92RzNV 「言葉の遊びだ」 posted at 16:20:02
  • Israeli troops storm Gaza flotilla http://youtu.be/wExyiIoNndc posted at 16:20:57
  • イスラエル軍がガザ救援船団を襲撃:多数の死傷者 http://bit.ly/c5FtlO posted at 16:46:59

  • 誰の利益を代表しているのか再考を。 RT @hounavi_kenpo: 憲法第15条2項 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。 http://j.mp/kenpo posted at 17:22:22

  • 問題は権力が何を代表しているかだ。RT @fujifuji_filter: もともと、警察・検察・裁判所、全部権力のためにあるようです。RT: @0316peke: そう成り下がってますね @ecoyoko: 誰のため?QT @0316peke RT @takapapacom posted at 17:24:24
  • あが、あわ、あわ、ふが…RT @chan_dora: ベロ切られるど RT @takapapacom: 誰の利益を代表しているのか再考を。 RT @hounavi_kenpo: 憲法第15条2項 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、 http://j.mp/kenpo posted at 17:50:16

  • RT @preabsanol: パレスチナ支援している英国会議員ギャロウェイ氏のツィートによると非武装支援船を急襲したイスラエル、「船の上でイスラエル軍人を”攻撃”した人権活動家は訴追する」と派発表したらしい http://twitter.com/georgegalloway posted at 17:51:25
  • ガザ支援船をイスラエル軍が強襲、10人以上死亡 トルコ強く抗議 http://bit.ly/df2vY7 posted at 17:55:02
  • Abbas: Israel has committed a massacre on the Gaza flotilla http://bit.ly/bhoYoE posted at 17:57:07
  • イスラエルは和平なんて望んじゃいない。パレスチナ民族を浄化しようとしている。http://twitpic.com/1oucje posted at 18:00:47

  • RT @preabsanol: ガザ支援物資船団に乗船しているフリーガザメンバーからの現地レポートTL。彼(女?)の船は襲われなかったようだけど「沈めてやる」とか脅迫されてるらしい。http://twitter.com/freegazaorg posted at 18:06:03
  • Israel Kills 20 : Attacks Gaza Aid Fleet http://bit.ly/br9Zvg posted at 18:09:05
  • Israel attacks Gaza aid fleet http://bit.ly/aaeYMr 狂気の沙汰。 posted at 18:15:11
  • RT @sabbah Gaza Flotilla – 20 Killed – Live Twitter Update from Free Gaza Movment | Sabbah Report http://bit.ly/cC9FkA posted at 18:23:50
  • RT @sabbah Video: Israeli troops storm Gaza flotilla killing more than 16 | Sabbah Report http://bit.ly/9lZQkx posted at 18:26:04
  • RT @WorldPeace2Day: There’s nothing that can’t be done if we raise our voice as one. Michael Jackson posted at 18:30:11
  • RT @sabbah: Outrage over #Israel attack – Al Jazeera English http://ht.ly/1RZ9v #Flotilla #Gaza posted at 18:33:56
  • The Pete’s Adventure Story « OperationSAFE http://bit.ly/9oTDhk posted at 18:47:33
  • RT @SPFTIO: Msg from #flotilla survivor http://bit.ly/ay2ZD6 posted at 19:20:07
  • Remember These Children http://bit.ly/2BsDP1 posted at 19:23:25
  • Life http://bit.ly/dcG4Zy posted at 19:50:21
  • やっぱり詐欺師だな。http://bit.ly/dxkdQ9 RT @hanayuu: 【これはひどい】在沖縄海兵隊のグアム移転は「最大5年」も遅れる  | http://bit.ly/d0FbwA posted at 19:53:49
  • RT @SPFTIO: Twitter blocked #flotilla http://bit.ly/bwLZ3b posted at 19:57:05
  • twitter にブロックがかかった。#flotillaを検索できない。http://bit.ly/bwLZ3b posted at 19:59:35
  • 「順調に作業が進めば…」 順調に作業がすすんだためしなし。w RT @EscKaminosekiNP: ☽☀柏崎刈羽原発、1号機が再起動 http://bit.ly/boOhaQ posted at 20:15:45

  • いやー、驚くことばかりです。狂気の沙汰も金次第、です。RT @sedzir: @takapapacom マジすか?環境アセスさえ米・イスラエル軍への殺人援助と、原発(核開発拠点)の為に外すとは、この国の中枢には神をも恐れぬ狂気が蔓延ですね。草の根レベルから市民がダダ漏れデモし続け posted at 20:20:32
  • 戦争の狂気 今なお http://bit.ly/anJySt 「一人ひとりが腹を立てて米国に見せつけないと、沖縄の基地はなくならないよ。」 posted at 20:28:58
  • International reaction to Israel’s storming of Gaza aid convoy http://ow.ly/1S112 #israel #gaza #aid #humanitarian 日本は何か言った? posted at 21:03:14
  • 上司がiPadを持ってきていて、直に触らせてもらったので無性に欲しくなった。 posted at 21:31:52
  • 今夜もお泊まり。 posted at 21:32:30
  • 日本列島は原子力軍艦島だな。 posted at 21:33:40

  • Dennis Hopper: Hollywood’s Uneasy Rider http://bit.ly/d3THiD 権力者や体制が最も恐れるものは自由だ。 posted at 21:37:26
  • ガザ支援船攻撃:アラブ連盟、緊急会合開催へ http://bit.ly/cayl8z posted at 22:06:39
  • εεεεεヾ(*´ー`)ノトンズラッ posted at 22:12:22
  • 子ども手当が格差を広げる-マガジン9条- http://bit.ly/ahbkZ3 手当でiPad買うやつもいるだろう。 posted at 22:54:11
  • アフガンでの邦人不明から丸2ヶ月 http://bit.ly/asiqcH 「これほど騒がれない行方不明(拉致・誘拐)も珍しいのではないか?」 確かに。みんな飽きてきたのかな。もっと強い刺激が欲しいか? posted at 22:58:09
  • 政治もメディアも教訓に学ぶ人たちであることを私は切に願っています。RT @togemaru_k: イラク人質事件を教訓に、あえて騒いでないのではないでしょうか? RT @takapapacom: アフガンでの邦人不明から丸2ヶ月 http://bit.ly/asiqcH posted at 23:13:29
  • ホントですか?RT @aki0816: @takapapacom 常岡さんだったら帰国されたらしいという情報が。それも報道されてませんが。 posted at 23:13:46
  • RT @gazafreedom Israeli Embassy Protests http://bit.ly/cKjPLt posted at 23:16:13
  • ありがとうございます。仰有るとおりですね。私もどう捉えていいのか少し思案していたところです。RT @aki0816: @takapapacom 帰国の主語が曖昧ですね。写真家さんが主語にも読めます。朝日ウィークリーあたらないとわからないです。 posted at 23:38:51
  • 朝日ウィークリー、勉強にと思って昔は購読していたのだが。^^; posted at 23:40:24

ガザ参戦のイスラエル兵が証言、「まず撃て」「民間人を盾に」と軍が指示

ガザ参戦のイスラエル兵が証言、「まず撃て」「民間人を盾に」と軍が指示【7月16日 AFP】

http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2621767/4362187

イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)攻撃に参加したイスラエル軍兵士らが、軍上層部から「疑わしければまず撃ち、結果はその後で心配すればよい」といった指示や、パレスチナ民間人を「人間の盾」として使用するよう指導されたと証言した。イスラエル退役兵らで作るグループ「沈黙を破る(Breaking the Silence)」が15日、報告書を発表した。

報告書によると、証言は匿名の兵士30人ほどから集められたもの。その結果、ガザ地区における大規模な破壊は、「イスラエル国防軍(Israel Defence Forces、IDF)の方針の直接的な結果」であることが明らかになったとしている。

1人の兵士は、「建物に接近するときには、いつも近所の人間を先に送り込んだ」と述べ、イスラエル兵たちがパレスチナ民間人を「人間の盾」として使用するのが常態化していたことを証言した。

別の兵士は、上官から「民間人の肩に銃身を置き、その体を盾にして家の中に入っていった実例」を聞かされたという。

戦闘前にこうした指示が与えられたことで、兵士たちはむやみに発砲しがちになり、民間人の死者を出したり、壊滅的な打撃を与える結果を招いたと兵士らは証言している。(c)AFP/Yana Dlugy

A NEW BOOKLET BY “BREAKING THE SILENCE”: 7/15/2009

http://www.shovrimshtika.org/news_item_e.asp?id=30

AROUND 30 ISRAELI SOLDIERS TESTIFY ABOUT THEIR EXPERIENCES IN OPERATION CAST LEAD – A NEW BOOKLET BY “BREAKING THE SILENCE”:

“You feel like an infantile little kid with a magnifying glass looking at ants, burning them.”

Fifty-four testimonies of Israeli combat soldiers who participated in Operation Cast Lead reveal gaps between the reports given by the army following January’s events; the needless destruction of houses; firing phosphorous in populated areas and an atmosphere that encouraged shooting anywhere.

Half a year after Operation Cast Lead, the organization “Breaking the Silence” is announcing the release of a new booklet today (Wed. 7/15) that includes numerous testimonies by soldiers who participated in the operation. The testimonies expose significant gaps between the official stances of the Israeli military and events on the ground.

Among the 54 testimonies are stories revealing the use of “accepted practices,” the destruction of hundreds of houses and mosques for no military purpose, the firing of phosphorous gas in the direction of populated areas, the killing of innocent victims with small arms, the destruction of private property, and most of all, a permissive atmosphere in the command structure that enabled soldiers to act without moral restrictions. The booklet compiles the testimonies of about 30 reserve and regular combat soldiers from various units that participated in the fighting. The testimonies demonstrate that the soldiers were not given directives stating the goal of the operation and, as one soldier testifies, “there was not much said about the issue of innocent civilians.”

Many soldiers said that they fought without seeing “the enemy before their eyes.” “You feel like an infantile little kid with a magnifying glass looking at ants, burning them,” one of the soldiers testified that “a 20-year-old kid should not have to do these kinds of things to other people.”

“The testimonies prove that the immoral way the war was carried out was due to the systems in place and not the individual soldier,” said Mikhael Mankin from “Breaking the Silence.” What was proven yesterday is that through the IDF the exception becomes the norm, and this requires a deep and reflective discussion. This is an urgent call to Israel’s society and leadership to take a sober look at the foolishness of our policies.”

Israel soldiers speak out on Gaza

http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/8149464.stm

  • Civilians were used as human shields, entering buildings ahead of soldiers
  • Large swathes of homes and buildings were demolished as a precaution or to secure clear lines of fire for the future.
  • Some of the troops had a generally aggressive, ill-disciplined attitude
  • There was incidents of vandalism of property of Palestinians
  • Soldiers fired at water tanks because they were bored, at a time of severe water shortages for Gazans
  • White phosphorus was used in civilian areas in a way some soldiers saw as gratuitous and reckless
  • Many of the soldiers said there had been very little direct engagement with Palestinian militants.

GAZA REPORT:

http://news.bbc.co.uk/1/shared/bsp/hi/pdfs/14_07_09_breaking_the_silence.pdf

参照:

[パレスチナ]記事一覧

 殉教

シオニスト1名の銃撃によりパレスチナ人1名が殉教

2009/06/02 Tuesday 14:08:45 IRDT

http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&task=view&id=7538&Itemid=54

f:id:takapapa:20090603113218j:image

ベイトルモガッダス・エルサレムで、シオニスト1名の銃撃により、パレスチナ人1名が殉教しました。

2日火曜未明、ベイトルモガッダスで、パレスチナ人の活動家1名が、あるシオニスト侵入者の銃撃により殉教しました。

また、シオニスト政権イスラエル軍は1日月曜夜、ヨルダン川西岸で、新たにパレスチナ人のグループの身柄を拘束、連行しました。

現在、イスラエル刑務所には、1万2千人に近いパレスチナ人が非常に劣悪な環境のもとに拘留されています。

404 Not Found

404 Not Found

IRIBイランイスラム共和国国営放送・国際放送ラジオ日本語のウエブはいつもチェックしている。

イランの国営放送ですから、イスラエル=シオニスト=悪の姿勢は当然のごとく徹底しているが、上記のような一人一人の死に対する情報を報道する姿勢はいつも感心しながら購読している。

イスラエルによる空爆やミサイルなどによる大規模な攻撃については、日本を含めて世界各国のメディアがこぞって報道しているのだが、こういうパレスチナの日常の中で起こる事件についての報道は全くと言っていいほど取り上げられることがない。

以前にも書いたことだが、頻繁に起こる単発の死の恐怖と向き合いながら日々の暮らしを生きるということがどういうことなのか私たちは想像できないでいる。

ひとたび大規模な戦闘が起これば当然多くの無辜の死をもたらすのだが、それ以上に心に巣くった恐怖の闇がたくさんの人々を覆うことになる。心的外傷で病院に運び込まれる人たちは、戦闘によって傷を負った人以上に多い。

その背景にあるのが、日常の中の一発の銃弾なのである。

一発の銃声、一発の砲声が、「無傷の死」をもたらすことだってあるのだ。

Gaza Holocaust Museumより 7

非暴力デモでひとりが殺された@ビリーン村

Remember These Children

また、最近の報道では、ハマスとファタハの権力闘争とイスラエルによるガザの武力封鎖によって、ガザの病院に入院している重篤患者の多くが命の危険にさらされており、保健相によると封鎖以来324人の患者が命を落としたと伝えられています。

ei: Power struggle killing patients

 強制収容所と化したガザ – 【ねこまたぎ通信】

 子供たちに平和を

Palestinian Festival for Childhood and Education

●パレスチナの子供の里親運動

●日本パレスチナ医療協会

NPO法人 聖地のこどもを支える会

●地球のステージ ウェブサイト 山形 ステージワン NPO フロントライン

●パレスチナ子どものキャンペーン

●Palestinian Holocaust Museum

Atfaluna Society for Deaf Children – Gaza-Palestine

The Palestine Red Crescent Society (PRCS)

 ナブルス通信からコピペ

[ナブルス通信]「イスラエルの兵器はどこから来るのか 」

バックナンバーを読む ⇒ http://www.melma.com/backnumber_109484

風邪などで何もできなくなってしまいました。いつもいつも、今度からはコマメに出そうと誓うのですが……訳されたばかりの文章をお届けします。(ビ)

   **以下、転送・転載を歓迎します**      

○○○ナブルス通信 2009.2.19号○○○

   「イスラエルの兵器はどこから来るのか 」  

    http://www.onweb.to/palestine/

      Information on Palestine

────────────────────────────────

> >◇お詫び

風邪を長引かせたり、いろいろな活動で手が回らなくなったりして、準備していた通信を出し損ないました。以下は1月24日に書いていた前書きの部分です。リンクも切れているものがあるでしょうし、賞味期限切れの匂いもありますが、参考までに。時間が空いてしまってすみません。

> >◇「停戦」と言っても……

オバマ就任式直前に一方的にイスラエルから出された「停戦」に、ハマスも一週間の軍撤退期限をつけて応じ、ガザの事態は最悪な状況を脱しました。しかし、その「停戦」後にも、農民が撃ち殺されたり(20日付)、イスラエル海軍の船から砲撃がなされ負傷者がでたり(21、22日付*)、けっして平穏だとは言える状況ではありません。撤退したといっても、イスラエル軍はガザとのボーダー付近にいて、小さな攻撃を繰り出し、いつでもまた同じことをできる態勢でいます。

*「砲撃の中、命がけの漁 ガザ沖合 負傷者も」(東京新聞)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009012302000234.html

先月末からの爆撃・侵攻で殺されたのは1360人という数字が出ていますが、毎日のように重体だった人が死亡し、また、瓦礫の下になったままだった遺体も発見されて、この数字はいまだに増加しています。21日付では、「あと200人が瓦礫の下にいる(Up to 200 still missing under Gaza’s rubble)」という記事も出ています(http://electronicintifada.net/v2/article10226.shtml *注 瓦礫の中から掌だけが出ているというショッキングな写真があります。苦手な方にはお薦めしません)。

TBSでは、瓦礫を取り除く重機などがなく、子どもが10人は埋まっているというのに、遺体を取り出すのはお手上げだという場所の動画を流していました。大人は諦めているようでしたが、そこで小さな子どもたちが何人も瓦礫を取り除こうとしている姿に胸が塞がりました。(すぐに見られなくなるかもしれませんが、以下で動画ニュースあり)

http://news.tbs.co.jp/20090122/newseye/tbs_newseye4044599.html

ガザで何が起こっていたかということは、断片的にたくさんの情報が出ているので、大手メディアの報道でもある程度わかります(ジャーナリストがガザに入れるようになり、たくさんのルポが出ました)。そのうち、新しいものを挙げておきます。

「ガザ、涙の大地 無抵抗の娘をイスラエル兵は射殺した」(毎日)

http://mainichi.jp/select/world/news/20090123dde001030016000c.html

街は瓦礫の野となり、多くの人が家を失い、社会的基盤も、わずかに残されていた経済的基盤も損なわれ、負傷者は十分な治療を受けられないなかで苦闘し(なかには命を落とす人も)、ガザの苦しみはいまだに続いています。経済封鎖もいまだに解かれていません。(1月24日)

> >◇また、爆撃が!

ガザのアブデルワーヘド教授からのメール(2月19日付)によると、18日にもガザに爆撃が行われたということです。

「昨夜、イスラエルの攻撃用ヘリコプターが私たちのいるテル・アル=ハワー地区の頭上を飛んでいた;ヘリは私たちの地区のどこかにミサイルを一発、発射した!さらに、ハーン・ユーニスとラファの二ヶ所がF16戦闘機の標的となった。さらに昨晩、ほとんど深夜だったが、F16がガザ市北部の3ヶ所を標的にして攻撃した!彼らが今、標的にしている場所の多くは戦争中に何度も攻撃されたところだ。つまり、彼らは、すでに破壊されたと場所を攻撃しているのだ!問題は、これらの攻撃は放送されていないということだ!ニュースでも報じられない。まるで、これが当たり前の日常行為になってしまったかのように!」

(「ガザへの攻撃は終わっていない!」訳:岡真理*ブラッシュアップ版はTUP速報で流されます)

この攻撃を行ったアパッチ攻撃ヘリやF16戦闘機はいったいどこから来るのでしょう?

 それらを地下トンネル経由で入手しようとしたら、どんなトンネルが必要になるでしょう? 米国人のキャシー・ケリーさんがイスラエルの使用する武器について、斬新な視点から書いています。

(ナブルス通信)

────────────────────────────────

> >◇イスラエルの兵器はどこから来るのか

「イスラエルの兵器がトンネル経由で運び込まれるとしたら」

キャシー・ケリー

エレクトロニック・インティファーダ

2009年2月12日

ガザからシカゴに戻って以来、私はこんな質問を受けつづけている。ガザの人たちはどうやってこの事態に対処しているの? 完全に包囲された状況であれだけの爆撃を受けて、精神的にもひどいトラウマを抱えているはずなのに、どうして自分を保っていられるの? 私自身、どうしてだろうと思う。ガザであれイスラエルの側であれ、愛する者を失った人たちが同じ痛みとつらさを味わっていることはわかっている。ボーダーのどちら側でも、恐ろしい悪夢の間じゅう、大人が一番心配しているのは子供たちのことだろう。大人は自分のパニックは抑えつけ、表では泣かず、見かけだけでも普通の生活を取り戻そうと必死に頑張っている。先行きの見えないつらい試練の日々を、子供たちが何とか乗り切っていってくれるようにと願いながら。

子供たちのほうも、お父さんお母さんの手助けをしたいと思っている。1月18日の朝、少なくとも前日までの激しい爆撃は一応おさまったように思えるラファで、私は、幼い子供たちが木切れを集め、防水シートに積み上げ、家に引きずっていくのを見ていた。みな、家の修復をする親たちの手伝いをするのがとても誇らしげな様子だった。以前、イラクでも、これとまったく同じ光景を見た。2003年、アメリカの「衝撃と畏怖」作戦ののち、イラクの子供たちは、爆撃された軍事基地に間に合わせの家を建てる親たちのために、せっせと煉瓦を集めていた。子供たちのこの回復力は、とりあえずはうれしいことだ。

爆撃を生き延びた子供たちは、熱を込めて再建に取り組む。幼い子供は、自分の命がどれほどの危険にさらされていたのかを理解していない。よその大人たちが再び爆弾を浴びせる準備をしていることもわかっていない。

私の横には、同じように、木切れ集めに一生懸命の子供たちを見つめている大人の男性がいた。その人が「ほら、見てごらん」と上空に目を向けた。イスラエルの無人哨戒機が頭上を飛んでいった。「私が木切れを拾って運んでいたら、ただの木切れを武器だと思われる可能性がある。そうなったら、私は標的になってしまう。だから、小さな子たちが木切れを集めているんだよ」

ハイテク無人機が情報を集め、さらに爆撃を加えるべきターゲットを決めるための「諜報活動」に勤しんでいる一方で、こちらでは、まだよちよち歩きと言っていい子供たちが木切れを集めている。爆撃で家はどこも半壊状態。夜の寒さをしのぐのと料理をするために木切れは欠かせない。イスラエルのガザ封鎖のおかげで、燃料はいっさいない。

ラファのボーダー検問所は今、再び閉鎖されている。食糧、燃料、水、建築資材、そのほか日々の暮らしに必要な物資を求める人たちは、そうした物品をエジプト側から運んでくるために、以前にも増して、大きなダメージを受けたトンネル網に頼らざるをえなくなっていくだろう。イスラエル政府はこう言っている。トンネルはハマースが武器を運び込むために使われる、武器は罪のない一般市民も殺すことができる、だから、イスラエル軍としては、これまでもずっとやってきたように、ボーダー沿いの一帯を爆撃する以外に方法はない、と。

アメリカの兵器メーカーがイスラエルに兵器を運び込むためにトンネルを使わなければならないとしたら、どうだろう。アメリカは、とてつもないトンネルを掘らなければならないことになる。ボーイング、レイセオン、ロッキード・マーティン、キャタピラーがイスラエルに提供している兵器はどれもとてつもなく大きいのだから。世界の七不思議に新たに加わるのは必至の超巨大サイズのトンネル、トンネルのグランド・キャニオン、時を超えて輝きわたるエンジニアリングの偉業。

このトンネルを通ってくる物のことを考えてみよう。

ボーイング社の製品をイスラエルに運び込む巨大地下トンネルは、飛行機の両翼が引っかからずに通れるだけの広さと、ミサイルを積んだトラックが問題なく通過できる頑強さを兼ね備えていなければならない。インディメディアUKのコーポレート・ウォッチの記事(2009年1月29日)によると、最新の時点でボーイング社からイスラエルに送られた製品には以下が含まれている。

* AH-64Dアパッチ・ロングボウ戦闘ヘリコプター:18機

* ボーイングF-15イーグル戦闘機:63機

* ボーイングF-16戦闘機:102機

* ボーイングAH-64アパッチ戦闘へリコプター:42機

* F-16ピース・マーブル2およびピース・マーブル3

* ボーイング777:4機

* アロー2迎撃ミサイル

* イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)社開発のアロー・ミサイルおよびボーイングAGM-114 Dロングボウ・ヘルファイア・ミサイル

昨年(2008年)9月に、合衆国政府は、ボーイングGBU-9小径爆弾1000個をイスラエルに売ることを承認している。この価格は7700万ドルに及ぶ。

今回、この爆弾の多くがガザに落とされたというわけだ。イスラエルが新たな爆弾をボーイング社から購入するとなれば、ボーイング社の株主たちは、さらなる売り上げ、さらなる儲けを期待することができる。たぶん、今後予定されている殺戮の在庫もたっぷりあるだろう。トンネルをきちんと維持管理することは、たいへん重要なものとなる。

年間収入が約200億ドルという、アメリカ最大の兵器メーカーのひとつ、レイセオン社も、イスラエルに兵器を供給している主要企業だ。昨年(2008年)9月、アメリカ国防安全保障協力局(US Defence Security Cooperation Agency)は、イスラエルのパトリオット・ミサイル・システムをアップグレードするためのレイセオン社製キットを、1億6400万ドルで売ることを承認した。レイセオン社もまた、バンカー・バスター爆弾、トマホークおよびパトリオット・ミサイルをイスラエルに運び込むために、この巨大地下トンネルを使うことになる。

ロッキード・マーティン社は歳入からすると世界最大の防衛関連受注企業で、2008年の売り上げは420億7000万ドルと報告されている。ロッキード・マーティン社の製品には、今回のガザ攻撃で使用されたヘルファイア精密誘導ミサイル・システムが含まれている。イスラエルはF-16ジェット戦闘機を350機保有しているが、この一部はロッキード・マーティン社から購入したものだ。これらが世界最大のトンネルを通って運ばれてくることを考えてみよう。

キャタピラー社もまた、こうしたトンネルの建造にひと役買うことになるだろう。資産総額が300億ドルを超える、この世界最大の建設(および破壊)機械メーカーは、建造物が密集する地域への侵攻の際に使うための特別仕様D9軍用ブルドーザーの製造でイスラエルと独占契約を結んでいる。合衆国政府はキャタピラー社のこの特注ブルドーザーを買い上げ、年次ごとの対外軍事援助パッケージの一部としてイスラエル軍に送っている。こうした販売はアメリカ武器輸出管理法(US Arms Export Control Act)の統括下にあり、この法律では、アメリカの軍事援助物資は「国内の治安」のためと「合法的な自衛」目的のみに使うこととされていて、一般人に対して使うことは禁じられている。

イスラエルは、入植地用のスペースを作るために、これらのD9軍用ブルドーザーでパレスチナの一般市民の家を次々に破壊してきた。住んでいる人たちが家の中にいるまま押しつぶすこともしょっちゅうだ。2003年に、パレスチナ人の医師の家が押しつぶされるのを防ごうと家の前に立っていたアメリカ人の平和活動家レイチェル・コリーを轢き殺したのも、このキャタピラー社製D9軍用ブルドーザーだった。

現実には、アメリカ製の兵器をイスラエルに運び込むトンネルは存在しない。しかし、アメリカの兵器移送の実態、アメリカがイスラエルの戦争犯罪の共犯者であることは、多くのアメリカ市民の目にはまったく見えないものとなっている。

イスラエルの兵器の提供源として、アメリカはトップの位置にある。もう30年にわたって、イスラエルはアメリカの対外支援の最大の被供与者であり、 1985年以降、イスラエルは毎年およそ30億ドルの軍事・経済援助金をアメリカから受け取っている。

(”US and Israel UP in Arms”、Frida Berrigan, Fpreign Policy in Focus,

17 January 2009)

多くのアメリカ人には、この事実が見えていない。この大量の兵器輸出、そしてそれが、私たちにとって、ガザとイスラエルの子供たちにとって、世界中の子供たちにとって何を意味しているのかということも、アメリカ人のほとんどがわかっていない。

そして、当然、ガザの人たちは、私たちにこう問う権利がある。そんな事態にどう対処しているの? どうしてそんなことをそのまま続けていられるの? あなたたちの税金が私たちを殺しているのに、のんびりと座って事態を眺めていられるのはどうして? ライフルや銃弾や手作りのロケット弾をガザに送り込むのが間違っているとしたら、それなら、私たちに向けて使われている大量の武器弾薬、この3週間の間に400人以上のパレスチナの子供を殺し、何千人という子供たちに手足を失うような怪我をさせた兵器をイスラエルに送るのも、同じように間違っているんじゃないの?

でも、ガザの晴れ渡った空のもと、地下に狭いトンネルが走っているラファの瓦礫の前に立って、空爆のターゲットを伝えるべく飛び交っている機械じかけのスパイの群の音を耳にしている私──アメリカ人である私に、こうした厳しい問いを投げかける人はひとりもいなかった。一緒にいた男性は小さな掘っ建て小屋を指差した。そこではゴミ用のブリキ缶で火が焚かれていた。さあ、中に入って、温まって、お茶を飲んでと、みんなが私に言ってくれた。

キャシー・ケリー:Voices for Creative Nonviolence(www.vcnv.org)のコーディネーター。昨年暮からのガザ攻撃の間、エジプトのラファのボーダー近くに滞在し、多くのレポートを書いている。

原文:If Israel’s weapons came through a tunnel

Kathy Kelly writing from Chicago, the United States, Live from Palestine,

12 February 2009

http://electronicintifada.net/v2/article10303.shtml

翻訳:山田和子

*この文章は以下に掲載されている。参考リンクはそちらから。

http://palestine-heiwa.org/news/200902170152.htm

────────────────────────────────

> >◇Information1

パレスチナ関連の催しは活発に各地で行われています。

ぜひ、「アル・ガド」からお探しください。

http://d.hatena.ne.jp/al-ghad/

────────────────────────────────

> >◇Information2

イスラエルのリクリス監督による「シリアの花嫁」が21日より東京・岩波ホールで上映開始。

この映画の原型になったドキュメンタリーについては、以下に紹介がある。

http://0000000000.net/p-navi/info/column/200503300553.htm

また、大阪のシネ・ヌーヴォでは、広河隆一監督「パレスチナ1948・NAKBA(ナクバ)」を上映中(27日まで)。また、シネ・ヌーヴォXでは、21日~27日メイ・マスリ監督「シャティーラキャンプの子どもたち」を上映。

────────────────────────────────

> >◇P-navi info 

[ボチボチ更新中。編集者ビーのblog。速報、インフォ、コラム]

http://0000000000.net/p-navi/info/

村上春樹氏、エルサレム賞受賞関連

・「拝啓 村上春樹さま――エルサレム賞の受賞について」(公開書簡)

http://0000000000.net/p-navi/info/column/200901271425.htm

・村上春樹エルサレム賞受賞スピーチ (全文訳へのリンクあり)

http://0000000000.net/p-navi/info/column/200902180109.htm

────────────────────────────────

────────────────────────────────

(編集責任:ナブルス通信 )http://www.onweb.to/palestine/

 わたしたち1人1人は1個の卵

ハルキ、見直した。

村上春樹さんにイスラエル文学賞、スピーチでガザ攻撃批判

http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2572390/3808317

【2月16日 AFP】作家の村上春樹(Haruki Murakami)さん(60)が15日、イスラエル最高の文学賞「エルサレム賞(Jerusalem Prize)」の授賞式で記念講演し、イスラエルによるパレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)への攻撃を批判し、「欠席して何も言わないよりも、ここへ来て話すことを選んだ」と述べた。

現地英字紙エルサレム・ポスト(Jerusalem Post)によると、スピーチに立った村上さんは、ガザ地区に対する攻撃を理由に、日本国内で受賞や式への出席辞退を求める声があったことを紹介。「イスラエルを訪れることが適当なことかどうか、一方を支持することにならないかと悩んだ」と明かした。そして考えた結果「作家は自分の目で見ていないこと、自分の手で触れていないものは信じることができない。だからわたしは自分で見ることを選んだ。何も言わないよりも、ここへ来て話すことを選んだ」と述べた。

また人間を壊れやすい卵、制度を壁にたとえ「固い、高い壁があり、それに1個の卵がぶつかって壊れるとき、どんなに壁が正しくても、どんなに卵が間違っていても、わたしは卵の側に立つ。なぜならば、わたしたち1人1人は1個の卵であり、ひとつしか存在しない、壊れやすい殻に入った精神だからだ。わたしたちが立ち向かっているのは高い壁であり、その壁とは制度だ」と語った。

授賞式は15日夜、エルサレム(Jerusalem)で開幕した国際ブックフェアのオープニングで行われ、ノーベル平和賞受賞者のシモン・ペレス(Shimon Peres)大統領から村上さんに贈られた。「社会における個人の自由」に貢献した文学者に贈られる賞で、賞金額は1万ドル(約90万円)。(c)AFP