「アフガン」カテゴリーアーカイブ

こっそり

オバマがこっそりアフガンに増派したそうである。

これからは、こっそりが続きそうな気配である。(笑)

就任前からの予想どおり、戦争拡大必至ですな。

f:id:takapapa:20090123173704j:image

『はっきり言います。アメリカはイスラエルの安全にコミットします。脅威に対するイスラエルの自衛権を支持します。色が黒いから味方だと思ったら大間違いです。(ワラ』

追記ですが、ペンタゴンは

「あれはこっそりではなく、今年初めに大統領が承認したアフガン増派に含まれるものだ」

と言っております。

物は言い様である。

それにしても、

大統領は戦争がお好き

というのがこの国の定説らしい。

オバマ大統領に、アフガニスタンからの撤退を求めるメールを!

転送・転載歓迎。

寺尾です。

朝日9月4日朝刊によると、アフガン駐留米軍司令官のマクリスタル将軍が「戦況評価報告」でアフガニスタン戦略の見直しを示唆したのを受けて、ゲーツ米国防長官が米軍のさらなる増派を検討している、とのことです。

http://www.asahi.com/international/update/0904/TKY200909040073.html

アフガニスタンでの米兵の戦死者が増えていますが、何よりもアフガニスタンの民間人の犠牲が急増しています。4日には空爆によってアフガニスタンの市民ら90人以上が死亡、と朝日9月5日朝刊が報じています(asahi.comにはまだ記事が出ていません)。

来週にもオバマ大統領がアフガニスタン戦争を今後どうするか検討するという緊迫した情勢に対応して、アメリカの Voters for Peace がアフガン戦争に反対し米軍の即時撤退を求めるメールをオバマ大統領にいそいで送ろう、と呼びかけています。

以下のサイトから誰でもメールを送ることができます。

http://salsa.democracyinaction.org/dia/track.jsp?v=2&c=P2hDJTwAZT5SIaVD81NX2YmgelSIRQ47

右側の上から半角ローマ字で記入。

First Name*(名)

Last Name*(姓)

Email*(メールアドレス)

Street*(町)

Street 2(丁目、番地、他)←書かなくてもよい

City*(市)

State/Province*(州を選択)←チェックをクリックして

一番下の Other を選択

Zip/Postal Code*(郵便番号)←半角数字で

*印は必ず記入。

左の手紙の下の Send My Message!(メッセージを送れ)を

クリックしておしまいです。

手紙の内容は、以下の通りです。

========= ここから ========

I Oppose the Afghanistan War

私はアフガニスタン戦争に反対します。

Dear President Obama:

オバマ大統領 様

I understand that General Stanley McChrystal has conducted a review of the situation in Afghanistan and is urging an escalation on all fronts.

私の理解では、スタンレイ・マクリスタル将軍がアフガニスタンでの戦況見直しを行い、すべての前線で作戦をエスカレートするよう強く求めています。

Please do not take his advice. Escalation will put the United States deeper into a war-quagmire that will be

difficult to escape. The time is now for the reversal of policy that will bring U.S. troops home now.

どうかマクリスタル将軍の助言を受け入れないでください。作戦拡大は抜け出すことの困難な戦争の泥沼に合州国を深く突き入れることになるでしょう。今こそ米軍を即時帰還させるよう政策転換する時です。

A majority of Americans oppose the war. This is coming from all segments of the American population. Even commentators who generally support military action, like George Will, are saying it is time to get out. As he points out “The war already is nearly 50 percent longer than the combined U.S. involvements in two world wars.” These years of war demonstrate the failure of military action as a strategy in Afghanistan.

アメリカ人の過半数がこの戦争に反対しています。国民のすべての階層でそうなっています。ジョージ・ウィルのようないつもは軍事行動を支持している評論家たちさえ、抜け出す時だと言っています。ウィルが指摘しているように、「この戦争は二つの世界大戦に参加していた期間の合計よりも約50%長くなっています」。戦争がこのような年月続いたことが、アフガニスタン戦略として行った軍事行動の失敗を実証しています。

The United States cannot afford to keep borrowing money to fight this unnecessary war. The U.S. military is exhausted. U.S. troops are overtaxed and do not have the energy to fight this war. There is no one who can guarantee that adding tens of thousands of more troops will ensure victory in Afghanistan. Even General McChrystal cannot make that promise. Please do not command more lives and treasure to this mistaken war.

アメリカ合州国は必要のないこの戦争を遂行するためのお金を借り続ける余裕はありません。米軍は疲れ果てています。米兵たちは酷使され、この戦争を戦うエネルギーを持っていません。更に数万の兵士を追加すれば確実にアフガニスタンで勝利する、ということを保証できるものは誰もいません。マクリスタル将軍さえそんな約束はできません。間違ったこの戦争にこれ以上命と富を勝手に使わないでください。

Americans oppose the Afghanistan war for many reasons. But, at the root of the opposition, is the question: “What are we fighting for?” Frankly, this war makes no sense. Al Qaeda is no longer even in Afghanistan. When the United States kills civilians it creates more enemies and undermines U.S. security. Every day the U.S. stays in Afghanistan is counterproductive to national security.

アメリカ人は多くの理由からアフガニスタン戦争に反対しています。ですが、この反対の根源はこの疑問「私たちは何のために戦っているのか?」です。率直に言って、この戦争は無意味です。アルカイダはもうアフガニスタンに残ってもいません。アメリカ合州国が民間人を殺す時、ますます多くの敵を作りアメリカの安全を損なっています。アメリカがアフガニスタンに居座る毎日が、国の安全にとって逆効果になっています。

Please re-think the Afghan war policy and bring U.S. troops home now.

どうかアフガン戦争政策を考え直し、米軍を今すぐ連れ帰ってください。

Sincerely,

敬具。

(翻訳:寺尾光身)

 オバマがアフガンに米軍増派するそうです.

US to boost troops in Afghanistan

http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/7895951.stm

President Barack Obama has authorised the deployment of up to 17,000 extra US troops to Afghanistan, saying they are to “meet urgent security needs”.

Two brigades – one army and one marine – are to be sent, Mr Obama said in a statement released by the White House.

This first major troop deployment under Mr Obama comes as his administration reviews US policy in Afghanistan.

He has vowed to focus US military efforts on fighting the Taleban in Afghanistan, rather than on Iraq.

The additional troops to be sent to Afghanistan had originally been scheduled to go to Iraq.

“The fact that we are going to responsibly drawdown our forces in Iraq allows us the flexibility to increase our presence in Afghanistan,” Mr Obama said.

A senior White House official was quoted by Reuters as saying that a decision on cutting US troop levels in Iraq would be taken within “weeks”.

During his election campaign Mr Obama promised to withdraw US combat troops from Iraq within 16 months after becoming president.

‘Strategic attention’

The additional troops are to be sent before warmer weather brings an expected increase in fighting in Afghanistan, US defence officials said.

US President Barack Obama

I recognise the extraordinary strain that this deployment places on our troops

US President Barack Obama

Obama’s new Afghan strategy

The deployment will be made up of 8,000 marines, and 4,000 army soldiers, plus another 5,000 support staff. They will serve in the south of Afghanistan, where the violence has been worst.

“The 2nd Marine Expeditionary Brigade from Camp Lejeune, North Carolina, with approximately 8,000 marines will deploy to Afghanistan in late spring 2009,” said a statement from the Pentagon.

“The 5th Stryker Brigade, 2nd Infantry Division from Ft Lewis, Washington, will deploy approximately 4,000 soldiers to Afghanistan in mid-summer 2009.

“Approximately 5,000 additional troops to support these combat forces will receive deployment orders at a later date.”

The US already has about 14,000 troops serving with a Nato-led mission. There are also 19,000 US troops under sole US command charged with fighting Taleban and al-Qaeda insurgents.

US commanders in Afghanistan have requested 30,000 additional troops.

‘Extraordinary strain’

The increase “is necessary to stabilise a deteriorating situation in Afghanistan”, Mr Obama said.

“The Taleban is resurgent in Afghanistan, and al-Qaeda supports the insurgency and threatens America from its safe-haven along the Pakistani border,” he said.

Afghanistan, he said, “has not received the strategic attention, direction and resources it urgently requires”.

“I recognise the extraordinary strain that this deployment places on our troops and military families,” the president said.

The announcement came after the UN said that the number of civilians killed in the conflict in Afghanistan rose by 39% last year.

Militants were to blame for 55% of the 2,118 civilian deaths, while US, Nato and Afghan forces were responsible for 39%, according to the UN report – the highest number since the Taleban were ousted in 2001.

また,多くの貧乏な若者が地獄に追いやられるのですね.勝ち目もないのに.

 危ういなあ

オバマ氏の大統領就任式にアフガニスタンのカルザイ大統領は招待されませんでしたが,将軍は招待されておりました.

このことはほとんど報道されていないようですが,地元のブログを読んでみますと,オバマ大統領は傀儡政権の政権交代を考えているのではないか,との意見が見受けられます.

で,頭に来たカルザイくんは,西側諸国がもっと軍事援助をしないなら他国とも手を結ぶ考えだと表明しておりました.

その他国がどことは言いませんでしたが,中国やロシアを指すものと思われます.

一方,相変わらずパキスタンあたりに誤爆を続ける米軍は相当消耗しているらしく,もうあっちもこっちも行き届きませんで,米国の武器がタリバンや或快打あたりに大量に横流しされているようです.

ずさんな管理で大量の武器が行方不明、武装勢力にわたった恐れも アフガニスタン

http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2571232/3788713

【2月13日 AFP】米議会の独立監査機関、米政府監査院(Government Accountability Office、GAO)は12日、米国がアフガニスタンに提供した突撃ライフルやグレネード・ランチャーなどの武器のうち約8万7000点の行方が分からなくなっていると発表した。ずさんな管理体制が原因で、イスラム原理主義組織タリバン(Taliban)や国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)の手にわたった恐れもあると警告している。

GAOによれば米国防総省は、2004年12月から08年6月までに米政府がアフガニスタンの治安部隊に提供した武器24万2000点のうち、約3分の1にあたる8万7000点の武器の所在を把握していないという。

また、北大西洋条約機構(NATO)軍が、給与の支払いがきちんとしておらず汚職の温床となっているアフガニスタンの軍や警察に提供した13万5000点の武器については、監視が全く行われていなかった。

国防総省のブライアン・ホイットマン(Bryan Whitman)報道官は、GAOの報告書の提案に従い、米国とNATOが提供した武器の製造番号と在庫を追跡管理する方針で作業を開始したと述べた。

■ずさんな武器管理

GAOによると、米軍は人員不足のため、提供した武器の製造番号による管理や、保管状況の実地調査を怠っていたという。アフガニスタン側の問題としては、汚職や識字率の低さが武器管理の主な障害になっていた。

武器庫の警備状況もお粗末で、GAOの監査員が実施調査したアフガニスタン北部の警察署の武器庫には、木製の扉と小さな南京錠が設置されていただけだった。

また、首都カブール(Kabul)にあるアフガニスタン軍の中央武器庫を調査したGAOの監査員は「任務中に居眠りをする警備員や、配置場所から姿を消す警備員ら」を発見した。その後米軍が監査したところ、武器庫から拳銃47丁が盗まれていたことが判明したという。(c)AFP/Jitendra Joshi

関連ニュースタイトルもついでにコピペ.

o シーア派巡礼者狙った自爆攻撃、32人が死亡 イラク

o ずさんな管理で大量の武器が行方不明、武装勢力にわたった恐れも アフガニスタン

o カブールで連続攻撃、19人死亡 タリバン犯行認める

o 米軍兵士の肥満急増、03年の2倍に

o 「アフガニスタン情勢はイラクよりも厳しい」、ホルブルック米特別代表

o タリバン傘下組織が人質の殺害ビデオ公開、パキスタン

o 米軍、商業輸送網の活用を検討 アフガン物資輸送で

o 英国軍、最前線の兵士に新メニュー支給へ

米軍兵士の肥満がかなり気になるところです.(笑)

米国としてはアフガニスタンが上海協力機構あたりと接近しても困るし,勢いを盛り返しているタリバンとの泥沼戦争も困るわけで(終わることはないと思うが),いやが上にもロシアとの協力関係を強めざるを得ない.

私としては,アフガニスタンの周囲を取り巻く,中国,ロシア,インド,パキスタン,イラン等の上海協力機構とがっちりスクラム組むのが一番いいと思うのだが.英米の覇権主義を封じ込め,核保有国であるこれらの国々が安定した関係を築くことがアジアにとって最も望ましいのではないか.

ま,どう転んでも米国が得することは今後何も起こらないと思うわ.ちゅーか,さっさとちょっかい出すのを止めないともっと酷いことになるに違いない.

いずれにしても嘘八百で占領されたアフガニスタン,半ば脅迫で協力させられているパキスタン,大国に翻弄されるこの両国が一等気の毒である.

いかなる戦争にも大義はない↓

d(゜ー゜*)!d(゜ー゜*)!d(゜ー゜*)!

きな臭い話は嫌い↓

(;つД`)(;つД`)(;つД`)

 やっちまったなー

アフガニスタンとイラクで敗北の色濃い米国は、手当たり次第の「誤爆」を繰り返しています。しかも、最近は越境してシリアやパキスタンにまで「誤爆」して隣国をカンボジア化しようとしているところを見ますと、どうやら泥沼も極限に来ているのではないでしょうか。

Wedding strike kills 40 guests

From correspondents in Wocha Bakhta, Afghanistan | November 06, 2008

http://www.theaustralian.news.com.au/story/0,25197,24610087-12335,00.html

f:id:takapapa:20081107113439j:image

WEEPING Afghan villagers said today that a wedding party was turned into a bloodbath when foreign troops unleashed a massive attack thinking they were targeting insurgents.


D

Residents of Wocha Bakhta village, 80km north of the southern city of Kandahar, said 36 people were killed and others wounded in hours of fighting yesterday.

President Hamid Karzai later released a statement saying about 40 were dead, including women and children.

The US military acknowledged there were casualties and said it was investigating.

Villagers said that a wedding lunch had just ended and the bride was preparing to say farewell to her family when someone, believed to be a Taliban insurgent, fired at international troops who were on a nearby hill.

The soldiers returned fire into the village and called for air support, said a man who gave his name as Abdul Jalil and said he was a cousin of the wounded bride.

“They surrounded the village. From 2pm until 12 at night they kept the village under fire from helicopters, jet fighters and troops on the ground,” Mr Jalil said.

The father of the bride, Roozbeen Khan, said he had lost six relatives.

先だってもこんな「誤爆」がありました。


D


D

犠牲者です。

The Afghan Victim Memorial

結婚式を集中的に攻撃しているんですか?

まー、しっちゃかめっちゃかです。

日本の海自も民間漁船を撃沈しましたが、最大の戦果は非武装の民間人を相手にしたときに発揮されるようです。

確かシリアの「誤爆」でも米国は或快打の組織を狙ったと言っておりましたけども、どうやら民間人もテロリストも区別なしに攻撃しているように思えてなりません。

テロリストは色が浅黒い、とかそんな理由で標的を選んでいるのでしょうか。

米国とイスラエルの「やっちまったなー」事件はあまり大きく報道されませんので、注意深く見ていかなければなりません。

こんなことは特別な事件ではなく、毎日起こっていることです。

誤爆に次ぐ誤爆、誤爆、誤爆: アフガニスタン:一千万個の地雷の埋まる国

LunaticEclipse-Afghanistan’s Page! | Veoh

War Victims Monitor

ペシャワール会中村哲氏の外交防衛委員会参考人意見

第170回国会 外交防衛委員会 第4号
平成二十年十一月五日(水曜日)
午後一時一分開会
─────────────
出席者は左のとおり。
委員長         北澤 俊美君
理 事
浅尾慶一郎君
犬塚 直史君
藤田 幸久君
浅野 勝人君
木村  仁君
委 員
喜納 昌吉君
佐藤 公治君
徳永 久志君
白  眞勲君
牧山ひろえ君
柳田  稔君
岸  信夫君
小池 正勝君
佐藤 正久君
橋本 聖子君
山本 一太君
浜田 昌良君
山本 博司君
井上 哲士君
山内 徳信君
事務局側
常任委員会専門
員        堀田 光明君
参考人
ペシャワール会
現地代表     中村  哲君
独立行政法人国
際協力機構広報
室長       力石 寿郎君
─────────────
本日の会議に付した案件
○テロ対策海上阻止活動に対する補給支援活動の
実施に関する特別措置法の一部を改正する法律
案(内閣提出、衆議院送付)
─────────────
○委員長(北澤俊美君) ただいまから外交防衛委員会を開会をいたします。
テロ対策海上阻止活動に対する補給支援活動の実施に関する特別措置法の一部を改正する法律案を議題といたします。
本日は、参考人として、ペシャワール会現地代表中村哲君及び独立行政法人国際協力機構広報室長力石寿郎君に御出席をいただいております。
この際、参考人の方々に対し、本委員会を代表いたしまして一言ごあいさつを申し上げます。
本日は、大変御多用の中にもかかわりませず本委員会に御出席をいただきまして、誠にありがとうございます。特に中村参考人は、遠路、長時間を掛けての御出席を御快諾をいただきまして、誠にありがとうございました。
皆様から忌憚のない御意見を拝聴して、今後の審査の参考にしてまいりたいと存じておりますので、本日はよろしくお願いをいたします。
議事の進め方について申し上げます。
まず、中村参考人、力石参考人の順にお一人二十分程度で順次御意見をお述べいただき、その後、委員からの質疑にお答えをいただきたいと存じます。
御発言の際は、その都度、挙手の上、委員長の許可を得ることになっておりますので、御承知おきをいただきたいと思います。
また、参考人、質疑者とも発言は着席のままで結構でございます。
それでは、まず中村参考人にお願いをいたします。中村参考人。
○参考人(中村哲君) 中村です。
ペシャワール会現地代表として発言を許していただきたいと思います。
私は、実はおとといまでジャララバード北部にあります干ばつ地帯の作業現場で土木作業をやっておりました。なぜそうなのか。今日の議題と一見関係ないよ うですけれども、実はアフガニスタンを襲っているのは、最も脅威なのは大干ばつでありまして、今年の冬、生きて冬を越せる人がどれぐらいいるのか。恐らく 数十万人は生きて冬を越せないだろうという状況の中で、私たちは、一人でも二人でも命を救おうということで力を尽くしております。そのために用水路の建 設、これは冬が勝負のしどころでありまして、何とか完成しようということで力を尽くしておるわけであります。
繰り返しますけれども、アフガニスタンにとって現在最も脅威なのは、みんなが食べていけないということであります。
続きを読む ペシャワール会中村哲氏の外交防衛委員会参考人意見

 カッチカチやぞー

しかし,まー,あれです.

全仏オープンの後,ユーロ2008,ウインブルドン,と続きまして睡眠時間が限りなくゼロに近いこの1ヶ月だったのですが,ウインブルドンの決勝は午後10時から見始めて終わったのが午前5時過ぎという記録的な長時間に及びました.もちろん7時間ぶっ続けで試合をしていたわけではなく,雨による途中中断もありましたけど,試合時間だけでも4時間半を超える死闘となりまして,これはグランドスラム始まって以来の最長試合ということらしいです.

王者フェデラーの6連覇をかけた戦いだったのですが,残念ながらフルセットの末万年2位のナダルが全仏に続いて優勝しました.思わず笑い出したくなるほどコミカルな「カッチカチやでー」マッチョに肉体改造したナダルが王者を破ったわけで,プレースタイルも見た目も私の好みとする選手ではないのですが,とにかく最高に鍛え上げられた両者の肉体と精神力のぶつかり合いに讃辞を送りたいと思います.

ところで,今回のウインブルドンでは中国のチェン・ジェ(鄭潔)が大活躍でアジア人としては伊達公子以来のベスト4入りを果たしましたですね.WOWOWではチェン・ジェと名前を発音していたのですが,某詐欺放送局NHKでは,相変わらず中国人の名前は日本語読みで「ていけつ」って読んでました.

いつも気になって仕方がないのです.たとえ心の中ではチャンコロとか思っていても,公共放送なのですから人の名前くらいちゃんと正式な発音を使えないものでしょうか.

さて,いよいよ我が軍をアフガンに派遣する動きが活発化しておりまして,おばはんのブログでも不穏な動きについて書かれておられます.日本が参戦すれば日本人の民間人も標的になると危惧されておいでです.

自衛隊のアフガン派兵反対!!! – オバハンからの気まぐれブログ – Yahoo!ブログ

先頃,アフガンで長年医療活動を続けてこられたペシャワールの会の中村哲先生が非武装こそ私たちの活動を支え続けていると語られています.

ペシャワール会中村医師「丸腰だから現地の人に伝わるものがある」

渡辺容子2008/06/05

http://www.news.janjan.jp/world/0806/0806048723/1.php

パキスタンで医療や土木活動に取り組む「ペシャワール会」中村哲氏の講演が東京であった。「私たちの活動は丸腰だから現地の人に伝わる。平和とは武器によって作り出すものではなく、水と緑によって人々の生活を保障すること。ものがないアフガンだが、日本に比べ子どもたちの笑顔はすばらしい」と中村氏が信念を語った。

アフガニスタン NPO・NGO NA_テーマ2

5月29日、東京・小平市の「ルネこだいら」で「九条の会・小平三周年のつどい」として、「ペシャワール会」中村哲氏の講演がありました。「1週間前まで土木作業現場におりました。医師がなぜ土木工事をやらなければならないのか、憲法9条とアフガンと土木工事の関係は? ということを24年間現地でやって、見てきたことを紹介します」と写真を見せながら、中村医師は語り始めました。(以下に「私」とあるのは、中村医師のことです。)

アフガンとはどんな国?

ペシャワールはパキスタン北部にある町の名前です。アフガン東部とパキスタン北西部には同じ民族が住んでいて、事実上国境はありません。

アフガンについてお話しします。面積は日本の1.7倍、人口は約3,000万人で、ヒマラヤから連続した標高6,000m~7,000mの世界の屋根ヒンズークシ山脈のある山の国です。

アフガンの人たちがなぜ食って行けるかというと、その山の雪があるからです。氷河が溶け出し、豊かな緑を作り出すのです。保守的な農業国で、谷が深く、容易に行き来できず、30以上の言葉があり、谷ごとに違った民族・部族が住み、自治を守っています。

政府はありますが、戦国時代の京都のようなもので、みんな「うちには影響ない」という感じなのです。ほぼ100%の人が最も保守的、古典的なイスラム教徒です。米軍が攻めてきたらどうするかも各地域で決めるという完全な自治を持っており、イスラム教は個人的な宗教ではなく、地域を束ね、社会を結ぶきずななのです。

干ばつで貧富の差がますます激しくなり、病気になると(治療を受けに)簡単にロンドンや東京に飛んでいく人がいる一方、99.99%の人は数百円がなくて死んでいきます。だからいかに少ない金で多くの人を救えるかが求められています。

日本人は不撓不屈?!

私は1984年5月、ハンセン病コントロール5カ年計画で入りましたが、ハンセン病だけ診ているのでは成り立ちませんでした。というのは、ハンセン病のあるところにはあらゆる感染症があるからです。ハンセン病は貧しい山の中に多く、パキスタンから無数にある間道を抜けてアフガンに入り、アフガン山村部の医療確立をめざしました。

当時で1週間以上歩いていくような村が普通にあります。外国人が来たのは初めてで、村長が知っていた外国が唯一フランスだったので「フランス人か?」と聞かれたこともあります。日本人というとそれだけで、みんな協力的になりました。

現地の人が日本について連想するのは、日露戦争とヒロシマ・ナガサキです。あの廃墟から技術立国で繁栄し、一度も海外に出兵したことがないという美しい誤解を抱いているのです。100年前、アジアは日本、アフガン、タイ以外はヨーロッパに支配されており、ロシアを撃退したことがアジアの人にとって励ましになっています。不撓不屈だという誤解です。今は、強いアメリカにペコペコし、化けの皮がはがれつつありますね。

世紀の大干ばつで数か月の間に砂漠化

1979年12月から1989年までなんと10年間も、ソ連侵攻によるアフガン戦争がありました。死者は200万人以上で、アフガンの10人に1人の割合です。600万人が難民となり、300万人がペシャワールに来ました。あれから私は評論家を信じなくなりました。評論家は「ソ連はアフガンを手放さない」と言っていたのに、ソ連は完全撤退したからです。1992年4月に共産政権が倒れました。

タリバン政権の初期にはアメリカがテコ入れしていました。1万数千名のタリバン兵で95%の国土が統一されました。そこに世紀の大干ばつがあり、わずか数カ月の間に1木1草生えない砂漠になってしまいました。

WHOは2005年5月、ユーラシア中央部の大干ばつは人類が体験したことのないもので、アフガンでは1,200万人が被災し、100万人が餓死線上だとしました。犠牲者の大半は子どもです。栄養失調の上、汚い水を飲んで赤痢、下痢、脱水状態で亡くなっていきます。

若い母親が何日もかけて子どもを連れてきますが、待っている間に死んでいくということが普通に見られたのです。清潔な飲料水と食べ物がありさえすれば病気にはかからずに済むので、医療より先に「生きること」そのもののために、井戸掘りと灌漑用水(カレーズ)作りに力を注ぐことになりました。

2007年から干上がった井戸を再生する作業を始めました。2008年5月現在、井戸は1,500ヶ所となり、数10ヶ村、40数万人が村を離れずに済んでいます。飲み水があるだけだと父親は働きに出なければならないので、農地で農産物を作るため、灌漑用水に力を注ぐようになりました。これは診療所前ですが、砂漠だったところが7ヶ月後に緑になりました。小麦です。うわさを聞いて人々が帰ってきています。

9・11後の無差別報復爆撃で数万人が死亡

2001年1月に国連による制裁がありました。理由は2000年10月に米軍の駆逐艦を自爆攻撃で大破させたアルカイダをアフガン政府がかばったからというのです。しかしタリバンといっても、その地域の価値観を代表する人たちにすぎず、餓死者が100万人以上出ているのに、その上経済制裁までされ、アフガンの人々は外国人不信となっています。ブッシュは世界には2つの立場しかないとして、報復爆撃を行いました。私がアフガンに必要なのはパンと水だと言ったら、中村はタリバンの味方だと脅迫されました。

あの時、世界中が何かに取りつかれていたと思います。戦争の実態が忘れ去られ、ゲーム感覚になっていました。攻撃する側の映像のみが流され、攻撃される側の映像はありませんでした。米軍の1撃で何百人死んだということを、日本人は想像もしなかったでしょう。

しかし、わずか数カ月で6億円の募金が集まりました。アフガン人20人の配給部隊に輸送してもらい、食糧1,800tをカブール市民15万人に届けました。20人を3つに分け、1つやられても残りを届けようとしました。アフガン人というのは同胞のためには命を顧みない勇敢な人々なのです。ピンポイント爆撃でテロリストだけをやっつけると言いますが、実際は無差別爆撃で数万人が死亡しました。

数が問題なのではありません。ニューヨークで亡くなった2千数百名には世界中から悼みの声があがったにもかかわらず、アフガンの犠牲者数万人には悼みの声がない。あまりに想像力に欠けていると思います。

「絶対の正義と自由の国」アメリカによってタリバンは打倒され、ブルカを脱ぎ棄てて喜ぶ女性の映像が繰り返し流されましたが、今は日本人の記憶の中から忘れ去られています。その後、どうなったか? ケシ畑が復活し、世界中の非合法の麻薬の93%をアフガンで作るようになりました。女性の売春の自由、乞食をする自由、餓死する自由が認められました。

丸腰だから現地の人に伝わるものがある

我々は乾燥に強い作付けを工夫し、サツマイモを作っています。同じ面積で米の5倍のカロリーが摂れます。最近サツマイモが盗まれるようになったので、サツマイモは茎でも増えるといううわさを流したら、茎を折っていくようになりました。地球温暖化が続く限り、干ばつはなくならないでしょう。山々の雪線(万年雪の最下線)が上昇しています。雪がどっと溶けると洪水になります。

農業用に無数のため池を作り、クナール川から用水路を引いています。コンクリートで固めると洪水が増え、水が汚くなるので、「蛇籠(じゃかご)」と言って、針金の籠に石を入れ、それを積み重ねて水路を作っています。蛇籠に柳を植えれば、根がびっしりと張って、針金が切れても根っこが支えるのです。これなら現地の人でも修繕できます。

水の取入口は九州の山田堰をモデルにしました。江戸時代から明治時代の人々の知恵というものはすごいものです。今までに300tのワイヤーで2mの蛇籠を16,000個作り、灌漑用水路32kmを完成させました。砂漠化から17年目に水が来て、3,000haの土地が潤いました。

ペシャワール会が灌漑用水を作っているすぐ脇で、トルコ軍が道路を作っていたら、何人も(トルコ兵)が誘拐されました。その後インドに変わったが、(インド兵の)誘拐は続いています。ペシャワール会は丸腰で現地のために本気でやっています。(被害を受けないのは)何か伝わるものがあるのです。銃剣に守られた復興支援はありえないのです。

平和とは武器によって作り出すものではなく、水と緑によって人々の生活を保障することです。3度3度ご飯が食べられること、家族が一緒に暮らせること、それ以上を望む人はいません。日本に帰ってくると人々の表情が暗いですね。人間、物を持てば持つほど顔が暗くなるんですね。アフガンの子どもたちは生きることさえ大変だが、笑顔はすばらしい。日本の子どもはどうですか?

私も初めのころ、思い上がった気持ちがなかったわけではありませんが、「情けは人のためならず」で、この仕事で助かってきたのは自分だと思います。人間にとって最後の最後まで必要なものはなんでしょうか? 日本のみなさんに考えていただきたいと思います。

◇ ◇ ◇

関連記事:

・中村哲医師(「ペシャワール会」)「アフガンはテロの巣窟ではない」2008/06/05

http://www.news.janjan.jp/world/0805/0805298282/1.php

・【NGOが問う】イラク戦争5年の中東の現場は2008/04/14

http://www.news.janjan.jp/world/0804/0804094527/1.php

・アフガニスタン:大寒波で一部地域が孤立状態2008/02/10

http://www.news.janjan.jp/world/0802/0802090461/1.php

・なぜ続くアフガン紛争(2)「夜間単独」は自殺行為2008/01/03

http://www.news.janjan.jp/world/0801/0801028332/1.php

・「自衛隊をアフガンに送らないで」NGO 国会議員に要請2007/11/28

http://www.news.janjan.jp/world/0711/0711276357/1.php

・【NGOが問う】アフガンでの対テロ戦争を見直せ~谷山博史JVC代表2007/10/17

http://www.news.janjan.jp/world/0710/0710154028/1.php

・ペシャワールの会が語る「丸腰の強さ」2005/11/22

http://www.news.janjan.jp/living/0511/0511185314/1.php

陸自派遣なら邦人撤退 ペシャワール会アフガン支援 現地活動停止も

2008年6月8日 00:03 カテゴリー:社会 九州・山口 > 福岡

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/27361

パキスタンとアフガニスタン両国で長年難民支援に取り組む非政府組織「ペシャワール会」(事務局・福岡市)の中村哲・現地代表(61)は7日、福岡市内で記者会見し、復興支援活動としてアフガニスタン本土への陸上自衛隊の派遣を政府が検討していることに反対し、「もし実際に派遣されれば安全確保のため日本人スタッフはすべて帰国させざるを得ない」と述べ、同会の現地活動が全面停止する可能性があることを明らかにした。

中村氏は、干ばつや世界的な食料危機に加え、米軍や国際治安支援部隊(ISAF)への反発から両国内で暴動や自爆テロが頻発していると指摘。「(自衛隊派遣の前提となる)『非戦闘地域』などどこにもない。米国への従属軍としか受け取られない自衛隊の派遣は、民生支援などで培われてきた日本への信頼を完全に崩壊させ、日本人も殺りくの危険にさらす」と強く批判した。

ペシャワール会は1984年、ハンセン病治療を中心に活動開始。干ばつが深刻化した2000年以降は井戸やかんがい用水路の建設、農業支援なども行っている。現在の日本人スタッフは16人。2007年度の事業規模は約4億5000万円。

=2008/06/08付 西日本新聞朝刊=

カッチカチに自衛隊を肉体改造したいらしいですけど,

 軍拡 – 【ねこまたぎ通信】

サミットもそうなんですが,本気で温暖化や貧困問題,食糧問題を解決するつもりなら,まずなによりも戦争を止めることでしょうに.満場一致でまず戦争止めましょう,と採決するのがどう考えたって筋でしょう.

でもそれが出来ないのは,安保常任理事国とG8が世界最大のカッチカチの武器輸出国だからなんです.

 暴力的な世界 ― その事実 – 【ねこまたぎ通信】

そういうわけで,豪華な料理をいただきながら満面の笑みで,絶望的に深刻な世界の状況を語るなんてどんな神経をしているのでしょうね.

追記ですが,G8会議はスーダンのダルフールとかでやれば?という意見をちら聞きしました.

(^0_0^)ナルホド,名案です.

豪華ディナーで食料危機討議=サミットは「偽善的」-英各紙

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008070800944

【ロンドン8日時事】豪華ディナーを囲んで食料危機問題を討議-。8日付英各紙は、7日に始まった北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)を、こう皮肉った。

各紙ともキャビア、ウニといった高級食材をふんだんに使った昼食・夕食会のメニューを大きく掲載。「多くの人が必要な食べ物さえ手に入らない中で、サミット首脳らは豪勢なコース料理を食べている。偽善的だ」とする英民間援助団体セーブ・ザ・チルドレンの批判コメントを紹介した。(2008/07/08-20:36)

一度安宿に泊まって会議中一睡もしないで,それこそ必死のパッチで語り明かしてみたらいかがなものか.

「中村哲」の検索結果一覧 – 【ねこまたぎ通信】

f:id:takapapa:20080709142150g:image

no title

逆ギレ [DVD]

逆ギレ [DVD]

おもろかった↓
d(゜ー゜*)!d(゜ー゜*)!

おもんないわい↓
( #` ¬´#) ノ!

 マドラサ

ペシャワール会:アフガンに教育施設「マドラサ」建設へ

http://mainichi.jp/select/world/news/20080227k0000m040166000c.html

パキスタンとアフガニスタンで医療支援や水源確保事業などを続ける福岡市のNGO「ペシャワール会」(現地代表・中村哲医師)が、アフガン東部のナンガルハル州で、イスラム教の伝統的教育施設「マドラサ」の建設を始めた。孤児や貧困世帯の子供たちの養育が目的。マドラサは国連ですら建設を手がけたことがなく、非イスラム国の団体によるマドラサ建設は極めて珍しい。

マドラサは「神学校」と訳され、聖職者を養成する寄宿学校。10歳前後の子供たちにコーランや読み書きなどを教える「寺子屋」の役割もあり、イスラム圏に広く存在する。

アフガンのマドラサは90年代、旧支配勢力タリバンの幹部が育ったことで知られ、01年の米同時多発テロ後は「過激思想の温床」とみなされ、米軍による報復攻撃の対象にもなった。

会によると、建設場所は同州シェイワ郡で、会が農業用水路造成を進めている場所の近く。同郡は近年、隣国パキスタンなどから大勢の難民が帰還する人口急増地だがマドラサがなく、教育を受けられない子供が増えている。事情を知った会が郡政府に支援を申し出た。

約1万4000平方メートルの敷地に、300人収容の校舎と寮のほか、600人収容できるモスクも備える。総工費は二千数百万円。昨年12月に着工し、6月ごろまでに寮以外の工事を終え、開校させたい考え。運営費は郡政府や地元の篤志家らが出資する。

中村医師(61)は「マドラサは住民の精神的なよりどころだけでなく、孤児を育てるなど福祉施設の機能も持ち、地域安定に大きな役割を担っている」と建設意義を話している。【阿部周一】

 ▽イスラム圏の政治や文化に詳しい宮田律・静岡県立大准教授の話  イスラム社会の核となるマドラサの建設は着眼点が良い。日本のNGOが建設に携わることで、世界で強まる文明の衝突構造を弱める働きも期待される。同時にマドラサで過激思想が育たぬよう、運営を経済的に安定させることも必要だろう。

毎日新聞 2008年2月27日 2時30分

マドラサ – Wikipedia

●NIHUプログラム: イスラーム地域研究 | 「マドラサ」班研究会報告

<ペシャワール会>アフガンに教育施設「マドラサ」建設へ – オバハンからの気まぐれブログ – Yahoo!ブログ

やっぱり中村先生は冴えてますね.

よろ↓

 英断

嘘八百で塗り固められた米国の世界戦略のために,これ以上自国民を犠牲にする理由はまったくない.

韓国政府の判断はまさにお手柄である.

条件は異なるとはいえ,人質事件の時に官邸の対策室でアルジャジーラを見ながらただオロオロ(( ( ̄_ ̄;)(; ̄_ ̄) ))オロオロしているばかりで,何一つ手を打つことが出来なかったどこぞの政府とは大違いで,何ら国益を損なうことなく,本当に今回の韓国政府は立派に交渉をやり遂げたと思う.

人質19人全員解放で合意、韓国軍年内撤退が条件

2007年08月29日00時51分

http://www.asahi.com/international/update/0828/TKY200708280449.html

韓国大統領府の千皓宣(チョン・ホソン)報道官は28日夜、アフガニスタンの武装勢力タリバーンによる韓国人人質事件について、アフガンに駐屯する韓国軍の年内撤退とアフガン内でのキリスト教宣教中止を条件に19人の人質全員の解放で合意した、と発表した。全員解放までは数日かかる見通しだという。

千報道官によれば、この日1時間半ほど、韓国側がタリバーン側と直接交渉を実施した結果、合意に達した。韓国政府として「今回の合意を滞りなく履行し、(人質が)一日も早く家族のもとに安全に帰ることができるよう、すべての措置を取る」と明言した。盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領も「滞りなく、最後までやり遂げるように」と指示した。

19人が解放された場合、健康診断を経て可能な限り早く韓国への帰国手続きを取るとした。

千報道官は具体的な交渉経過の説明は避けたが、タリバーン側が固執していたタリバーン収監者の釈放など他の条件については「議論していない」と否定。アフガン政府に収監者釈放を働きかけた事実は認めたが、「韓国側の説得に限界があることを武装団体側が受け入れた」とした。

韓国政府はすでに韓国軍のアフガンからの年内撤退を決定している。しかし、人質解放の条件として武装勢力が求めた部隊撤退を政府が公式に受け入れたことで今後、国際社会に波紋が広がる可能性もある。

人質はソウル近郊のキリスト教会に所属。奉仕活動をするため、23人で首都カブールからバスで南部カンダハルに向かっていた7月19日、拉致された。これまで男性2人が射殺されている。

タリバンが人質を解放した背景に,ラマダンが始まることや,アフガニスタン国内で抗議デモが起こっており,人心が離れることを危惧したことなども挙げられているが,「韓国側の説得に限界があることを武装団体側が受け入れた」ことからも判るように潮時を判断できるほど理性的であることにも着目すべきだと思う.

長い内線を戦った経験がある彼らは,まったく追い込まれていないんだろう.

身代金?

貰ったらタリバンはおしまいじゃん.それってタリバンにはリスク大きすぎる気がするんだけど.

人質解放と撤退が完了したら,ハッキリするよ.

誰かがリークすれば,タリバンは地に堕ちるじゃない.

 人々の声を聞こう.

昨夏のレバノンでの惨状を伝えたのは,戦火のレバノンに暮らすブロガーたちと一部の勇敢なフリージャーナリストでした.残念ながら私たちのメディアの多くは,後追い報道と軍事戦略的な動きと政治家・識者の分析を伝えるばかりで,そこに暮らす一般市民の声はなかなか伝わってきませんでした.

根本的に何かが欠けている,そう思えてなりません.

人間の声が聞こえてこないんです.人間の実存が感じられないのです.

本当にそこで何が起こっているのか,そして,その中で人間がどうやって生きているのか,そのことをほとんど知らずに,政治や戦争を語り,分析し,批評し,提言し,何食わぬ顔で日常から切り離している.

でも,実はそうやって「想像力」をどんどん鈍化させていってるのです.

昨日リバーベンドの日記を読んでいて,つくづくそれを感じました.

しばらくそういう声に耳を傾けたい,そういう声を集めていきたいと思います.

リバーベンドの日記より.

私たちは読まなければならない.

「今夜は書かなくてはならない」なぜなら・・・

===================================

バグダードに住む若いイラク女性、リバーベンドのブログも書きつがれてもう4年目に入りました。状況はますますきびしく、昨年12月31日から50日以上たっての更新。「今夜は書かなくてはならない」とわが身をむちうつようにして書かれた。読むのもつらい内容ですが、どうか転載転送され多くの人々に読まれますように。同日続いてアップされたこの事件に対するマリキ首相の対応についてのブログを、後ほどお送りします。

(この記事は、TUPとリバーベンド・プロジェクトの連携によるものです)

原サイト:http://riverbendblog.blogspot.com/

日本語サイト:http://www.geocities.jp/riverbendblog/

====================================

2007年2月20日 火曜日

サーブリーンのレイプ...

最近、ブログするエネルギーと決意がなかなかわいてこない。イラクの状況を考えるだけで消耗し落ち込むからだろうと思う。でも、今夜は書かなくてはならない。

これを書いている今、チャンネル4(ナイル衛星放送で見られるMBCのチャンネル)では、借金から抜け出す方法をオプラ[トークショーの司会者]がアメリカ人に教えている。スタジオを埋める、見るからに買い物しすぎてるアメリカ女性たちに対して、ブランド品をもっと減らしてもやっていけるとゲストが話している。収入と財産をいかに増やすか、彼らがしゃべっている時、アル=ジャジーラでは若いイラク女性のサーブリーン・アル=ジャナービーが、イラク治安部隊に家から拉致され、レイプされたと語っているのだ。視聴者には彼女の目しか見えない。彼女の声はかすれ、上ずったり詰まったりする。ついに彼女はもうこれ以上話せないとレポーターに告げ、恥ずかしさのあまり目を覆ってしまった。

f:id:takapapa:20070222125155j:image

彼女は誰よりも勇気あるイラク女性かもしれない。アメリカ軍とイラク治安部隊が女性たち(男性たちも)をレイプしていることはみんな知っている。でも実名でこのことを世間に明らかにしたのは、彼女が最初ではないだろうか。彼女が自分の身に起こったことを語るのを聞くと、私の心は痛む。彼女をうそつきという人もいるだろう。他の人たち(戦争を支持するイラク人も含む)は彼女を売春婦と呼ぶだろう―あらかじめ言っておく。恥を知れ。

サーブリーンを誘拐するとき、どんな口実を使ったのだろうか。たぶん彼女は「テロリスト容疑者」といういつもの見出しでやつらが拘束する何千人もの人々の一人なのだろう。CNNやBBCやアラビーヤの字幕で「イラク治安部隊が暴徒を13人拘束した」と出たうちの一人だったかもしれない。彼女をレイプした男たちは、ブッシュとコンディがあんなに自慢しているあの治安部隊、つまり、アメリカ人に訓練された人々なのだ。これはアメリカのイラク占領ドキュメンタリーをひもとけばすぐに見つかる章。レイプされ、殺され、両親と妹たちとともに焼かれた14歳のアベールのことを語る章だ。

やつらは、バグダード南部のハイ・アル=アミルという地域にある家から彼女を誘拐した。ギャングなんかじゃない。イラク平和維持隊か治安部隊。アメリカによって訓練されたやつらじゃないの?どういうやつらか知ってるでしょ。彼女は残酷に集団レイプされ、今そのことを語っている。彼女は、安全のためかプライバシー保護のため、顔を半分隠している。彼女が語ったことをここに翻訳してみる。

「私は『私は何も持ってない(私は何もしてない)』とその人に言いました。彼は『何も持ってないって?』と言いました。ひとりの男が私を地面に投げつけ、私はタイルで頭を打ちました。彼はそのことをやりました―つまり、私をレイプしました。次の男が来て、私をレイプしました。3人目もまた私をレイプしました。(間―すすり泣く)私は彼らに頼み、叫びました。すると、一人の男が私の口を覆いました。(不明瞭、泣く)別の男が来て言いました。『終わったか?おれたちも番を待ってるんだ』すると彼らが言いました。『だめだ、アメリカ人の委員が来た』。彼らは私を裁判官のもとに連れて行きました。

キャスター:サーブリーン・アル=ジャーナビーは、治安部隊のひとりが彼女のビデオ/写真を撮り、レイプのことを人に話したら殺すと脅したと語っています。彼女が調査官に会ったあとで、また別の将官が彼女をレイプしました。

サーブリーンは続ける。

「男たちの一人が言いました…私は彼にこう言ったのです。『どうか―あなたのお父様とお母様にかけて―私を放してください』彼は『いや、いや。母親の魂にかけて、おまえを放してやるさ。ただし条件がある。お前がたった一つこっちにくれさえすればね』と言いました。私は『何を?』と尋ねました。彼は『レイプしたいのさ』と答えました。私は『だめ―できません』と言いました。すると、彼は私を武器のある部屋に連れて行きました・・・そこには武器、カラシニコフがあり、小さなベッドが(不明瞭)、彼は私をそこに座らせました。それから(将官が来て)彼に言いました。『この女を置いていけ』。私はクルアーンにかけて誓い、言いました。『預言者の光にかけて、私はそのようなことをしません・・・』。彼は言いました『そのようなことをしないって?』私は答えました。『はい』。

(泣く)彼は黒いホースを持ち上げました。管のようでした。それで腿をぶたれました。(泣く)私は言いました『私になにをしてほしいというの?レイプしてと言えというの?私にはできないわ・・・私は***(売春婦)じゃないもの。そういうことはできないわ』。すると彼は『俺たちは欲しいものを取る。欲しいものでなければ殺す。それだけだ』と言いました。(すすり泣く)もうこれ以上話せない・・・ごめんなさい。最後まで話せません」

この女性を見て、激しい怒りのほか何も感じることができない。私たちはいったいなにを得たのだろう。私は知っている。外国人が彼女を見ても、決してわが身に引き寄せて感じることはできないだろう、ということを。彼らは気の毒だと思うだろうし、少し怒りを感じるかもしれない。でも、彼女は私たちの仲間で、彼らの仲間じゃない。彼女はTシャツとジーンズに身を包んだ少女ではないから、彼らはせいぜいぼんやりとした同情を感じるだけだろう。かわいそうな第三世界の国々―女性たちはこんなことに耐えている、と。以前は決してこんなことに耐える必要がなかったことを知ってほしい。イラク人が路上でも安全でいられたときがあったのだ。もうずっと前のことになってしまったけれど。戦争の後、私たちは、少なくとも家にいればしばしの間安全だと慰めあった。家庭は聖域、じゃなかった?もうそんなこともなくなってしまった。

彼女は、自分自身の家やイラクの刑務所で暴行された数十人、あるいは数百人のイラク女性の一人にすぎない。彼女は私のいとこに似ている。友達に似ている。たまに道で会うと立ち止まって噂話をした隣人に似ている。彼女を見るイラク人はみんな、彼女のうちに、いとこを、友達を、姉妹を、母を、おばを、見るだろう・・・。

来月3人のイラク女性の処刑が予定されていることについて人道機関が警告を発している。ワッサン・ターリブ、ザイナブ・ファディル、リカ・オマル・ムハンマドの3人だ。いずれも「テロリズム」の罪に問われている。つまり、イラクレジスタンス組織とつながりがあるということ。これは、彼女たちが、レジスタンスに加わっていると疑われる人物の親戚かもしれないという意味だ。あるいは、彼女たちがたんに悪いときに悪いところにいただけのことかもしれない。一人は刑務所で出産した。彼女たちがどんな拷問に耐えたのだろうと思う。アメリカの占領下でイラク女性は少なくとも“ある程度は”平等だったなんて、誰にも言わせない―いまや男性と同じように処刑されるほど平等なのだ。

そしてまた、国内や国外にいるイラク人とイラクにいるアメリカ人、どちらにとっても状況は悪化し続けているときに、アメリカにいるアメリカ人はいまだに戦争や占領を――勝ったのか、負けたのか、良くなったのか悪くなったのかと討論している。

ぐずぐずと問い続けているあらゆる馬鹿者たちのためにはっきりと言おう:状況は悪くなった。もうおしまい。あなたの負け。あなたが持ち込んだ、アメリカじこみの猿どもの歓呼を受けて、戦車でバグダードに乗り込んだ日に、あなたは負けた。兵士が陵辱したすべての家族を、あなたは失った。アブ・グレイブでの写真が公表され、私たちが目の当たりにしている、この路上で繰り広げられた残虐行為が、収容所の壁の向こうと同じだと実証されたとき、勇ましく、まっとうなイラク人をあなたは失った。殺人者を、略奪者を、無法者を、そして暴力団の親分たちを権力の座につけ、イラクの最初の民主政府として彼らを迎えたとき、あなたは負けた。身の毛のよだつ処刑を最も偉大な達成と称したとき、あなたは負けた。かつては持っていた敬意と評判を失った。3000以上の兵士を失った。それがアメリカが失ったもの。せめて石油がそれだけの価値あるものであったと願いたいものだ

午前1時9分 リバー

(翻訳:リバーベンドブログ翻訳チーム:伊藤美好・金克美)

————————————————————————

TUP速報

配信担当 萩谷 良

電子メール: TUP-Bulletin-owner@yahoogroups.jp

TUP速報の申し込みは:

 http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/

*問い合わせが膨大な数になっています。ご返事が書けない場合がありますので、

ご容赦ください。

■TUPアンソロジー『世界は変えられる』(七つ森書館)

 JCJ市民メディア賞受賞!!

■第II集 も好評発売中!!

(太字takapapa)

●no title

 ひどいね – 【ねこまたぎ通信】

 必ず戦争で起こること – 【ねこまたぎ通信】

 ブッシュ支配下のイラクで行われている拷問はサダム支配下よりもひどい – 【ねこまたぎ通信】

 少女レイプ事件は違法占領下の大罪 イラク駐留米軍の欺まん – 【ねこまたぎ通信】

 軍隊の特質がよく出ている. – 【ねこまたぎ通信】

 イラク情勢ニュースの気になる記事 – 【ねこまたぎ通信】

 妊婦11人死亡、産科病院に米軍が行かせず – 【ねこまたぎ通信】

 米国は世界最大の人身売買国 – 【ねこまたぎ通信】

 加速する暴走機関車、破滅へひた走る – 【ねこまたぎ通信】

 アメリカ軍が発明した最終兵器は人質としてのイラク人女性拘束 – 【ねこまたぎ通信】

 受難のイラクの女性たち – 【ねこまたぎ通信】

 'It's Fun To Shoot People' – 【ねこまたぎ通信】

 正義と民主主義をもたらすはずの軍隊のやったこと Abu Graib刑務所収容者の供述 2004年6月1日 供述調書翻訳チーム 1 – 【ねこまたぎ通信】

紛争地域で翻弄される子どもたちの声をアルジャジーラが伝えています.

Children of Conflict

http://english.aljazeera.net/NR/exeres/EC9D9CB4-1978-43E1-A91C-4EBB1F77AA3D.htm

Around the world, millions of children are the unheard voices of war. And the horrors they witness today will inform the adults they become tomorrow. Will they grow up to be the next leaders, teachers, freedom fighters or terrorists?

Nadene Ghouri

Children of Conflict is a four-part series which explores the lives of children whose lives are blighted by growing up in conflict zones. Nadene Ghouri goes in search of what the past has created and what the future holds for these young people.

She travels to Afghanistan, the Democratic Republic of Congo and Lebanon but begins her journey in Gaza, where she meets children growing up in an environment of frequent violence and constant economic depression.

PART ONE:Gaza

One of the World’s biggest news stories, in one of the smallest and most claustrophobic strips of land on earth. Gaza is a virtual prison with no way in and hardly any way out.

In an exclusive story, we talk to the grandchildren of Fatima Al Najar – the oldest female Palestinian suicide bomber. Bewildered and grieving for their grandmother, the children say all they want to do is to follow suit and become ‘martyrs’ themselves.

“I want to do the same. And I will recruit the other children of this town for martyrdom,” says 14 year old Fatima. When she grows up she wants to study chemistry and engineering at university. “That’s if I don’t become a martyr first,” she says.

Her views are contrasted with another girl, 13 year old Rana, who dreams of being a journalist “so I can tell people how we suffer here. I am a child, I know what death means, I know what war means, I know what blood means. Me and all the children here know what it means”.

Or Tehal, just 10 years old – and who wants to be the first female Palestinian president.

Her three wishes? To clean up the mess left behind by Israeli bulldozers, to give children their rights “because they have no rights here” and finally, “to build a new Gaza”.

PART TWO:Lebanon

The town of Qana has become synonomous with Lebanon’s tragedy. Believed to be the site where Jesus performed his first miracle of turning water into wine, the town has earned infamy for two massacres of children 10 years apart. The first attack came in 1996, when Israel bombed a UN base sheltering 800 people – most of them children. Over 100 children were killed or maimed.

The second massacre was during last year’s war on Lebanon. A rocket hit a house where several families had taken shelter in the basement. It collapsed – burying the children in rubble. Seventeen were killed. The images of children being carried from the rubble, looking as though they were sleeping, horrified the world.

The film goes back to find the survivors of the first massacre – now teenagers – to find that although most of them have rebuilt their lives, last summer’s slaughter devastated them emotionally. And there are extraordinary parallels between the two stories.

In 1996, three year old Hussein Belhas was believed dead, and was put in a morgue freezer. Remarkably, he was discovered alive and was rescued. Now 13, a composed Hussein says: “I am the boy who died, and then came back to life. This was my destiny.” Still suffering horribly from his injuries (his leg was blown off at the kneecap and has grown back as a twisted stick), Hussein will require medical treatment for the rest of his life: “When I try to play football, it hurts me. I stay awake all night with the pain.”

His truly incredible story sits alongside that of Hasan Shalhoub, just four years old. In the massacre of 2006, Hasan lost his sister Zeinab, who was seven. Also believed dead, Hasan was left over-night in a makeshift morgue. “In the morning I woke up. I started talking to a little girl next to me, but she turned out to be dead. Then I asked for my mother.”

Too young to fully realise the extent of his dramatic escape, Hasan says: “I was only injured a little bit in my head. I am fine now.”

PART THREE:Afghanistan

Afghanistan is said to be the land where God only comes to weep. A place of wild beauty and extreme cruelty, it seems never to have known peace.

After the civil war of the 1980s, two-thirds of the population were either dead or refugees. And after the curse of the Taliban, a new hopelessness descended on the country. Although Afghan children don’t know why any of these wars happened, they know they have been born into a devastated land. Misery, poverty, cold and never-ending internal conflict – this is their lot.

The film looks at the many ways children are compelled to work in order to help their families to survive, and at the terrible conditions they are forced to endure.

Few play activities for children exist, and with no sewage or drainage system in Kabul (population 3.5m), many of their play areas double as open-air toilets.

Signs of war damage abound, and the hospitals bear witness to the daily admission of children maimed by the unexploded ordnance which has littered the fields and valleys of Afghanistan for decades.

The orphanage outside Kabul provides food and shelter for the parentless kids, and though there’s no future to look forward to, at least it’s warm.

PART FOUR: Democratic Republic of Congo

The film goes inside the minds of the Congolese child soldiers. What makes an 11 year old child capable of awful brutality? “I saw my father die, then they killed my aunt. I didn’t want to die by machete at home. That’s a pointless death. So I decided to join the militia,” says 13 year old Eric.

Responsible for the killings of thousands of innocent lives, the feared child militias of the DRC tell how their childhood was lost. Victims of a war no one understands, brutalised by their commanders who turned them into armed brigands, the children became murderers and rapists in a “kill or be killed” conflict.

For some there is hope. Fourteen year old Jolie describes how she preferred a machete to a gun in battle: “A gun can run out of bullets. A machete is safer if you want to stay alive.” She calmly recalls how she first killed a man: “I hacked off his head and hands.”

But now she has changed her view. Holding her new baby in her arms she says: “This child will never join a militia. His father was killed in battle. And I saw too much suffering myself. What was it for? Nothing.”

For others, like Eric, there is no way back to the normal world. Unable to tell his parents the truth about those he killed and unwelcome in his village he says: “At home I am nothing, but in the militia I had power and money. I want to go back to the bush.”

________________________________________________________________

To contact us about this programme, click on ‘Send your feedback’ at the top of the page.


それぞれのストーリー | AMNESTY INTERNATIONAL JAPAN

Children’s Voice from Iraq: September 2005

no title

●Page Not Found | War Child

●no title

Iraq Kids

ちょっとショッキングな記事です.

301 Moved Permanently

f:id:takapapa:20070222131420j:image

つづく.

よろ↓