スーダンの現状

最近のスーダンに関する一連のニュース,緊張感が増大しています.

西側諸国は,軍事介入によって制裁するといい,これに対し,スーダンのイスマイル外相は,「民族紛争鎮圧を目的に外国軍が派遣された場合、スーダン政府軍が攻撃する」と非難しています.

アフリカ連合は和平監視員として派兵を決めました.

一方で赤痢やコレラなどの感染症が広がり,難民が一万人死亡の恐れがあるとWHOは警告しています.100万人前後の難民が発生しており,十分な医療設備も薬品もないままです.

スーダン:ダルフールで続く死と破壊

http://www.incl.ne.jp/ktrs/aijapan/2004/0406031.htm

スーダン:ダルフールにおける戦争の被害者による証言

http://www.incl.ne.jp/ktrs/aijapan/2004/0406032.htm

ダルフールの写真

http://hrw.org/photos/2004/darfur1/index1.htm

ヒューマンライツウォッチ(HRW)の関連記事

http://hrw.org/doc?t=africa&c=darfur

http://hrw.org/reports/2004/sudan0404/

SUDAN-PHOTO03

国境なき医師団のニュースリリース(スーダンの記事がたくさんあります.そういえば,国境なき医師団は治安の悪化を理由にアフガニスタンから撤収するそうですね.彼らが撤収するくらいだから,想像以上に状況は悪いです)

http://www.msf.or.jp/news/news.php

外務省海外安全情報(スーダン)

http://www.pubanzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=107

アムネスティは,スーダン政府に対してアクションを呼びかけていますが,抗議する以外に出来ることはないのでしょうか?

http://www.amnesty.or.jp/campaign/Sudan_crisialert2004.htm

WHAT YOU CAN DO

http://www.hrw.org/english/docs/2004/06/24/darfur8954.htm

いろいろ検索していくと,たくさんの情報があり,とても複雑な問題をはらんでいることが見えてきます.

スーダン・ダルフール州の民族浄化

http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2004/04/post_9.html

石油を巡るアフリカと中国の関係

http://world-reader.ne.jp/renasci/now/k-saito-040216.html

さてさて,いやな匂いが漂ってきます.

 

カテゴリー: ねこまたぎ通信, アフリカ パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください