黒い手帖

いやー、面白かった。

この手の本としては破格に面白かった。

こんなに面白いとは思っていなかった。

筒井康隆の『堕地獄仏法』や『邪学法廷』や『末世法華経』を読んでる気分になったし、読み進めていくうちにだんだんと『乗越駅の刑罰』や『懲戒の部屋』にも似た恐怖も感じた。

カルト怖い。

ホントに怖い。

池田”デブ”大作のキモさ、醜悪さをイメージすると、余計に恐怖が増幅するのもミソである。

見事に筒井を実践しておるわ*1。(笑)

矢野さん、これドタバタ小説にしたら、すげえ面白いと思うよ。

黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録

黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録

φ(. ...)メモメモ ¢( °°)ノ°O o マチガエター – 【ねこまたぎ通信】

筒井康隆症候群 – 【ねこまたぎ通信】

f:id:takapapa:20090722135708j:image

こ、怖い……

用意されたくない……

いや、しかし、まじで現実を見渡せば、ホントに末世、まさしく堕地獄仏法だわ。

この本の販売妨害とか買い占めとかもあったという噂だけど、だめだよ、こんな面白い本、みんなで読まなきゃ。

ちなみに、みなさん、日食はご覧になられましたか。

私はようつべで見ました。^^;

*1:「筒井康隆にかかわるものは、皆、筒井康隆を愛するか、研究するか、実践するかである」という 筒井康隆三原則

カテゴリー: ねこまたぎ通信 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください