泥棒がいっぱい

日本医師会総合政策研究機構 「公的年金基積立金の運用実態の研究」より(続報)

安倍内閣検証スレッド - オタクちゃんねる2

  • 存在するはずの年金積立金      143兆9858億円
  • 事実上’破綻’と評価される特殊法人や地方自治体などに融資され回収見込みがない積立金       87兆8857億円
  • 残っている年金積立金        56兆1001億円
  1. 住宅金融公庫      23兆4518億円
  2. 地方自治体       17兆5000億円
  3. 年金資金運用基金    10兆6150億円
  4. 特別会計(裏国家予算) 10兆6000億円
  5. 日本政策投資銀行     4兆3490億円
  6. 国際協力銀行       3兆9683億円
  7. 都市基盤整備公団     3兆9017億円
  8. 日本道路公団       3兆5212億円
  9. 国民生活金融公庫     2兆7982億円
  10. 農林漁業金融公庫     1兆 823億円
  11. 福祉医療機構         9800億円
  12. 中小企業金融公庫        8478億円
  13. 首都高速道路公団        6196億円
  14. 阪神高速道路公団         5292億円
  15. 沖縄振興開発金融公庫     4660億円
  16. 鉄道建設・運輸整備機構    3158億円   
  17. 本州四国連絡橋公団       3052億円
  18. 日本育英会          2871億円  
  19. 電源開発           2795億円
  20. 石油公団            1431億円

レポートを行った森宏一郎氏は、「特殊法人だけで約60兆円の積立金を食い潰しています。特殊法人は営利団体ではないので、これらの’借り入れ’は税金で返済しているだけです。特殊法人へ流れた年金は役人の高額給与や退職金、公共事業、傘下のグループ企業等に食い潰されているのが実情です。」とコメント。

●日本医師会総合政策研究機構

●日本医師会総合政策研究機構

カテゴリー: 政治, 泥棒 パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください