偉いぞサスケ!!

ぎゃははははははは.

サスケ氏 岩手県議会で大マジUFO質問

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2005/06/29/02.html

 UFO論争が岩手県議会で始まった。プロレスラーで岩手議会議員のザ・グレート・サスケ氏(35)は28日の議会で、未確認飛行物体(UFO)について「県内で目撃情報が相次いでいるが、県はどう認識しているのか」と質問した。県側は「寄せられた情報については調査中」と答弁するにとどまったが、サスケ議員はUFOの存在を証明するため本気になっている。

 「未確認飛行物体についてお尋ねいたします」。質問台に立つサスケ議員が語気を強めた。覆面のすき間からうかがえる表情は真剣そのもの。その質問に、議場では失笑が漏れたが、構わず続けた。

 「多数の県民がUFOを目撃している。私も95年に盛岡市上空で、88年に川崎村上空で目撃した」と主張。議員自身も見たとするUFOは超高速のジグザグ移動と瞬間移動を繰り返し、星の何倍もの明るさで光っていたという。02年5月には花巻市など県内各地から「光る飛行物体が上空に浮かんでいる」という複数の情報が関係機関に寄せられたと指摘した。

 そもそも議題にあげたきっかけは、3月10日の参議院総務委員会。民主党・山根隆治参院議員が「UFOを見たことがあるか」と質問、麻生太郎総務相が「私の母は見たことがある」と答弁した。

 これについても、地元県議会で取り上げ「UFO論争がやっと日本でも出てきた。県においても情報収集、分析が必要と思うがどう認識しているのか。また不測の事態に備えての対処法はあるのか」と質問。持ち時間30分で9つの質問をし、うちUFOについては約8分を費やして熱弁を振るった。

 しかし、時澤忠総務部長からの答弁は「UFOについて公的な確認情報はない。県に寄せられたものは調査中」と実に素っ気ない内容。議会終了後「あっさりした答弁だったね」とさすがに寂しそうだった。

 その上で「これをきっかけにUFOの真相が究明されれば。UFOについては20年間研究してきた。また機会があれば質問するよ」と話した。

 サスケ議員は03年4月の県議会選挙で当選。覆面をつけたまま議会に出席することをめぐり、一部議員が議場での覆面着用を禁止する法案を提出するなどしたが、同法案は否決され覆面着用が容認された。

[ 2005年06月29日付 紙面記事 ]

「調査中」という答弁が(≧∀≦)/イイ!!.調査結果を楽しみにしていましょう.(笑)

政治の舞台において虚と実の皮膜に生じる欺瞞を浮き彫りにする質疑だったのではないか? 本人はかなり本気みたいだけど(ワラ

岩手県議会は楽しそうだなぁ.岩手の選挙民は良い選択をしたよな.(≧∇≦)b OK

でも,「想定の範囲外」ではこの国の政治は機能しないんだから,あまり突っ込みすぎないでね.(爆)

徹底追求も面白そうだけど.矢追さんを証人喚問しよう.ぎゃはははは.

関連記事いろいろ紹介されてます

グレートサスケ、未確認飛行物体、麻生和子、普天間飛行場 – kitanoのアレ

カテゴリー: 政治, 爆笑 パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください