ベトナム、中国への女性の人身売買が止まらない

ベトナム、中国への女性の人身売買が止まらない 2006/02/15

【ホーチミン市IPS=チャン・ディン・タン・ラム、2月10日】

http://www.janjan.jp/world/0602/0602149255/1.php

昨年11月、ベトナム北部のライチャウ省の警察は中国へ女性を売春婦として売った容疑でNguyen Thi Hienの家を捜索し、142人のベトナム女性の名前が書き込まれた日記を発見した。Hienに仕事があるとだまされて、中国の売春宿に売られた2人の若い女性が逃げ出してきて当局に訴えたことで事件が発覚した。

Hienは人身売買組織の一員で、女性1人当たり、「品質」に応じて4,000~8,000元(500~1,000ドル)を受け取っていたと容疑を認めた。

近年、ベトナムの女性や子どもが中国やカンボジアへ人身売買される事件が増えている。中国の新華社通信によると2005年に明らかになった人身売買の件数は前年の2倍となった。ベトナムと国境を接する広西壮族自治区だけでも125件が発覚し、専門家はまもなく中国がタイを上回る人身売買の拠点になるのではないかと考えている。

中国とベトナムは人身売買を取り締まる共同計画に乗り出し、情報交換を始めている。2004年6月には国連児童基金(UNICEF)の支援を得て両国の国境の町で女性と子どもの人身売買撲滅キャンペーンを行った。だがベトナムのランソン省女性連合のNguyean Tho Hoat副代表は「キャンペーンで摘発は進んだが、人身売買を止めさせられない」という。

Hoat副代表は貧困、家族の争い事、社会的差別がベトナム女性を人身売買に陥れているという。教育もなく人身売買のリスクを知らず、結婚や仕事につられて、あるいは不幸な家庭から抜け出すために外国へ向かう貧しい女性は、エイズに感染したり暴行を受けたりする危険が大きい。

「帰国しても家族から拒絶され、中国で娼婦をしていたと見下されてまともな仕事に就くことができない」とUNICEFのベトナム担当のジュリー・バージェロン氏はいう。故郷にも未来はなく、人身売買組織に加わって逆にだます側になるケースもある。Hienがそうだった。「地方の生活水準が改善しない限り、完全に人身売買をなくすことはできない」とHoat副代表はいう。

人身売買問題の解決を模索しているベトナムの状況について報告する。

(原文へ)

http://ipsnews.net/news.asp?idnews=32113

翻訳/サマリー=加藤律子(Diplomatt)/IPS Japan浅霧勝浩

関連記事:

隣の奴隷:世界的な社会経済格差が生んだ新しい奴隷問題

http://www.janjan.jp/world/0511/0511275650/1.php

「性産業」犠牲者の声なき声:売春宿から1人でも多くの犠牲者を救いたい:マイリ(仮名)の場合

http://www.janjan.jp/world/0506/0506057903/1.php

人身売買報告書の判断基準に対する疑念広がる

http://www.janjan.jp/world/0506/0506158388/1.php

「性産業」犠牲者の声なき声:Chantha(仮名)の場合

http://www.janjan.jp/world/0505/0505147004/1.php

(IPSJapan)

カテゴリー: 保管 パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください